So-net無料ブログ作成
ふたご姫GYUってのを振り返る ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ローズマリーの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

風邪をひいて弱り気味の土曜日。
それでも土曜日になると先週休んだからと更新される妄想綴り。
意地か気合いか根性か・・・

もはや記憶は彼方の五里霧中。
大半を妄想でフォローしている状態で意味不明。
今回も「アイマス2」のパッケージイラストみたいな動きで描くキャラクター編。
ロズマリ000.jpg
そしてローズマリー(なじゃそりゃ?)

■何故にローズマリー?
ふしぎ星のふたご姫GYUには登場したサブキャラの1人。
出身星、入っているクラブ、チームメイト、主人公回・・・
それらが明確であるなど、比較的に優遇されたキャラ。
しかし、相棒であるハーブとの絡みはほとんど描かれることなく・・・
そこを妄想でカバーしてみたりしていたり(えー)。

■アニメのローズマリー?
ホラー星のプリンセス。
チームメイトはハーブ。
旧校舎を冒険する回でのメイン。
その他、モブとしての登場も多い。
台詞ありの場合もそれなりにある。
優遇されてます。
また、アウラーとなにか予定されていたのでは?
と深読みしてしまうようなこともあったりなかったり。

その辺は随分以前の考察で触れてみたり。
http://lbslbs123.blog.so-net.ne.jp/2007-04-02

■妄想のローズマリー?
アニメでそれなりにスポットの当たっていたサブキャラだけれども・・・
ハーブ関連やリポ関連で結構活用させてもらった記憶あり。
最初に掲載したSSのある意味裏ヒロイン的扱いで。
その他にも・・・
○ハーブとは実は幼なじみ
○リポに恋していたりする
○巫女星のカスガとも幼なじみ
○リラク星のアロマという大好きなお姉さんてき存在がいた
などなどの設定を妄想して付け加えたりしていた。
見た目とちょっと残念な趣味と性格のミスマッチが素敵なお姫様。

最終的にリポとはどうなったのか-
結局それは描けず仕舞い。
一応、まるく収まったと思っていたりしますが(えー!?)

フーカの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

ピンッと冷たく澄んだ空気が心地よい土曜日。
なんか時々されてないけど、土曜日になるとなんとなく更新される謎妄想。
読むと痛くなるかもしれないふしぎ星のふたご姫に関係するような文と絵。

もはや記憶は曖昧の域を超えて、既にありません(断言)。
妄想だけが支配する世界(やめれ)。
今回もアイマス2のパッケ絵みたいに絵を描こうシリーズ(シリーズ?)。
ハーブに関係あったかもしれないキャラクター編(編?)から・・・

フーカ000.jpg

アイドル星のフーカさん。

■何故にフーカ?
フーカ誰?
ふしぎ星のふたご姫GYUには本来そんなキャラいません。
半分は。
即ち、単なるモブキャラとして出てきていた人に設定を妄想したもの。

設定はだいぶ以前に妄想していたりして・・・
アイドル星のフーカ設定

よくありそうななさそうな、アイドルやってるけど普通に憧れる女子-
というそんな感じのイメージで。
でれど気は強くて喧嘩早いというデレ要素が少ないツンな人(えー)。

■アニメのフーカ?
シャイン、グリタ、ブリンク、オウカ、カスガ・・・
と一連の描いている妄想キャラは全てハーブ主役回に出てきたモブキャラ。
名前も出身星もキャラによっては台詞さえない人達。
それに光を当てたくて設定を作ってみたのが始まりで。
フーカらしきモブは一応2度ほど確認できていたり。
台詞も何もないので、性格なんかは判らないままだけれども・・・

■妄想のフーカ?
妄想キャラでは珍しくきちんと主役に設定して物語りを描いた人。
「イライラ☆アイドルの友達100万人計画」でググると出たので・・・
たぶんソレがそうなのでしょう(えー)。
アッパー系でよくある設定なので描きやすかった?
読み返すと、無音イリやらのベースになっているようないないような気も・・・
実際は-
フーカを主人公としながら、ルーナについて色々描くのが目的だった(えー)。

