So-net無料ブログ作成
検索選択

PSP UMDパスポート終了に関する一考察~31日までが勝負!?~ [ゲーム]

PS VITAゲームが遅々として進まない状況でありますが・・・
どうにもこうにも気になることが。
それはPSPのUMDパスポートなるものがこの3月31日で終了するという情報。

UMDパスポートとはなんぞや?
簡単に言えば、PSPのゲーム実物を持っている場合、それを安くDLできる権利―
となるでしょうか。
PSPで専用アプリをDLして登録するのだとか。

折角PSPで持っているゲーム。
VITAのTVでできれば、大画面キャプができますし・・・
安いのであれば、やってみようと思った次第。

capt_001.jpg
それにカプコンさんが31日まで大安売りセール(一緒やん)をしている状況。
UMDパスポートを使うとさらに10分の1の値段になるとか。
39円でゲームデータDLできるんだったら、やってみないと。

で、試してみたワケで。
PSPにてUMDパスポートを登録する専用アプリをDL。
予想外に軽くて、すぐ終わりました。

次に、そのアプリを起動させてゲームのUMDをパカっと入れる。
すると・・・
そのUMDがパスポートに登録可能なタイトルか判定してくれて・・・
OKなら登録してくれます。
その間、大体30秒から1分の間でしょうか。
結構、簡単。

登録したUMD情報はPSストアのアカウントに紐づけられます。
なので、そのアカウントでログインしている状態だと・・・
UMDを登録したゲームタイトルのお値段が安い状態で表示。
といっても、モノによっては1000円以上したりします。

正直、持っているPSPのゲームに1000円以上は出せませんわ・・・
ええ、ファルコムさんのことです、UMD登録しても全部1000円以上。
ちょっと強気すぎるような・・・

500円から800円くらいが適正価格な気がします。
もちろん、個人的偏見。
なので、500円程のタイトルを見繕ってDLしてみよう・・・

ただ、MUDパスポートに対応しているタイトルはそれほど無い様子。
31日までの間、ぼちぼち探して登録して安いのをDLしていってみよう。
・・・まずはUMDを見つけ出さないと(そこから!?)。

東京ザナドゥSAKURAまつりパッケージ購入とイース8への期待?に関するうんちく [ゲーム]

この時期はどうも忙しく。
4月からはこれまた環境が変わる様子。
なんとか絵、絵は再開したいところです。

さて、そんな折、ゲームを購入。
ビーチバレーでもなんでもなく、買ってきたのはコレ。
sakura000.jpg
東京ザナドゥ
それもサクラバージョン

なんでいきなり・・・
と自問自答ですが、まぁ、春らしいということで。
お値段も安めの設定ですし、限定に弱く。

ゲーム自体は、開封することなく。
ちょろっと触って、ご都合主義全開の空気は肌に合わず。
ファルコムさんは好きなメーカーですが、最近の軌跡系には拒否反応。
なので、コレもごめんなさい。

なら、買うなよ!なのですが、お布施の意味も?込めて買いました。
個人的に楽しみにしているイース8。
それに軌跡的な雰囲気や展開を混ぜるな危険!と願ってのこと。

キャラモデルを頑張って!というのは今のファルコムに望むのは酷・・・
かもしれませんが、せめてゲームや物語は頑張って欲しいところ。
システムもそろそろいい加減、イース7からの卒業を望みたいです。
それもちょっと難しいかもしれませんが・・・
もう毎回のドギもどきとアイシャもどきは要りません(惨い)。

キーボードを触れば文句ばかりですが、それは期待の裏返し。
ということで、今回の桜ザナドゥ購入に踏み切った次第。
ゲームは未だにオーディンスフィアを頑張っている状況ですし(えー)。

ジョーシンさんで貰った栞の絵柄。
sakura001.jpg
・・・せめてヒロインさんなら喜べたのに(鬼畜)。
うぐぐ。

サモンナイト6体験版に関する一考察~キャラデザがなんかこう・・・モヤっとする?~ [ゲーム]

少し時間を得ることができたので・・・
ゲームをしっかりしてみました(絵を描けよ)。
サイトは放置、絵も文章も・・・英気を養えればきっと!

