So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

パズドラマンに関する一考察~以後購入しないことを考慮させるに十分の一品~ [食玩『チョコウェハース』]

また時間がぎゅうぎゅうになってゆとりがありませんでした。
アニメはぼちぼち・・・

そんな折に到着。
pzbm007.jpg
パズドラマンチョコ。

別段期待も何もありませんが(おい)早速開封です。
pzbm006.jpg
いつも通りのビックリマンの内容物。
・・・正直、ウエハースを小さくしてシールの質を向上させる‐
そういう選択肢を選んでも良いだろうに(えー)。
神羅万象は、この点においては英断できたのだなぁ、と思います。

テンション下がるなか(おいおい)、シールを見ていきます。
pzbm005.jpg
当たり前ですが、素材は全て同じです。
疑似角プリ・・・というモノでしたか。
そんなんです。
以前私が作ってみた、絵の上に透明なプリズムシートを張る。
そんな印象を受ける最近のビックリマンのいつも通りのクオリティ。

1箱買えば全種揃います。
でも本来、30個入り24種で全部揃わない方が問題です(厳しいな)。

ビックリマンの人気を支えた特徴とはどのようなものだったのでしょう。
人によって見解はことなるでしょうが・・・
個人的には①レアリティによって素材が違う②統一感がある③オリジナルモノ
という3点を挙げます。

最初の素材が違うというのは、ビックリマンの重要な要素ではないでしょうか。
最近のビックリマンでは全く見られなくなりましたが・・・
公正取引委員会勧告が怖いから?

でも、バンダイ系ウエハースやTCGなどでは、当たり前にみられるもの。
ロッテのウエハースのオマケだけそれが出来ない理由はなんでしょうか?
乏しい知識では答えを見出すことはできません。

見た限り、ハーデスだけは特に派手に見えます。
pzbm003.jpg
誰得な感じですが(えー)。
もちろん印刷の色が違うだけで素材は他と同じ。

パズドラに関する知識は大したものを持ち合わせておりません。
プレイもほとんどしてないですし・・・
でも、この商品はパズドラファンが喜ぶものなのかは甚だ疑問。
で、ビックリマンファンはどうなのでしょうか・・・それも未知ですが・・・
pzbm004.jpg
個人的には喜べるポイントを見出せませんでした。
素材違いの件もあります。
それ以外だと、絵の小ささ・・・に妙な違和感を感じます。

本家でも、ヘッドの絵とお守りの絵を比べると、48mm四方に描く絵のサイズが違う・・・
ってことはありました。
そりゃ、まぁ、デザインの違い、絵に仕込む情報量の違いetc
で仕方ない部分なのでしょうけれど。
ただ、今回のは元からして正方形のシール化を考えてデザインされていない絵がある。
そんな気がします。
たとえて言うなら、デュークアリババみたいな感じでしょうか(どんなだ?)。

また、統一感も著しく欠いている印象を持ちます。
pzbm002.jpg
その原因がこのシール。
キングメタルドラゴンは、ほぼパズドラのテイストを踏襲しています。
ビックリマンの要素は非常に薄いシール。
このイラストを採用するなら、全てパズドラ系にした方がファンにアピールできたのでは?
ロゴまで異なるのもとしてデザインしている部分なども気になる点でしょうか。
いっそ全てたまドラゼウス風にでもした方がおもしろかったかも・・・

中途半端でどっちつかず。
今更ですが、昨今のビックリマンに共通する評価かもしれません。
今回のも同じといったところでしょうか(酷評だな・・・)。

今回評価できる・・・と思っていた十字架天使っぽいキャラ。
pzbm001.jpg
も、実物見ればなんとなく・・・な感じで。
また、ももクロマンの時に強烈に嫌悪感を感じたモノ—
ディレクターだのプロデューサだのマネージャーだのをデザインしてシール化すること。
今回もありますので、ソレに眉を顰める方には購入対象外要素かも(オイ)。

