So-net無料ブログ作成
検索選択

魔法のルミティア ルミティアジュエルに関する一考察~なんか期待していたのと違う・・・残念仕様だった(涙)~ [購入記]

かなりガタガタですが、とりあえず購入です。
ルミティアジュエル。
ルミティア2000.jpg
期待していたのですが・・・う~ん。

何がう~ん、なのか。
取りあえず開け進めてみます。

今回・・・といっても、前はステッキなので関連商品となるでしょうか。
ルミティアジュエル。
ただ、公式などでは第2弾と銘打たれていたりします。
で、その第2弾の箱も・・・
ルミティア2011.jpg
ちょっぴり特異な形。
ただ、前回と違ってキャラクターのイラストが目立つように配置されました。
魅力アップ?

開封。
ルミティア2003.jpg
「食」はガム。
パーツはジュエル本体、着脱できる極小パーツとリングやクリップなど・・・
と基本は全部で3つから成り立っています。

ジュエルは全部で11種。
その内2種はスーパールミティア。
残り9種は3つのジャンルに分けられます。
ルミティア2004.jpg
リング、ブローチネックレス
ただ、各パーツの着脱部は共通なので組み換え遊びが可能。

で、スーパールミティア。
今回は色違いで2種類。
パーツ構成は同じ。
ルミティア2010.jpg
スーパーなだけに、4パーツのリングという特別仕様。

ルミティア2007.jpg
翼がゴージャス・・・
なのですが、裏面から見なければ金メッキは目立たず。
なんか勿体ない気もします。
色違いは微妙。

基本、1箱に1個だけ入っているスーパールミティア。
なので全11種そろえるには2箱必要と言うことになります。
・・・まぁ、何とかしようと思えば何とかなるのですが(意味深)。

で、なんと言ってもこの商品の魅力は前作であるステッキとの連動。
・・・のはず。
勘違いしていたのですが、てっきりジュエルをステッキに装着できる-
と思っていました。

が、違うのです。
ルミティア2006.jpg
ステッキに付ける極小のパーツとジュエルの極小のパーツ。
コレが組み替えられる!
というものだったのです(えー)。
・・・なんか期待してたのと違う!?

試しにステッキのパーツをジュエルに・・・
ルミティア2008.jpg
そもそも形成素材が違うので、なんか違和感。
唯でさえ小さいパーツなので、目立つ感じもなく・・・

そもそもルミティアステッキもジュエルも小さすぎる感じなのに。
さらに極小なパーツだけ組み替えられるといっても・・・
アピールポイントが弱すぎる気がします。
このあたりが全国のイオンで短期間にステッキが投げ売りされた理由?
女児受けが悪かったのでしょうか・・・

ルミティア2001.jpg
値段帯があと100円高いリンクルストーンを混ぜてみるとその存在感たるや!
あと一歩、もうひと捻りが足りなかった・・・そんな印象を受けました。
キャラクターや設定はとても良かったのに!
上手くいけば、バンダイのセボンスターになれたかもしれないのに!

微妙な所でコストをケチったのでしょうか?
何にせよ、とても惜しい。勿体ない・・・
そんな風に感じずにはいられませんでした。
第3弾は・・・無いのだろうか。

スーパールミティア全3種。
ルミティア2005.jpg
コレでサイズが大きく、ステッキにジュエルが付く・・・
そんなコンセプトだったら、また違ったのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る