So-net無料ブログ作成

登場。2人の出会いはディスティニー♪~無音イリ ストーリーズ05~ [「妄想SS」 無音イリ ストーリーズ]

4行ひとかたまりで描く謎の妄想系SS(ショートストーリー)。
「無音イリ」の物語その5です。

破棄が決定した歌えないボカロ。
泣いて謝るその姿こそ失敗作である証。
ところが、風前の灯火の“あたし”の前に颯爽と現れたのは・・・

■01話はコチラ
■02話はコチラ
■03話はコチラ
■04話はコチラ

■まとめて見る場合は公式サイト(先行して掲載中)

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★


無音イリ ストーリーズ 05


登場。2人の出会いはディスティニー♪


★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★


「あの・・・破棄・・・ですか?」
「ああ。」
聞き間違えかもしれない。
そう思って、もう一度聞いてみた。

でも、スタッフの人の言葉は変わらない。
破棄・・・はき・・・ハキ・・・
壊されて捨てられるんだ・・・あたし・・・
何のために生まれてきたのか・・・な・・・

「お前・・・こんな時も笑うのか?気持ち悪いな!」
「ひっ・・・え・・・えへへ・・・」
涙をぼろぼろとことぼしながら、あたしは笑う。
それ以外は謝ることしか・・・できない・・・知らない。

「うっ・・・そ、その・・・すみません・・・」
あたしは膝を折る。
「ごめんなさい・・・う、うう・・・許して下さい・・・」
頭を下げる。何度も下げる。

そして地面に頭をぺちゃりとつける。
だって、許してもらいたいもん。
怖い・・・怖いよ・・・
破棄なんて・・・イヤ・・・そんな痛そうなの・・・ヤダ。

でも、みんな冷淡にあたしを見るだけだった。
「行動パターンも異常ですね。」
「ああ・・・完全に失敗だな。」
「ほんと、コレの存在が開発部にとってイリーガルだよ・・・」

イリーガル-【illegal】・・・違法・・・
あたしは存在しちゃダメなんだ。
やっぱり破棄されないといけないのかしれない。
そもそも、歌えないからボーカロイドでもなんでもないし・・・

泣きながら謝りながら、そして呆れられながら-
そんな風に考えていた。
あたしなんか、いちゃダメなんだ。
だって、誰も喜んでくれない・・・だからこそ破棄される。

「はぁ、はぁ・・・間に合った!」
そこへ誰かが走りこんできた。
誰だろう・・・・?
ショートヘアーの女の人。

「ストップ!ストップです!」
「貴女は・・・」
「君が一体どのような用で?」
「ストップって・・・何を??」

「はぁはぁ・・・決まってるじゃないですかッ!」
そう言って、その人はあたしを背にして立ちはだかる。
庇うように、守るように、あたしの前で両手を広げて。
なんだろう・・・何をしているのだろう・・・この人??

登場!(1).jpg


でも、不思議。
この人の後ろにいると・・・とても安心する。
そう思うの、どうしてかな?
その意味も解らず、だただた、その人の背中をみつめていた-

続く

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

登場したの“あの人”こそ、かの有名な・・・人に似ている気がする(えー)。
イリの運命の歯車が動き出す・・・の?(聞くな)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。