ということで、オーディンスフィア2周目をチマチマ。
アイテムいっぱいでナカナカ爽快。
でも、結構楽しみにしていたマジカルギアが配信無期限延期。
・・・えー、出すの辞めるのか。

三昧000.jpg
コイツの第3形態でどこまで薄着になるのか、気になっていたのですが・・・
ついぞアイテム集まらず、そのままテスト終了。
本番に期待を込めていただけに残念。

素材は良いのですし・・・
チョコウエハースの題材として発売してほしいところです(無茶言うな)。

ということで、他に楽しみにしていたゲームをしてみることに。
それがサモンナイト6の体験版。
三昧001.jpg
早速DLしてレッツプレイ。

アティ先生が出る以上、黙ってられず。
三昧003.jpg

でも・・・なんでしょう・・・
なんというか、移動にしても、攻撃にしてもなんかストレス
マップ画面の拡大縮小はあるものの、回転には妙な規制があったり・・・
リングコマンドが微妙に多くて、扱いにくかったり。
移動で走るのも良いのですが、なんだかなぁ、と。
三昧002.jpg

ルミナスアークインフィニティのシンプルさとユーザーフレンドリーさを体験すると-
結構、イラっとさせられること多々。
SRPG好きが作れば、こうならないのでは?
と妙に手が届かないシステムインターフェース
コレは本編でも変わらないのでしょうか・・・

あと、キャラクターモデル。
三昧005.jpg
コレまた「もやっと」した感じ。
微妙に飯塚武史氏のイラストに似てないようななんというような・・・
確かに、氏の画質は依然と変容しましたが。
でも、それとも違う何か違う妙・・・

コレだと、酷評されまくったサモン5の方がよっぽど-
三昧004.jpg
な気もします。
無限に湧く雑魚は最低でしたが(えー)。

ということで、限定版を予約して待機状態のサモン。
毎度お馴染みで、ファンをまた裏切るの?
という意見をチラホラ見かけますが、やっぱりそうなるのかも。

シナリオはそれこそ毎度ですが・・・
せめてシステムやインターフェースはもちっとなんとか頑張って欲しい所。
あとはキャラモデル?
・・・全部やん(ボソっ)。

ぐるぐる召喚マジカルギア カットイン収集の旅 その1 [ゲーム]

月曜日まで-
というマジカルギアのβをチマチマ進めています。
目的は・・・
カットイン!
マジギア006.jpg
のキャプ集めというところでしょうか(えー)。
メインである猫娘さんver3な感じのカットイン。
この人はもう1段階アリ。

にしても、ガチャ回してもロクなのがでません。
引きが弱い・・・
ので、レンタルキャラ頼みでカットイン収集に邁進中。

お色気天使さんとか・・・
マジギア020.jpg

お色気ロボ子さんとか・・・
マジギア043.jpg

仲間にできても、ココまで育てる素材がなかなか集まりません。
仕方ないので、ウチは☆2~☆3をメインにするしかなく。
それでも充実する回復係りたち。
マジギア022.jpg
ウサミミヒーラー、進化したら絶対領域完備に生まれ変わります。
マジギア025.jpg
ちびキャラにまで意地でも絶対領域を仕込むスタッフに感服。

取りあえずは悪魔子の進化を頑張ってます。
マジギア028.jpg
とりあえず2段階目までは育てました。
肌色成分一気にアップ。
でも、なかなか次の段階にするための合成素材が・・・
月曜日までに集まるかというと、たぶん無理だろうなぁ。

ゲームする目的がなんかアレでソレですが、なんとか頑張るしか(えー)。

ぐるぐる召喚マジカルギアβ版テスターに関する一考察~キャラと見た目は神羅ファンにグっときます。が、飽きやすい?~ [ゲーム]

というわけで(どいうわけ?)、マジカルギアβテスト版のプレイ開始です。
マジギア05.jpg
毎度いきなりですが。
オーディンスフィアは現在ベルベットで停滞中。
少しばかり気分転換と言った感じでしょうか。

神羅万象のイラストを意識して作られた、とのことらしきソーシャルゲーム。
ぐるぐる召喚マジカルギア。
ソシャゲは神羅フロンティア以来。

他にもまどマギなんかも触ってみましたが、あんまり肌に合わず・・・
ゲームはゲーム機で、がモットーとはいえ、偏屈なのもアレでソレ。
と言うワケで、マジカルギアをちょっぴり期待を込めてプレイ開始。