そして、裏書。
pzbm000.jpg
以前ネットでチラっと読ませて頂いたのが―
ビックリマン伝説の裏書はQRコードのために仕方なくああなったのだ、というものでした。
コードの印刷がなくなった今、このようなデザインにする理由は・・・
手抜きかリデザインするコスト削減かそのような余力がないのかセンスがないのかetc。
まぁ、色々考えられそうです(ちょ)。

と、このように酷評な感じです。
あくまでも長くビックリマンを買ってきた1ファンの感想。

素材違いの終了。
統一感の欠如。
あとはオリジナル性ですが・・・
既存の2作品を融合させたという点において、オリジナル性は弱いものでしょう。
即ち、個人的にビックリマンの魅力と考える要素全てを持ち合わせていない。
個人的評価として、このように結論付けました。

長くビックリマンの商品を買うことが、より良き商品の登場につながる―
と考えて購入を継続してきたものですが、以降もこのような低質な品が出るなら購入は控える、
と決心させるに十分な商品だったと思います。

別段、期待もしていませんでしたが、敢えてそこを裏切ってほしい・・・
と思って毎回購入していた身。
そのような想いもコレでは必衰でありましょうか。

神羅万象もこの程、10章の締めを違えた感がありファンからは評判悪い印象で・・・
次章の購入者が著しく減衰するのではないか?と予想する方をネットでチラホラ見かけたり。
しかし、それと比べても、というか比べるまでもないものが今回のビックリマン系商品でした。

もちろん、この商品を楽しみにしていた方、楽しんで収集されている方もいることでしょう。
それは重々承知の上―
それでもビックリマンの1ファンとして、今回は愛想尽きる品と感じられました。

創造性を欠いた展開に魅力なし。
そのような言葉を強く思い記したとある1日。
とりあえず、ウエハースとポリポリと食そうかと(えー)。

パズドラマンチョコ発売の報に関する一考察~裏書、わかってた~ [食玩『チョコウェハース』]

時間なくて、すっかり忘れていましたが・・・
もうすぐ発売なのですな、パズドラマンチョコ。
http://bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/index0.html

まぁ、大人気のパズドラとコラボという選択はブキガミより正しいと思われます(オイ)。
ただ、問題はシールのクオリティ。
裏書が・・・
ここらへんは実物を入手してからレビューでしょうか。

とにかく、ファンとしてゲンナリするのはもう慣れました。
それでも購入してしますのうのはファンのサガ?
とちらかというと、お布施、寄付なのかもしれません(えー)。

次回作があるなら、少しでも良いモノを。
そのために文句を言ってでも買う・・・
ファン心理とはなんともヤヤコシイものです。

とりあえずは、実物が来るのをドキドキしながら待つワケです。

テイルズオブゼスティリアウエファーチョコに関する一考察~ナニゲに凄いムービングカードの技術~ [食玩『チョコウェハース』]

まとまった時間がとれず、未だアニメ視聴がなっておりません。
トホホ。
そんな折、買ってきたのが・・・

セブンイレブンで絶賛キャンペーン実施中のテイルズウエハース。
テイルズオブゼスティリアウエファーチョコ。

今年20周年を迎えるテイルズのカード付きウエハース。
ウェファーという語句を使うということはアレです。
森永さんとこの商品。
初音ミクのとかと同じです。

ゲームモチーフのウエハースは珍しい感じです。
ということもあって、早速開封。
テイルズ004.jpg
・・・まぁ、わかっていましたが。

台紙は真っ黒。
カードの外袋にはいつも通りの青いライン。
そしてカードは薄い裏書無しのカード。

気を取り直してカードを見てみます。
テイルズ003.jpg
カードは全部で27種類。
メタリックカード、ムービングカード、描き下ろしカードの3種のレアリティの様子。
メタリック・・・と言うには、ちとメタリック感が足りないような??

