So-net無料ブログ作成

ティナの場合~リンカーネイト魔法学校物語~ [リンカーネイト魔法学校物語]

魔法を使えることが疎まれる時代-
魔女であることが憎まれる世界-

北の最果てにある昼でも尚暗い森の奥
そこに静かにたたずむ魔女の学舎
リンカーネイトという名の魔法の学校

そんな“リンカーネイトの魔女”達の日々を綴る物語・・・
メインロゴ2.jpg

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

随分ほったらかしで。
絵も描けてませんでした。
久々に描いた絵はボールペン。
雑・・・
☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

ティナ=ウォーレン・テスタロッサ

水のティナ.jpg


古くから森にいた魔女の家系出身。
でも、家族はもう誰もおらず、
ティナは1人で暮らしている。
その為、すこし根暗。

人付き合いが苦手な魔女が多い中でも、
特にその傾向が強い。

その一方で、家にはたくさんの「鳥」がいて、
その鳥たちにのみ心を開いている。
ティナの横にいる黄色い物体がその鳥の1匹。

この世界・・・というより、
魔女の森の動植物はサイズが非常に大きい。
人のサイズより大きい鳥も少なくない。
2,3人であれば、人間を乗せて飛べる程。

水のクラスに在籍。
魔法係数にかんしては、
水のクラスの筆頭魔女(リーダー)のイズマイルよりも高い。
でも、人付き合いが苦手な性格のために、
クラスの代表となることを頑なに断り、
マジメなイズマイルが仕方なく引き受けた。
その魔力係数は193。

オリジナルスペルはアクアウェイタ。
別称はオールヒール。
自分の全魔力と引き替えに、
驚異的な回復を対象に授けるもの。
魔力に加えて、気も失うので、
滅多なことでは使えない魔法。

ティナはとにかく回復魔法の研究に固執している。
理由は今の家族にある。

一緒に暮らしている鳥たちは、魔女たちほど長寿ではない。
ティナは沢山の死に直面してきた。
なんども命を救おうと尽力したものの、
天寿を操作する術は魔法にはない。
ただし、古の魔王のみはその限りではなかった。

そこでティナは魔王が使っていた魔法をずっと求めていた。
ところが、最近その魔法の手がかりを見つける。
それが「海のクラス」の魔女オエンのオリジナルスペル、
命をつなぎ止める魔法「タマムスビ」である。

「水のクラス」とエリートクラス「海のクラス」とは、
同じ水属性、回復魔法に特化という点で、仲が良く接点も多い。

オエンのオリジナルスペルを知ってから以降、
ティナはオエンに執拗にキツく接し、
隙あらば、魔法のヒミツを盗もうと躍起になっている。

このように、結構な自分勝手魔女。
そのため、基本的に友達はいない。
水のクラスのリーダー、イズマイルにとっては頭痛の種。

※ティナ、ウォーレン、テスタロッサ・・・
これだけでゲーム名が出る人はファルコム通。
※見た目も性格もそのキャラに準拠・・・したつもり。
※ウルトラ怪獣の名前と関係なくネーミング。
※一方のイズマイルは、
ウルトラ怪獣からのネーミングというルールを適用。

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆


バリバリのサブキャラだけれども、
この世界における「動物」の大きさと存在意義を示す上では、
結構重要な役回りをするキャラ(になるといいなぁ)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。