マジギア06.jpg
うん。
ぐるぐる回すのめんどくさいです(ちょ!)。
パズドラよろしく、まったりプレイしたいところですが・・・
回すのがキモなゲームにそれは惨い言いぐさ。

物語は超オーソドックスな展開。
ベタベタでツマラナイと感じる人もいるかもしれません。
マジギア07.jpg
ただ、見た目・・・ユーザーインターフェースは良い感じ。
2番煎じの良いとこどりキメラかもしれませんが、それはソレ。
世界観にマッチしていることは確かです。

キャラは神羅好きにはグっと来るものがあります。
4種族から最初のキャラを選ぶところでは・・・
マジギア08.jpg
獣人娘一択でしょう(えー)。
バランスもなかなか良いキャラクターですし。

最初の段階でガチャを回す石が25個もらえたので、ガチャ。
って・・・25個?
結構必要ですな。
石を貰えるのって、1個とか3個とかなのに?

重要なファクターであるので仕方ないかもしれませんが・・・
ガチャでキャラ増やせないとなると、離れるユーザーもいるかも。
まぁ、文句を言っても始まらないのでガチャっと回します。
マジギア03.jpg
ロボ子、出た。

う~む。
他のキャラに・・・まぁ、いいや。
ということで、獣人娘とロボ子が中心のパーティで出撃。
マジギア02.jpg
戦闘は基本、1タップ操作。
途中でゲージ貯めた攻撃時のみ回す操作。
結構シビアで本気で回さないと100%攻撃が発動せず・・・
忙しいですな。

ちびキャラのデザインは個人的にはちょっと・・・
と思うこともありますが、動きは良い感じ。
必殺技使用時のカットインもなかなか。
戦闘画面上部はパズドラライクゲームでよくある見た目。
ある意味、とっつきやすいと言えるかも。

キャラの強化や進化も画面はハデ目。
マジギア04.jpg
女性キャラは進化すると多くが肌色成分が増加。
その辺り、ユーザー心理を理解していると言えるでしょうか。
単なる色違い、最終進化時のみレイヤーでポーズ変えたイラスト・・・
とかのゲームよりは好感持てることは確かです。

ただ、ゲーム内容の方は戦闘に戦略が乏しい面も否めず。
飽きが早く来る人も多そう。
一報で、お店の強化だのなんだので「村」という要素ではやること多く。
面倒な部分があるのも初心者にとってもゲームの不安要因?

キャラはクエストをこなすことで仲間になったりもします。
クリア後の褒美として貰えることもあります。
ただ、ガチャが石25はやっぱり高いような・・・
星3つ以上確定だから致し方ない?
ガチャは他にも方法ありますけれど、やっぱりコストはかかります。

キャラは良い感じです。
いっそ、このキャラクターを用いた商品展開を行った方が良いかも?
例えば・・・
プラスチックカード付きのウエハースを発売するとかどうでしょうか。

・・・あれ??


ちょっと気になるマジカルギア [ゲーム]

ゲーム三昧でブログがほったらかしに!

・・・とかなら、アレですが。
なんとか更新するゆとりを回復。
これまたいつものこと。

オーディンスフィアはチマチマ進行中。
さらに、今更XBOX360をゲット。
エグゼリカやら最大往生やらSTGをチマチマ。
そして、時間ないのに手を伸ばそうとしているゲームが・・

ぐるぐる召喚マジカルギア
神羅万象ライクの絵によるソーシャルゲーム。
神羅フロンティア以降、ソシャゲは触っていませんでいたが・・・
コレはちと気になります。

ということで、早速ベータなんたらに応募。
当選とやらの通知はきましたが・・・
まだ遊べるのは先になるとのこと。

まぁ、今即遊べるよ!
と言われても、実際どうしようもなかったのですが。

まぁ、どれもこれもまったり進めていきたいところ。
そうして活力やらネタを仕入れて・・・
イラストやら文章も進展!にこぎ着けたいです。

オーディンスフィア レイヴスラシル amazon限定特典カスタムテーマに関する一考察~どっぷりオーディンスフィア~ [ゲーム]

ヒソカに楽しみにしていた・・・
オーディンスフィア レイヴスラシルのamazon特典が参りました。
といっても、郵送とかそんなんでなくて-
メールでコードが送らてきただけですが。