絵を見ると髪型が変化してますが・・・アレです。
最近はやりの姫カット?GO!江!という感じで(意味不明)。

フーカでアイマス風も6人目。
集合させると・・・こんな感じ。
ナニコレ・・・.jpg

だいぶ足りないけれど、下の方だけ。
でも、激しく微妙(涙)。
乏しい画力じゃどうにもならない。
更に1人だけ超突貫で描かれた手抜きさんがよく解る構図に。
ゴメンナオウカ・・・
流石に残り全員描くのは無理だろう(弱気)。

オウカの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

新年2011年の土曜日。
新しい年になっても土曜日に懸命に更新される妄想記録。
身勝手妄想痛すぎふたご姫キャラについてのあれこれ。

もはや記憶もかすれ消滅寸前。
さらに扱ってるのは妄想2次創作キャラばっかり・・・
ほんとにコレでいいのかどうか(えー)。

で、今回もアイマス2の絵柄に似せた風で。
対象キャラはオウカさん。
・・・・って誰?
オウカ001.jpg


■何故にオウカ?
ふしぎ星のふたご姫GYUに登場したモブキャラのひとり。
8話の最後に出てきた人。
出番はそれだけ。
もちろんまともな台詞もありゃしない。
当然、名前も出身星の設定も無し。
それを妄想で補って生まれたのがオウカ。
詳細の設定は随分まえに出来ていて・・・
オウカの詳細

■アニメのオウカ?
職業はモブ。
出番は1回。
特徴的なのは、リボンでくくった左右に飛び出る長い髪。
ハーブと一緒にソロのファンクラブを結成していた。

■妄想のオウカ?
フラワー星のプリンセス。
姉が1人いる(それもモブキャラから妄想)。
ミコ星のカスガ、アイドル星のフーカとチーム“うらら"を結成している。
そのチームリーダーでもある。
うららはハルウララから命名したもの。

リーダーのオウカをはじめ、
3人の名前の由来は春に関係する4文字熟語から。
桜華繚乱から・・・オウカ
小春日和から・・・カスガ
春風化雨から・・・フウカ

春に関係するという理由。
正確には小春日和は違うけれど・・・

以外と喧嘩早いとか、女子フェンシング部を作りたいとか色々設定あったものの・・・
いまいちSSでは反映できず。
フーカが主人公回で登場したけれど、それ以降は空気。
姉との絡みとかも描きたかったかもしれない・・・
普通っぽい人を動かすのは難しいです(えー)。

カスガの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

最近夜のイルミネーションが美しい土曜日。
そして土曜日になるとなんとか更新されてるヘタレの妄想。
身勝手妄想痛すぎふたご姫キャラのような絵と文字群。

ちょびちょび休みが目立ってますが・・・
なんとか続けてます「アイスマ風」絵柄で描く妄想キャラ。
今回は・・・
かすが.jpg

ミコ星のプリンセス・カスガさん。

ゴメン。
既に自分でも誰が何だか解らない状況です(えー)。

■何故にカスガ?
ふしぎ星のふたご姫GYUに登場したモブキャラ。
出てくるのは8話の一度きり。
ハーブ率いるソロのファンクラブのひとり。
それに、色々な設定を与えてみよう・・・という一連の妄想シリーズ。

ミコ星という純和風な星のプリンセス。
古風で奥ゆかしいけれど、頑固で強情なところがある。
・・・らしいです(は?)。
昔の設定に準じてます・・・
ミコ星のカスガの設定

ホラー星のローズマリーとは幼なじみ。
ローズマリーの怪しい祈祷や巫女装束はカスガから仕入れたモノ。
という設定を妄想(えー)。

■アニメのカスガ?
昔の設定に有る通り、一度きりの登場。
空気です(涙)。

■妄想のカスガ?
妄想SSでは、アイドル星のフーカの章でちょこっと登場。
しかし、突っ込んだ描写はできず、イマイチ影が薄い。
巫女は目立ってはダメだから・・・(えー)。
見た目はナコルルやらアルカナハートの巫女さんやら-
そんなのの影響が大きくあるような気もします。

ティオとの設定とか完全に忘却の彼方・・・
面白そうなので、物語を紡いでみたいところですが、さて-

グリタの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

絵を必死で描く土曜日。
コレがないと、絵を描く事が無くなる気もします。
そんな土曜日になるとなんとなく更新されるヘタレ妄想。
身勝手妄想痛すぎふたご姫キャラのような絵と文字の日記。

