So-net無料ブログ作成

完食。初めて味わうインパクト♪~無音イリストーリーズ2-2~ [「妄想SS」 無音イリ ストーリーズ]

ブログの方に載っけるのを忘れてました。
初音ミクから勝手に妄想しちゃってるボーカロイドの物語。
無音イリ<ナキネイリ>、歌っちゃダメなボーカロイド。
読んでくれる人がいるかいないか甚だ不明な第2部第2話♪

■まとめて見る場合は公式サイトにて

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

無音イリ ストーリーズ 2-2

完食。初めて味わうインパクト♪

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★


「ちょっと待ってね・・・フライパンとかあるかしら?」
あたしのお腹の音を聞いて、姉さんは部屋に上がりこむ。
続いて靴を脱いだあたしも部屋に上がり込んだ。
2人して、そのまま奥のキッチンに向かう。

「お、鍋とかの関係はちゃんとあるわね。あとは何か・・・」
姉さんはしゃがんだり、上の棚を開けたりして探し物。
することがないので、あたしはそれをただボーっと見ていた。
「ねぇ、イリ?」

「・・・」
「ちょっとイリ、聞いてる?」
イリ・・・!
そうか、あたしの名前だ。

「は、はい!!」
無音イリ - それがあたしの今の名前。
姉さんがくれた大切な名前。
呼ばれたことに気がついて、急いで敬礼のポーズを作る。

敬礼000.jpg


「なにやってんの、それ・・・?」
そんなあたしの姿を見て、姉さんは苦笑する。
「ま、いいわ。それより乾燥シイタケ見つけたの。
「へ?」

カンソウ・・・シイタケ・・・
知ってるけれど見たことないや。
「あとバターも。賞味期限は大丈夫そうだし、コレでいい?」
「へ??」

どういう意味かな??
きょとんとするあたしを尻目に、姉さんは含み笑い。
それからコンロに火がかけられた。
「まぁ待ってなさいって。プロ級の腕前、見せてあげるから。」

しばらくして、バターの少し焦げた香りが部屋に広がった。
良い匂い・・・
それからすぐにジュワ~という音。
どこから出したのか、お醤油と先ほどの乾燥シイタケが入れられた音。

「出来上がり~!」
お皿に乗せられた料理が、あたしの前の小さい机の上に置かれる。
「・・・と言ってもただのバターソテーだけどね。」
頭をかきながら姉さんが言う。

「食べてみて?」
「は、はい。」
シイタケ・・・バターソテー・・・
なにもかも初めて見るもの食べるもの・・・研究所じゃ決してできなかった体験。

床に座って、そしてひとつ、お箸で口に運んでみた。
「!!」
こ、これは・・・
口に広がるしなやかな歯ざわりとまろやかな風味と濃厚な-(略)

「美味しい!すごく美味しいですっっっ!!」
もうお箸が止まらない。
あたしはものすごい勢いでシイタケを食べ始めた。
「ちょっと、そんなに大げさな・・・」

姉さんは照れていた・・・みたい。
でもあたしは、空腹とシイタケのインパクトの前に気が付かなかった。
だって、ただひたすらにシイタケを求めていたもん。
こんな美味しいものが存在するなんて・・・広いわ、研究所の外って・・・

続く

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★


最終話までこんな感じでまったりおバカに話しが進みます・・・
第2部は「く」で終わる漢字で題名を多く設定。
第1部はバラバラでしたが・・・
それよりなにより絵だ!
テキパキ描きたいところです、トホホ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。