So-net無料ブログ作成

報告。今、必要なアーティファクト♪~無音イリストーリーズ2-3~ [「妄想SS」 無音イリ ストーリーズ]

最近アニメ視聴日記ばっかりだったので・・・
サイトの方には先行して掲載している妄想の産物SSをば。
初音ミクから勝手に妄想しちゃってるボーカロイドの物語。
無音イリ<ナキネイリ>、歌っちゃダメなボーカロイド。
読んでくれる人がいるかいないか甚だ不明な第2部第3話♪

■まとめて見る場合は公式サイト→

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

無音イリ ストーリーズ 2-3

報告。今、必要なアーティファクト♪

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★


姉さんの手料理をペロっと平らげた。
「お粗末さまでした。」
嬉しそうに姉さんはお皿を片づける。
「あの・・・御馳走様でした。」

あたしは両手をついて深々と頭を下げる。
いつもは謝るためにやっているけれど・・・
今日は心からのお礼のために頭を下げる。
姉さんに向けて。

「ちょっと、イリ!頭をあげなさい!」
言われて頭を上げると、姉さんは少し怒っているようだった。
「あのね、そんな風に簡単に頭下げちゃダメよ?」
「でも・・・」

あたしにはこうする以外何もないのに・・・
姉さんへの感謝を示す方法を他に知らないから。
「それにね?」
でも、すぐに優しく姉さんが付け加える。

「貴女は私の妹なんだから。他人行儀なんていらないのよ?」
そう言って、あたしのおでこをツンとつつく。
あたしは・・・
嬉しくて、また泣きそうになった。

目に涙を溜めるあたしを見て、姉さんは苦笑しながらこう言った。
「ねえ、食べ物以外でなにかすぐに必要なモノってある?」
必要なもの・・・
とりあえず頭にはシイタケが浮かんだ。

でも、姉さんは食べ物以外って言うし・・・
何かないかな・・・と考えて思い出した。
「リボン・・・」
「え、何?」

ボロボロリボン.jpg


髪の毛を結っている黒いリボン。
実はもう切れそうなくらいボロボロだったんだ。
「そっか・・・う~ん、でも私も今はゴム持っていないしなぁ。」
姉さんはポケットを探しながら言う。

「手持ちで何かあったかしら・・・」
ゴソゴソした後に姉さんの手には四角いものが掴まれていた。
「それ・・・CDケースですか?」
「ん・・・あ、コレ?ええ。私のデビューCDだったりするの。」

姉さんの・・・咲音メイコのデビューCD・・・
やっぱり姉さんはアイドルだったんだ!!凄い!!
ついつい目を輝かしてそれに見入ってしまう。
「ま、CDケースじゃリボンの代わりにはならないけどね。」

そう言って、またポケットに戻そうとする。
「待って!姉さん、待って!」
あたしはその手にすがりついた。
姉さんのデビューCD・・・

「姉さん、そのCD、貰っちゃだめですか!?」
我ながらちょっと厚かましいお願いだとは思う。
でも、あたしにはそれが宝物に見えて仕方なかったの。
「え・・・これ?いいわよ。全然。」

姉さんは少しびっくりしていた様子だけど、快く了承してくれた。
そして、その手からCDを受け取る。
「あ、そうそう。でね、リボンの件だけど明日でもいい?」
そんな姉さんの質問に不敵な笑顔で応えるの・・・我に策有り♪

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★


時間ないからと絵を雑に描くことをやめたい・・・
けれど、ナカナカ丁寧に描けず。
時間あても、気持がノラないと絵がかけないヘタレ。
トホホ・・・
あとはゲームの時間と睡眠時間を削るしかないのか(削れよ)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。