もはや記憶は五里霧中。
支えるのは妄想のみという体たらく。

只今進行中はアイドルマスター2のパッケ絵を真似て見ようシリーズ(は?)。
3人目となる今回は・・・

グリタ000.jpg


ひかり星きらめきの国のプリンセス、グリタ。
鼻掛けメガネの女の子(えー)。


■何故にグリタ?
シャイン、ブリンクと同じく8話に出てきた名もないモブ。
セットで出ていたので、たぶんチームだろう・・・
という安易な考えから生み出したキャラクター。
それがグリタ。
メガネをかけているのは、バレンタインの話の時に出てきた、
モブキャラクターがメガネをかけていたから。
両方とも同じ黒髪・・・ということで。
同一人物に違いなと、安易に考えて(えー)。

■アニメのグリタ?
上記の通り、8話のモブ。
それ以降はバレンタインの45話でも似たキャラクターが登場。
掛け合わせて誕生したのがグリタ。
「Glitter」だと正確には「グリッター」と発音するけれど・・・
敢えて「グリタ」と読みます呼んで下さい。

■妄想のグリタ?
単なるモブ。
なので、出身星、名前、正確は全て妄想の産物。
何故かタネタネが大好きで見たら興奮する・・・とか。
普段は閉じているように目が細い・・・とか。
グフフと笑う・・・とか。
メガネを取ると、目が開いて別人仕様・・・とか。
何故かやたらと濃い設定となったグリタ。
でも妄想SSではあまりそこらは披露されることなく終了。
本領発揮はSSの間に挟んでいた会話形式のテキストで。
上記の設定はそこで活かされた・・・かもしれない。

濃すぎる設定が案外気に入っているキャラクター。
ぐふふ・・・

ブリンクの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

地域によっては雪が降るとか降らないとかの土曜日。
そんな土曜日にそこはかとなく更新される空想綴り。
身勝手妄想痛すぎふたご姫キャラのような絵と駄文。

アイドルマスター2のパッケ絵の動きを真似て描いてみよう第2弾。
対象となるのは、記憶も薄れに薄れまくりの半オリジナルキャラ・・・
ブリンク000.jpg

ひかり星またたきの国のブリンク。

あんまりに記憶が薄かったので、以前書き留めた自分の妄想を確認。

・・・こ、こんな設定だったんだ(ちょ!)
ひかり星またたきの国のプリンセス・ブリンク設定
スパッツとか考えてたの・・・??
まぁ、今風にアレンジということで(なにそれ?)。

■何故にブリンク?
ふしぎ星のふたご姫GYUに登場したモブキャラ。
第8話の背景少女。
左右のお団子が印象的。
でも正面からは1度も映っていないという(えー)。
名前、性格、出身星、さらには顔と・・・
何から何までが妄想の産物。

■アニメのブリンク?
1話だけに登場したモブキャラクター。
シャインのような星の髪飾りという特徴がないので、解らないけれど・・・
もしかしたら、背景として出てたかもしれない。
ただ、特徴のお団子はシフォンと重なっているので-
たぶん出番はなかったかと(酷い)。

■妄想のブリンク?
名前の由来は設定にある通り。
「光」に由来する言葉から命名。
ブログで活躍してもらった3人娘はそれぞれが-
「かがやき」「またたき」「きらめき」という言葉に名前が由来。
ブリンクは「星のまたたき」の意味から命名。

ブログではコーナー持たせて活躍させたものの、
妄想SS本編ではあまり出番なし。

ただ、他のキャラと区別を付けるため言葉尻に癖を持たせたり、
推理マニアで「あたしの推理だとぉ」という決め台詞を作ったりしてみた。
一人称が「あたし」というのも個性付け。

ブライトに対して熱烈片思いであったり、
勝手にレインをライバル詩しているなどの設定もあったものの・・・
結局埋もれて光あたらず(涙)。

半妄想キャラの中では比較的お気に入りの部類。
色々扱いやすいので・・・また登場させてはみたいけれど。

シャインの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

最近妙に時間が取れない感じのの土曜日。
それでも土曜日になんとか更新すべく頑張るヘタレの妄想。
身勝手妄想痛すぎふたご姫キャラに関係しそうな絵と文字群。
というか、もはや関係ないかもしれない・・・(えー)。


