So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

つくも鬼譚グミ輪廻転生キャンペーン当選に関する一考察~第2弾で巻き返しはなるか!?~ [食玩『チョコウェハース』]

息つく暇がありません・・・
そんな折、封筒が送られてきました?
はて?
何だろう??

と思って見てみると・・・
りんね003.jpg
なるほど。
ワールドホビーフェアの時に張りまくって、その裏面で送った例のアレ。
りんね転生キャンペーンの当選のようで。

とりあえず2通送って、2通とも当選。
りんね000.jpg
嬉しいのでありますが・・・
少し、人気については心配になります。

この感覚・・・
神ビックリマンでも覚えがあるような?
まぁ、あちらのほうは1弾で見限られてしまいました。
でも、コチラはちゃんと2弾が予定されています。

すぐにコンテンツを見切らず、育ててみる・・・
と考える点にはおいては、バンダイさんの方が上でしょうか。
ロッテさんはすぐ切りすぎる。
ビックリマンのシリーズがそれ。

その一方で、ひかり伝を長々と続けてみたり・・・
ファンからすれば-
過去話モノは長く続けられる不快になる場合もあるでしょうに。

さて、送られてきたシールは噛付鬼。
シルバーシールと思い込んでいましたが、ちゃと角プリ。
りんね001.jpg

裏面のナンバリングは25。そしてR。
りんね002.jpg
レアのRでしょう。

2弾では封入率が見直されるのでは?
と噂されているつくもグミ。
封入率だに加え、女性キャラも増やさないと売れることはないでしょう(えー)。
そこら辺も期待です。

魔法のルミティア ルミティアジュエルに関する一考察~なんか期待していたのと違う・・・残念仕様だった(涙)~ [購入記]

かなりガタガタですが、とりあえず購入です。
ルミティアジュエル。
ルミティア2000.jpg
期待していたのですが・・・う~ん。

何がう~ん、なのか。
取りあえず開け進めてみます。

今回・・・といっても、前はステッキなので関連商品となるでしょうか。
ルミティアジュエル。
ただ、公式などでは第2弾と銘打たれていたりします。
で、その第2弾の箱も・・・
ルミティア2011.jpg
ちょっぴり特異な形。
ただ、前回と違ってキャラクターのイラストが目立つように配置されました。
魅力アップ?

開封。
ルミティア2003.jpg
「食」はガム。
パーツはジュエル本体、着脱できる極小パーツとリングやクリップなど・・・
と基本は全部で3つから成り立っています。

ジュエルは全部で11種。
その内2種はスーパールミティア。
残り9種は3つのジャンルに分けられます。
ルミティア2004.jpg
リング、ブローチネックレス
ただ、各パーツの着脱部は共通なので組み換え遊びが可能。

で、スーパールミティア。
今回は色違いで2種類。
パーツ構成は同じ。
ルミティア2010.jpg
スーパーなだけに、4パーツのリングという特別仕様。

ルミティア2007.jpg
翼がゴージャス・・・
なのですが、裏面から見なければ金メッキは目立たず。
なんか勿体ない気もします。
色違いは微妙。

基本、1箱に1個だけ入っているスーパールミティア。
なので全11種そろえるには2箱必要と言うことになります。
・・・まぁ、何とかしようと思えば何とかなるのですが(意味深)。

で、なんと言ってもこの商品の魅力は前作であるステッキとの連動。
・・・のはず。
勘違いしていたのですが、てっきりジュエルをステッキに装着できる-
と思っていました。

が、違うのです。
ルミティア2006.jpg
ステッキに付ける極小のパーツとジュエルの極小のパーツ。
コレが組み替えられる!
というものだったのです(えー)。
・・・なんか期待してたのと違う!?

試しにステッキのパーツをジュエルに・・・
ルミティア2008.jpg
そもそも形成素材が違うので、なんか違和感。
唯でさえ小さいパーツなので、目立つ感じもなく・・・

そもそもルミティアステッキもジュエルも小さすぎる感じなのに。
さらに極小なパーツだけ組み替えられるといっても・・・
アピールポイントが弱すぎる気がします。
このあたりが全国のイオンで短期間にステッキが投げ売りされた理由?
女児受けが悪かったのでしょうか・・・

ルミティア2001.jpg
値段帯があと100円高いリンクルストーンを混ぜてみるとその存在感たるや!
あと一歩、もうひと捻りが足りなかった・・・そんな印象を受けました。
キャラクターや設定はとても良かったのに!
上手くいけば、バンダイのセボンスターになれたかもしれないのに!

