So-net無料ブログ作成

リンカーネイトの名前の記憶 [リンカーネイト魔法学校物語]

飽っぽいためスグ忘れます。
続けてないと・・・

ということで、すっかり忘却の彼方だったリンカーネイト。
即ち、このブログのオリジナルの何か。
妄想したキャラ絵や下らない設定ばかりを綴っていたもの。
忘却.jpg

ふと世界設定メモを思い出したので、
防備帳がてら。
ちょっぴりタイトルをすっきり変更しようかと・・・

とある名もない世界の歴史綴り。
魔法が使えることが忌み嫌われた時代。
世界の最果てにある森の奥。
ひっそりとたたずむ魔女達の学舎(まなびや)。
リンカーネイト魔法学校。

これは、そんなリンカーネイトの魔女達の物語・・・

今回は「リンカーネイト」について。

~リンカーネイト~

リンカーネイトは最果てにある森にたたずむ魔女の学校。
それと同時にその名は最も恐れを持って記憶されるもの。
なぜならそれは世界を統べた魔王の呼び名であったから。

幾度となく月と太陽が沈んだ昔。
世界は魔王が支配していた。
暗黒の時代は長く続いた。

しかし、魔王の支配に楔を打つ者が現れた。
1人は東の兵(ツワモノ)の侍。
1人は西の騎士の王子。

2人は互いを知らない。
知らずとも願いは1つ。
魔王を滅ぼすこと。

兵を挙げ魔王に挑むも、その強大な力の前に敗北。
侍は東の谷に追いつめられた。
騎士は西の砦に追いつめられた。
全てはもはや風前の灯火だった。

月が沈み、空が白ける中、
多くの者は命運尽きたと諦めた。

だが、奇跡は起きた。
偉大なる神の降臨。
侍と騎士はそれぞれ人を超越した神の力をその身に宿す。

形成が逆転する。
東と西、それぞれの軍勢が魔王の居城に攻め上がる。
そして遂に魔王は討ち滅ぼされた。
世界は闇から解放された。

リンカーネイト。
それは世界を恐怖で統べた魔王の名前。

けれども、語られる歴史は全てが真実ではない。
ひとつの事実の裏にある事実。
それもまた真実なのだから。

魔王が滅びて世界は解放されたのか?
本当に?

魔王の過酷な支配は終焉。
それは反動となって魔法を持つ者への復讐へと変わる。
持たざる者は持つ者を憎んだ。
魔王と同じく魔法を使える者に、我らと同じ苦しみを!

魔力を持つ者は逃げ、隠れなければならなかった。
さもなくば命を奪われた。

最果ての森に逃げた者も少なくなかった。
古き魔女達はその者らを快く受け入れた。
森の外に残った者は息を潜めて生きていくしかなかった。

魔法が使えることが忌み嫌われる時代の到来。
北の最果ての森には結界が張られ、外部から遮断された。
魔女達にとって、世界は何も解放されていない。
なぜなら今こそが暗黒の時代ではないのか?

その森には魔女達の学校がある。
いつしかそこは「リンカーネイト魔法学校」と呼ばれていた。

リンカーネイト。
それは世界を恐怖で統べた魔王の名前。
そしてそれは、魔女達の学舎の名前。


設定だけはたっぷりと。
でも、それを推し進める活力は枯渇。
とほほ~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。