So-net無料ブログ作成

到着。ここからあたしはリスタート♪~無音イリストーリーズ2-1~ [「妄想SS」 無音イリ ストーリーズ]

PSPの初音ミクをちょこっとプレイした時の妄想から生まれたボーカロイド。
それが無音イリ<ナキネイリ>。
そんな歌っちゃダメなボーカロイドのストーリー。
誰も期待してないし、興味もないけどいよいよ第2部開始♪

第1部のラストシーンから・・・3時間後の物語!?

■まとめて見る場合は公式サイト


★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

無音イリ ストーリーズ 2-1

到着。ここからあたしはリスタート♪

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★



「無音イリ」-
姉さんから貰った大切なあたしの名前。
そして、あの運命の瞬間から-
3時間がたったの・・・

着の身着のまま、なんにも無い。
そんな状況で研究所から飛び立つことになったあたし・・・
でも、だからこそ新しいスタートが切れる。
そう思うのよね♪

ジャンプブログ000.jpg


「いいわよ?入ってみて。」
「はい・・・。」
えっと・・・トイレとキッチンが確認できる部屋。
他には家具とかはなくて、すごくシンプルな造り。

「ごめんね・・・あまりに急だったから。」
姉さんが心から済まなさそうに言う。
「そんな!そんなことないですっ!!」
あたしはあわてて否定する。

ここは2階建て木造アパートの一室。
建物は少し古い感じで、部屋は1DK。
姉さんに連れられて、あたしはここに来た。
わざわざあたしの為に姉さんが借りてくれたって・・・聞いた。

ボーカロイドの社会生活テスト・・・
というワケの解らないテスト。
まぁ、簡単に言うとあたしは捨てられたみたい。
研究所から―

ボーカロイドの破棄にはそれなりに費用がかかるらしくて・・・
何もかも用済みだった失敗作。
タダで捨てるのに社会生活テストは最適な言い訳なんだって。
後は野となれ山となれ・・・ってことかな。

「にしても・・・う~ん。もっと奇麗って言ってなかったかしら!?」
ちょっぴりセンチな気分のあたしの隣りで、姉さんはブツブツと怒ってる。
この人がいなかったら・・・あたし今頃どうなってたのかな?
そう想うと胸が熱くなって-ついつい潤んだ瞳で見つめてしまう。

「ん?」
そんなあたしの熱視線に姉さん、気付いちゃった。
・・・も、もしかして、あたしの気持ちも伝わった!?
嗚呼、姉さんを慕う気持ちはもう隠せないのね・・・

あたしの姉さんラブなハート。
こんな所でバレちゃうなんて・・・
ううん-きっとこれがあたし達の運命だったんだ。
姉さん!さぁ、萌える(燃える?)ような2人の時間を!!

ポフッとあたしの頭に姉さんの手が置かれる。
「ごめんね、こんな部屋しかなくて。でも心配しないで!」
・・・いえ、姉さん、別に不安だから顔を見たわけじゃなくて。
「貴女の生活費くらい、私がなんとかしてあげるから!」

そう言って姉さんはニッコリ微笑む。
なんて・・・心強い笑顔だろう。
あたしはうっとりと姉さんを見つめる。
そしたら―

ぐ~って、お腹が鳴った。
「うぐぅ・・・」
・・・ボ、ボーカロイドだってお腹は減るのよ。
仕方ないじゃないっ!!

「あらら、でも健康な証拠よね。」
姉さんは優しくフォローしてくれたけど。
でも流石にこれは恥ずかしい・・・
TPO考えてよ、あたしのお腹ってば!!

自分でも顔が真っ赤なの、わかるよ・・・ううう。
とはいえ仕方ない。
研究所を出てから何も食べてないから-
何か食べるもの、探さなきゃ。

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

にじりにじりと絵を描いて、ちゃっちゃと進ませたい所です。
まぁ、遅々として進まないのですが。絵(涙)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る