So-net無料ブログ作成

ランカスターの場合~リンカーネイト魔法学校物語~ [リンカーネイト魔法学校物語]

魔法を使えることが疎まれる時代-
魔女であることが憎まれる世界-

北の最果てにある昼でも尚暗い森-
その深奥に静かにたたずむ魔女の学舎-
そこは リンカーネイトという名の魔法学校-

そんな“リンカーネイトの魔女”達の日々を綴るのが・・・
メインロゴ2.jpg

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

という感じで、さぼっていたというか、
忘れいたというか余裕無くてほったらかしな
電波系妄想綴り。
イズレそのうち本編始められることを夢見て・・・
今回もサブキャラでGO。
☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

ランカスター=モニトリアル

ランカスター01.jpg


エリートクラスである「海のクラス」に在籍する魔女。
森では珍しい双子の魔女で、その姉の方。

エミール、ロッチ、オエンらと同じ「海のクラス」に、
姉妹共々で在籍している。

まぶたが重そうで、いつも眠たいように見えるが、
本人は全然そうではないらしい。
自分では眠たそうに見えるのをちょっと気にしている。

性格はそんな見た目とまったく異なり、
かなりアクティブでかつ面倒見が良い。
というより、すごくお節介焼き。

実質、エミールを支えるクラスの副リーダー的存在だが、
目立たない。サブキャラだから(えー)。

ベルベル(双子の妹)の面倒を見ることが生き甲斐。
妹はかなり変わった性格の魔女で、話をしない魔女。
というより・・・
話せるけれど、会話は短冊に書かれた詩で行われる。
そんな変わり者の妹を甲斐甲斐しく世話するのを楽しんでいる。

クラスの仲をとりもつのもランカスターの仕事(本人談)。
しかし、なかなかクラスに馴染まないオエンは、
ちょっと苦手。
クラスのみんなに心を開かない理由がかさっぱり解らないため、
最近ではあまり積極的に関わらなくなった。

面倒見が良い性格のこともあって、
「水のクラス」の魔女たちとは仲がよい。

属性は水と土。
メイン属性は水。
魔法係数は199。
妹の方が若干高い。

魔法の技術、能力も妹の方が優秀。
さらに、、大きな瞳で目がぱっちりしている妹に、
実は少しばかりコンプレックス気味。

オリジナルスペルは「ネアメート」。
有機物無機物関係なく、
生命があろうとなかろうと、
対象としたものの水分を一気に外へ発散させる。
発散した水分を自由に扱うこともできる。

対象に魔法抵抗が無い場合、
この魔法をかけられると生き物ならば悲惨なことになる。
(水分を飛ばす電子レンジ状態)
そのため、ランカスターは自分の魔法を滅多に使うことはない。
ハンミンの「ダイカイショウ」のように、
物体の水分蒸発の調整ができないため使い勝手は悪い。

意外と口数は少ない。
サブだから(・・・)。

※ベルとランカスターは面識がなかったと聞きます。
※ベルだけではイマイチなので妹はベルベル。
※双子の特権。合体魔法が使えたりするとイイナー(は?)
※赤い瞳は古くから森に居る血筋の魔女の証。
※気のせいか気がつくとどっかの完璧ベリーさんみたく・・・
※意識したつもりはなく、設定メモを見て形にしたはずが???

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

海のクラスはあと妹だけ。
いや、その前に早くテキストを載せれば・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る