無名のモブキャラに光を。
その究極の形が名前と出身星と設定を与えることだった・・・
そうして生まれたのが-
シャイン001.jpg

ひかり星かがやきの国のシャインさん(えー)。

集合イラストを考慮して、早速紹介されていたアイスマ2をモチーフに。
ものすごく突貫で描いた(涙)。

■何故にシャイン?
ふしぎ星のふたご姫GYUには登場する単なるモブキャラ。
8話にてハーブが組織したソロのファンクラブを初めとして、
様々な場面で背景として登場。
目印は星の髪留め。
髪の毛の色も型も変わってもことがあるものの、髪留めだけはステータス。
8話には、他のキャラと一緒に登場。
それらをまとめてチームとして扱う設定を付加してみた。
そのリーダーがこのシャイン。

■アニメのシャイン?
無名モブキャラとしては、結構な頻度で出ていたキャラクター。
もちろんモブなので台詞はなし。
出身なんて明かされるわけもなく。

■妄想のシャイン?
ミルロなどと同じくB組所属のプリンセス。
チーム・シャインのリーダー。
チームの名前は勝手にチームメイト達が決めてしまったもの。
チームメイトは同じ星出身のプリンセスのブリンクとグリタ。
明るく優しいけれどスジを通す人なのでリーダー性がある。
幼なじみのボーイフレンドがいるが、彼は「人口おでーん」としか言わない。
でも、シャインはその全てが理解できるらしい。
などの設定を妄想してみたのがシャインさん。

妄想ショートストーリーではあんまり活躍しなかった。
でも、話の間に入れた「3姫によるおしゃべり」では主人公。
主にツッコミ役だった人。
もっとSSでも活躍させたいとおも思ったけれど、あんまり余裕なかった・・・

トロワの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

寒くなってきたけれど、ふと暖かい日もある土曜日。
そんあお日よりにも更新されるヘタレの妄想。
身勝手妄想痛すぎふたご姫キャラに関係しそうな気がするナニカ。

サブキャラにもっと光を(またか。)
意外とサブキャラは使いやすい(何に?)人が多い気がします。
それは、キャラ設定がしっかりしているから?
そんなサブキャラから今回は・・・
トロワ先輩.jpg

トロワ先輩。
・・・見えなくてもトロワ先輩なの。

■何故にトロワ?
ふしぎ星のふたご姫GYUには登場したサブキャラクター。
珍しい2話連続のお話でのメインサブキャラクター(どっちだよ)。
当時に流行していた技の名称から命名された「プリバウアー」の使い手。
はちゃめちゃな所があり、ソコが色々と妄想を広やすい感じも。

■アニメのトロワ?
第24話、第25話のメイン。
ダンスコンテンスと絡みで登場したキャラクター。
それ以降、背景としてもちょこっと顔見せをしている。
運動神経抜群のファインをパートナーとしてコンテストに出場。
ということは、ファインと同等の運動神経も持ち主ということになる。
ちょっと独善的なところがあって、妙なダンスを相方に強要する。
それさえなければ良い先輩。

■妄想のトロワ?
ファインは様々な部活から引っ張りだこ。
体操部にはちっとも来てくれません。
そこで新たなパートナーが求められていたのでした。
そんなトロワの前にサーカスで培った運動神経の持ち主が現れます。
それがナッチでした。

それ以降、ナッチの追いかけ・・・というかストーカーが始まったのでした。
という感じでナッチ絡みで登場して貰っていた妄想SSのトロワさん。
多少変態色が強すぎた感もありますけれど-
でもナッチの出落ちに非常に便利な人でした。
もう少し活躍の場があってもよかったかも・・・

ナッチがイヤイヤ言いながらも、本当はそれほど体操部を嫌ってない感も-
上手く描ければよかったけれど、それもイマイチ出せなかったなぁ(遠い目)。

ナッチの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

寒い上に天候も悪くてなんかゲンナリの土曜日。
それでも土曜日になるとなんとなく更新されるヘタレの妄想。
身勝手妄想痛すぎふたご姫キャラのような絵と文字群。

もはや記憶も曖昧だけれど、無印のキャラをGYUに出すとどうなるの?
と考えていたのだと思う。
即ち、無印のゲストを学園の学生にしてみよう計画。
ルーナ(キャンディ)はその主軸。
そして、もう1人。
是非にやってみたかった人。
それが・・・
ナッチ001.jpg