微妙な所でコストをケチったのでしょうか?
何にせよ、とても惜しい。勿体ない・・・
そんな風に感じずにはいられませんでした。
第3弾は・・・無いのだろうか。

スーパールミティア全3種。
ルミティア2005.jpg
コレでサイズが大きく、ステッキにジュエルが付く・・・
そんなコンセプトだったら、また違ったのかもしれません。

神羅万象 幻双竜の秘宝 に関する一考察~今回は章でないの?それより、登場キャラを縛る2回登場のルールとは!?~ [食玩『チョコウェハース』]

少し開封が遅れましたが、到着したので開けました。
金印000.jpg
神羅万象 幻双竜の秘宝。

神羅の第12章。
一鬼と来て幻双と。
3は・・・参でしょうか?

それはさておき新章。
しかし、舞台は前章と同じで、時代も一緒。
珍しいスタートです。

今回はシリアルコードが終了。
ネット連動ではなく、台紙に当たりがあるという以前のタイプへ。
そのキャンペーンが金の紋章ということで・・・
金印001.jpg
パッケージも金のイメージをあしらったゴージャスな感じに。

とりあえず3箱購入。
そして開封して・・・
箔押し、金台紙をゲット。
噂通り台紙は3箱に1個くらいお割合・・・なのでしょうか。

とりあえずカードを見てみます。
今回、ギャルカードはそれなりの数。
前章からの再登場もいて、それなりに華やか?

で、女子キャラ。
金印004.jpg
なんとなく、RPGの一部だけ違う敵キャラみたいな二人ですが(オイ)・・・
ボクっ娘とイマイチよく解らない存在感の人。

あとはメガネ。
で、メガネですが全章の風林火山さんの妹なのだとか。
金印002.jpg
姉さん、再登場、コレでなくなりました(えー)。

3弾構成になった一鬼あたりのキャラを見てみると、ある法則が。
それは主人公やヒロイン以外は2回しか登場できないというルールー
をハラミツ氏が決めているようないないような。
金印008.jpg
前章で信玄であれ剣心であれ、2回以上出れたキャラは皆無。

となると、章をまたいで登場の二人。
金印003.jpg
今回で出オチってことになりますでしょうか。
・・・この2人より、他に出して欲しかった人もいるはずですが、う~む。

まぁ、個人的にはプッシュのツンデレが再登場できたので良しでしょうか。
金印007.jpg
裏書のセリフはお約束すぎて、覚める気もしますが。
しかし、上記のルールが事実とすれば・・・
これでこのツンデレ娘も登場できないワケで。

2回登場のルールはサブキャラ達の宿命。
主人公には関係ありません。
金印005.jpg
もちろんヒロイン?にも。
・・・たぶんパーシバルでなく、コッチがヒロインでしょうし。

今回の金箔は当然主人公。
金印006.jpg
比較的当たりやすい部類・・・との噂もありますが。
どうでしょうか。
とりあえず当たってホっと一息。

そして今回の最難関?金色台紙。
金印009.jpg
色もデザインも異なるため一目瞭然。
コチラも今までの当たり系台紙よりは数が多いのでマシな部類?
3箱に1箱ということらしいですが・・・

いよいよ神羅も始動。
ただ・・・今回は3弾構成?4弾構成?
個人的には4弾構成希望ですが・・・恐らく3弾構成なのだろうなぁ。

それより、なんとか2回登場しか出来ない法則!
・・・を打ち破るサブキャラが出て欲しいところ。
それがパーシバルなら喜ばしいところですが。
にしても、ヒカリ様、今何してるの!?(今頃!?)

