So-net無料ブログ作成

ビビンの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

なんとか土曜日に更新していってます。
昔やってたアニメ「ふたご姫」に関わる妄想系文章及び絵。

とりあえず原発頑張れ。
コレをクリアしたら、日本の原発事故処理技術は世界一。
・・・です、たぶん。

記憶はもはや五里霧中。
曖昧でキャラの名前も忘れ気味ですが・・・
それでも土曜に更新するネタはまだある様子。
今回描くのは-
びびんぶいぶい000.jpg

ビビン・・・先生!?
先生らしくマントを付けてみたり・・・
以前はなかった黒ニーソがあったりしますが(何故?)。

■何故にビビン?
ふしぎ星のふたご姫GYUの後半におけるキーパーソン。
エドワルドが倒された後、ふたごにとっては最大のライバル的存在。
そして、2人にとって気になる相手。
ファイン、レイン以外で唯一魔法が使えたキャラクター。
また、特殊バンクを2つ以上持つという破格の優遇キャラ。
この人が緑だったおかげでソフィーは・・・ック(何事もありませんでしたが?)

■アニメのビビン?
GYUにおける後半の敵キャラクター。
トーマ、エドワルドを凌ぐ存在感を醸し出していた。
魔法が使える、バンクがある、超ツンデレ・・・
他のキャラとは一線を画すキャラ。

後半の物語は、ビビンとふたご姫との心の交友の描写がキーポイント。
最後には、ファイン、レインと共にダーククリスタルキングと戦うことに。
そして最終的には、ダーククリスタルに依存していた魔法力は失われる。
エドワルドことエドちんに対しては、何かしらの想いがあった??
そんな描写がチラホラあった気も。

出身星はブラック星?
しかし、ブラック星の元の名前はホワイト星。
ということは、ホワイト星の出身になるのか・・・
結局プリンセスであるかどうかや正確な出身星の情報は不明のまま。

■妄想のビビン?
トロワエトワールはGYUの後日の物語として妄想したもの。
当然ビビンもホワイト星に帰った・・・という展開。
そこで-
学園に戻ってくる理由に「教育実習」というものを加えたのが妄想のビビン。
即ち、あの戦いの後、ビビンは先生になるための勉強をしていた・・・
そして、実習生としてロイヤルワンダー学園に帰ってきた・・・と妄想したもの。

担当は1年C組。
妄想の主人公であるルーナやルーシアのクラス。
ここの担任は音楽のウーピー先生。
ルーナ絡みで物語りに登場。
主人公を叱咤激励するキャラとして描いてみた。
案外ハマり役だった感じも。

ところで・・・元々からして、本来はファインらと同年代のキャラなの?
だとすると、9歳か10歳になるワケで・・・
教育実習生だとしても、先生と呼ばれるハズもなく。
その辺は、ビビンが超優秀だから、という設定で乗り切りたいかと(えー)。

いっつもアバウトなものです(遠い目)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。