ナッチさん。
なんかサーカスに出てたあの人。
似て無くてもコレがナッチさん。
ナッチさんや言うとるやろ!(五月蠅いな)

■何故にナッチ?
ふしぎ星のふたご姫GYUには登場しなかった無印の単なるサブキャラ。
でも、それじゃ余りに勿体ない。
ということで、なんとかしてあげたい・・・という妄想の産物。

■アニメのナッチ?
無印に出てきたキャラクター。
サーカスに所属していた。
実はちゃんと見てないので詳細とはよく知らない(えー!?)。

■妄想のナッチ?
メラメラの国の人っぽいので、夏休みに帰ったティオ様に見初められて-
そして学園に一般人特別編入枠で編入したという設定を妄想。
学園に向かう列車の中でトロワエトワールの物語の主人公ルーナと出会う。
お互いがひみつ星出身ということで意気投合、学園でチームを組むことに。

学園では高い身体能力を体操部のトロワに目を付けられることに。
ストーカーまがいに追いかけ回される・・・という設定。
本音はイヤではないけれど、あの技(プリバウアー)だけはしたくないらしい。
それに、運動部でなくリオーネがいるバレー部に入りたかったという気持も。

物語の終始に渡って、主人公のルーナを色々と支えたパートナー。
・・・だったと思う(オイ)。
そう描きたかったけれど、イマイチ登場のインパクトは弱かったかも。
もちっとよい子アピールしたかった・・・

物語ではノーマルな制服の色設定にしていたけれど、今回は黒タイツ。
カラーバリエーション?
ふたご姫カラーバリエーションってことFCVってとこかしらん?(なにそれ?)

最初の妄想では途中で裏切ったりするのも考えたけえれど・・・
そんなん描くのはなんか無理だった(どんなよ?)。

レモンの場合 [ふたご姫GYUってのを振り返る]

お酒飲んでちょっぴり弱り気味の土曜日。
それでもなんとなく更新される妄想系(途中で気がついた)。
身勝手妄想痛すぎるふたご姫キャラのヘタレ絵と文字群。

今回は関西舐めるな!的キャラクターであるレモンさん。
remon.jpg

しかし、気がついたらこんな風になっていた。
池田ぁ!がなんとなく彷彿とされたけど、それは個人的。
見比べてみたら、あんまり似てなかった(えー)。

■何故にレモン?
無印にはいなかったキャラクター。
そして、関西弁を話すコテコテキャラ。
意外と見られるテンプレートでもあるけれど・・・
それをふたご姫の世界に持ってきたのはびっくり。
3話から出てきてチームを組むが、その相手がアルテッサとソフィー。
そのお陰もあってから、出番はそれなりに貰えてた運の良い娘。

■アニメのレモン?
GYUから登場の準レギュラー。
アルテッサ、ソフィーとチームを組むという意外性を発揮した人物。
故にシフォンやエリザベータと違い、主人公との絡みは間接的な場合が多い。
しかし、その個性と相まって存在感はかなりのもの。
動きやすいキャラクターだったのかもしれない。
また、長身イケメンの兄がいる。
が、兄もお笑い担当であり、見た目と違って残念な人。
そのお兄様がアニメ最終話でソフィーと踊っていたことについては、許されない事実。
却下(なにそれ?)。
実は兄と妹、意外と怪しい関係なのかも(えー)。

■妄想のレモン
基本兄とセットでツッコミ→ボケ→ツッコミを受ける
というコンボで。
そうすることで、レモン兄妹という存在が分かって貰えて便利。
本当は、主役にした物語も考えていたり。
カーラとレモンがノーチェを巡って微妙な関係になるお話。
最後はノーチェを諦めて、兄と危険な愛に覚醒するという・・・
そんな感じの。
でも、トロワエトワールの最後の方が分割されたせいで、露と消えて。
いつか外伝のようなカタチで描けたらよいのに(他力本願かい)。
前の10件 | 次の10件 ふたご姫GYUってのを振り返る ブログトップ
メッセージを送る