裏面は当然無し。
テイルズ002.jpg
ここらへん、改善して欲しいなぁ(えー)。

さて、今回で最も注目すべきは描き下ろしカード。
・・・でなくて、ムービングカード。
角度によって絵が変化するアレです。

森永ウエファーチョコのカードには比較的用いられている技術。
なのですが・・・今回なんか凄いです。
テイルズ001.jpg
種類が豊富。
カードの種類でないです。
1枚のカードに用いられている絵の種類。

通常、角度によって変わる絵は2、3種類でしょうか。
昔ならば、2つの絵が交互に映し出される程度でした。
それが技術が進んで、色々とできるようになって・・・
今回のカードに至っては、5種類の絵が角度によって表示されたりします。
何気に凄いです、コレ。

圧巻はエドナさんでしょうか。
テイルズ000.jpg
煽りアングル、そして踏まれるという一連の動きが見事に再現されとります・・・
ファンは必見、かも。

と言う感じで、地味に凄い今回のテイルズ食玩。
でも、裏書やカードの分厚さはそろそろ何とかして欲しいところです。
なんといっても、お値段がアレでソレですし・・・

神羅万象 天地神明の章 第3弾ウエハーポイントキャンペーンカードがやっと到着~テラス3枚そろい踏み~ [食玩『チョコウェハース』]

やっとこさウエハーポイントキャンペーン第3弾のカードが到着いたしました。
テラス003.jpg
長った・・・
事故でも起こったのかと疑心暗鬼に陥りそうになりましたよ。
まぁ、ネットで調べると結構届いてなかった人も多かったらしく。

公式サイトで絵柄も裏書も公開されているので、今更感はありますが。
それでも、やはり手に取れるといのは嬉しいモノ。
特に、ウエハーポイントキャンペーン第4弾カードがアレでソレなので・・・
有難味もヒトシオというところでしょうか。

手元の封筒をみると-
テラスの下4桁が2630番台。
ボックルの下4桁1960番台。
テラス002.jpg
そりゃそうでしょうなぁ・・・
というか、ボックル頑張っている印象(えー)。

これでテラス様3種が揃いました。
テラス000.jpg
比較してみると・・・
確実に育っていることが分かります(どこが!?)。

ウエハーポイントも残すは4弾のみ。
果たして、郵送で来るものもワールドホビーフェアと同じく裏書は・・・
なのでしょうか。
それが解るのは3月ということで。
・・・これまた長いです。

ゼノブレイドクロスに期待 その1 [ゲーム]

さて、ワールドホビーフェアも開催され盛り上がる神羅万象!!
・・・とならないのが、昨今の神羅。
10章4弾の見事な右肩下がりな展開。
そしてウエハースポイントで貰える新キャラが微妙という印象。

しかし、実物カードを見れば!
という想いを見事に打ち砕いた裏書無しカード。
ゼクスファクター開始前に配布されたカイさんのカードと同じという・・・
なんともかんとも。

そんな神羅の情報はとりあえず、で、今個人的にホットなのが新作ゲームの情報。
で、もっとも気にしているのが・・・
http://xenobladex.jp/
ゼノブレイドクロスなワケです。

ブレイドをクリアしたのは去年。
いよいよ続編の情報が解禁された感じで。
発売は4月ということで、あと3か月先。
非常に楽しみです。

動画を見る限り、まさにゼノしてます。
ワクワク感満載。


公開されたキャラを見ると・・・
リンさんがますますもってサーガのMOMOを彷彿とさせます。
見た目だけでなく年齢までかぶせてくるとは。
マリア、MOMOと続くゼノの系譜でしょうか(そうか?)。

そして、果たして「メリア枠」もあるかどうかが気になります。
ヒロインとは違うサブヒロイン枠。
主人公に届かない想いを抱き続ける健気なキャラクター枠。
それがあってこそのブレイドです(えー)。

まぁ、主人公キャラがクリエイトキャラって段階でちょっと「ん?」な感じもしますが。
とりあえずは、ゼノ情報も神羅同様追っていきたいところです。
前の5件 | -
メッセージを送る