So-net無料ブログ作成

錯綜。抑えられないマイテンション♪~無音イリ ストーリーズ2-6~  [「妄想SS」 無音イリ ストーリーズ]

ちまちま更新されることが「無音イリ」(ナキネイリ)の物語。
特設サイトでやってますが、ブログでも目下掲載中。
イリの性格=泣き寝入り。
なんでそんな性格なのか、それは忌まわしき過去に・・・・
と言うほど大それたものでないのがアレでソレ(えー)。

■まとめて見る場合は公式サイト→

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

無音イリ ストーリーズ 2-6

錯綜。抑えられないマイテンション♪

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★


ショックだった・・・
夜のバイトに備えてあたしがやってきた変装って・・・無駄?
胸だってバレないようにしてきたのに。
・・・なによ。小さいって言うな!!(怒)

「まぁ、最近の若い者のオシャレはわかんねぇがよ。」
・・・オシャレでこんな変な格好したんじゃないわよ!!
「さ、先に言いなさいよッ!」
あたしは厚着を脱ぎ去って、いつもの格好に戻る。

あんたねぇええ!000.jpg

ものすごくハラが立ったから、おじさんにそのストレスをぶつける。
だって、姉さんも言っていたから。
舐められちゃダメだって!!
そうよ!歌えないボーカロイドだって強気に出ないと!!!

「いや・・・そんな事言われてもよぉ?」
たじろぐおじさんを見て、あたしは更に語気と強めて攻め立てる。
「なによ、それ!ちゃんと答えてよ!!」
すっごく大変だったのよ、厚着するの・・・あームカムカするぅ!!

「謝りなさいよ!土下座なさいよ!女王様と呼びさいよ!」
「何言ってだ、おめぇ!」
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」
おじさんが急に怒り出して、あたしは反射的にペコペコ頭を下げた。

怒られるの・・・怖い・・・
もう怒られるのは嫌だよ・・・
おじさんは泣きながら謝り出したあたしを見て、困った顔をしている。
「あー、なんなんだよ、おめぇは。まったく・・・ほら、今日の分だ。」

あたしは茶色の紙封筒を受け取ると、お礼も言わず走って逃げた。
おじさん、きっと感じ悪い娘だなぁって思っただろうな・・・
でも、あたし、やっぱ怖いもん。
昔みたいに怒られるのは嫌・・・そんな空気も・・・絶対イヤ・・・

家に着い時は、もうヘトヘトだった。
体が重くて、何もする気になんてなれない。
あと、すごく眠い。
こんなので・・・あたし、これからの社会生活、ホントに大丈夫かな??

すごく不安。
姉さんに今すぐ会いたい。
頭、ナデナデしてもらいたい。
そんな事ばかり考えていると、涙が止まらなくなった。

でも・・・姉さんは来てくれない。
忙しいから・・・分かってる、それくらい。
姉さんばかりに甘えちゃだめだ。
でも、頭ではそう理解できても、心は寂しくてしょうがないよ・・・

その日は気がついたら泣きながら寝ていた。
泣いて寝て起きてみても - やっぱり独り・・・当たり前だけど。
でも、気分は少し楽になった。
なんか、お腹、減ったな。

とりあえずシイタケをかじった。
うん・・・また頑張ろう♪
ちょっぴり元気が出る。
だってあたしの社会生活はまだ始まったばかりなんだから!!!

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

こんなだから、威勢が良いのは最初だけ。
後は泣いて謝る泣き寝入り。
第2部の「う」終わり漢字タイトル2話はコレで終了。
再び「く」終わりの漢字タイトルへ・・・
妙なこだわり(えー)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る