ガンダムコンバージ♯02に関する一考察~重装仕様よりシンプル仕様~ [食玩『キャラクターモノ』]

多忙限界を超えていました。
でも、なんとか立て直さなきゃ・・・
ということで、食玩あさり。
買ってきたのはコンバージ。
♯2000.jpg
ということで、ガンダムコンバージ♯02購入です。

♯もついに第2弾。
汎用土台にも慣れた・・・ことはなく、う~んなのが本音。
でも、まぁ、嘆くばかりでも致し方なし。
早速開封です。

今回のメインは・・・
ギャプラン?
否いな。
メインはザクでしょう(えー)。
♯2001.jpg
シャアザク。
2体もアソートされているコレ。
2体揃えることで重装備仕様になるのだとか。

しかし、買ってみて気づくことは2体の素体はほぼ同じ。
ということ。
例えば、腰にはヒートホークを刺す穴はどちらのザクにもあります。
♯2003.jpg

右のショルダーシールドにはバズーカマガジン用の穴。
♯2002.jpg
コレ、何も刺さないとちょっとダサい気もしますが・・・
127のザクにはライフルと斧。
128のザクにはバズーカとマガジン。

ただ、128のザクの方にのみ・・・
♯2004.jpg
背中部分にバズーカをひっかけるパーツが付いています。
コレが重要で、重装備状態には必須アイテムの様子。

で、全部装備すると・・・
♯2005.jpg
こんな感じ。
・・・なんかイマイチ。
シンプルにバズーカとヒートホークで飾るのがいい気もします(オイ)。

ガンダムは今回2体。
今が旬?なバルバトス。
って、逃がしている気もしますが。
そのフェイスを見てみると・・・
♯2006.jpg
なんとなくどこかで見たような・・・電動?

バルバトスの武器は例の棍棒だけでなく刀も付いてます。
♯2007.jpg
渋い感じ。
でも、やはりバルバトスといえばコレ。
♯2008.jpg
しっくりきます。

また、今回のガンダムはエクシアが再録。
といっても、ほぼ新造状態。
♯2009.jpg
見た目の印象や細部がだいぶ違います。
どっちがいいかと言うと・・・人それぞれでしょうか。
ただ、ビームサーベルや武器に動くギミックが新たに追加された今回。
その点において軍配はありそうです。
・・・たとえ台座が微妙でも(えー)。

最後はシャアザク比較
♯2010.jpg
色も見た目も随分違う感じ。
♯になって、再録モノも増えそうですが、大方が新造になる感じでしょうか。
比較してみると色々見えて、それはソレで面白いですが。
台座にも慣れてきましたし(本当か?)。

スターウォーズコンバージに関する一考察~意外とポーズ有りは良い感じ~ [食玩『キャラクターモノ』]

余りの忙しさに目を回していました。
絵はもちろん、ゲームも何もできず・・・
なんとか買ってきたのが、コレ。
sw3000.jpg
スターウォーズコンバージ。
今はコレが精いっぱい(えー)。

文句が多いスターウォーズコンバージも再販含めてトータル第4弾。
意外と伸びてきました。
が、今回でちょっとお休み?
あるいは・・・終わり?

取りあえず開封です。
sw3001.jpg
・・・小型化した?

まずは組んでみます。
sw3002.jpg
ポーズ有りの今回。

正直、ポーズいらないだろうに!
前までと同じ立ちポーズにしとけ!
と思っていたのですが・・・
意外とポーズ有りも良いモノですね(えー)。

その恩恵を最も感じさせるのがカイロ・レン。
sw3003.jpg
レン騎士団を率いる暗黒面のフォースの使い手。
小説基準だと、優秀で真面目なジェダイ。
そして映画でも小説でもキングオブヘタレ。

でも、ポーズが程よい躍動感と大物臭を醸し出します。
sw3004.jpg
レンのくせに!(えー)
今後ダース・カイダスになるのかどうか。

他にはキャプテン
sw3005.jpg
シルバーっぷりが非常にナイスです。
にしても、この中身は女性らしいですが・・・
映画次回作では中の人出るのかどうか??

今回はシークレット無しで全4種。
その内の1つ、フレイム・トルーパー。
・・・って誰?
映画にいたかな??

組んでみると・・・
sw3006.jpg
背中ランドセルから何やら伸びてますが??
とよくよく調べてみると・・・
sw3007.jpg
手持ちの銃に連動するホースのようで。

前4種そろい踏み。
sw3008.jpg
見事なまでにワルしかいません。
でも、ジェダイ側で人気がある非人間タイプって・・・
もういないしなぁ。

ということもあって、スターウォーズでコンパージでるなら次回作と共に?
そのタイミングが恐らく妥当で自然でしょうし。
でも、そーなると一体いつ発売になるのか・・・
恐るべき話です。

前の5件 | -
メッセージを送る