PCの壁紙さえ最初のまんまからホッタラカシ系な人間。
もちろんゲーム機のカスタムテーマとかまったく触らないクチ。
そんな人間が、カスタムテーマのためにamazonで購入。
お値段よりプライスレスを選んだ次第。

で、特典。
簡単にいうと、アイコンなんかがオーディンスフィアなどを描く―
神谷氏テイストに変更されるというカスタムテーマ。
早速インストールです。

ビフォアアフター
いつも見慣れていたPSVの画面。
odn000.jpg
それが・・・
odn001.jpg
こうなりました。
ゲームアイコンとかはそのまんまなんですな。
まぁ、当たりまえかもしれませんが。
他社が開発するアイコンでしょうし。

オーディンスフィアのカスタムテーマ。
アイコンは当然、背景も変化。
そしてその背景は複数あったり。
odn002.jpg
4ページ目くらいに登場したプーカ背景が良い感じです。

また、音楽もオーディンスフィアのモノに変化するんですな。
てっきり絵だけだと思っていただけに、少しビックリ。
カスタムテーマ、なかなかヤリますな。

さらにPSVのスリープからの再開画面。
odn003.jpg
ここまでオーディンスフィアっ!?
素晴らしくヴィータがヴァニラウェアテイストに染まりました。
ファンなら喜べる感じでしょうか。

再販が無い、とアナウンスされているオーディンスフィアのカスタムテーマ。
レアリティがあるから・・・
だけでなく、どっぷり雰囲気に浸かる上では非常に有用な様子。
amazon特典付きは値が張りますが・・・
ファンとしては、お値段それ相応と言ったところでしょうか?

・・・しかし、コレ、いつまでこのままで行くべきか(えー)。

オーディンスフィア レイヴスラシルのAmazon.co.jp限定 PSVITAテーマに関する一考察~すぐ貰えない・・・~ [ゲーム]

少し更新が開きました・・・毎度のことですが。
年始のお休み終わると平常運転。
トホホ状態です。

そんな折、到着しましたオーディンスフィア。
おでん000.jpg
PS2でやり込んだゲーム
ACT系RPGの最高峰であろうと個人的に思っている作品。
そして、シンクロニシティ・システムの極地に至れた数少ない作品。

今回、このゲームを頼んだのは・・・amazonさん。
何時もはジョーシンさんで頼むのですが。
この作品だけは悩んだ末にこの選択。

理由は?
それは特典に尽きます。
amazon特典はPSV版だとオーディンスフィアのカスタムテーマ。
そう、画面全体やアイコンが神谷氏のイラストテイストになるという。
・・・コレは買わねば!

というワケで購入したのですが。
・・・はて?どこを見ても特典をDLするコードらしきものはなく??
あれれ?
もしかして、なんか失くしたりしかのかしらん!?

と、少し錯乱状態になりましたが、とりあえずググることに。
すると、amazonページにありました。

Amazon.co.jp限定】PSVITAテーマ」は
2015年1月22日~2015年1月23日にEメールで送信します。
2015年1月15日以降のご注文には特典は付属いたしませんので、予めご了承ください。
・・・だそうな。

・・・買ってすぐ貰えないんですか、テーマ。
トホホ。
もちっと解りやすく書いておいておくれ。

まぁ、来週末には貰えるらしいので、じっと待ってみるしか。

ルミナスアークインフィニティのプレイ日記 その2  [ゲーム]

発売からそれなりになってますが、未だにルミナスアークインフィニティ。
プレイ継続中です。
結構ボリュームありますな、コレ。

巷では「サモン5よりサモンしてる!」
なんて評価もあったルミナスアークインフィニティ。
見た目完全ギャルゲー化に吹っ切ることで、色々新しい取り組みに挑戦。
成功した感じも失敗した感じも両方ありますが、楽しめるゲームです。

個人的に、良い、悪いポイントを挙げてみたいかと。


ルミナスアークインフィニティの良いところ、3つ。

その1 ポリゴンキャラクター
ルミナスアークb02.jpg
ルミナスアークインフィニティに厳しい評価を下す人々でも・・・
ことキャラモデルについては、皆褒めている。
否、悪いところを見いだせない・・・と言える程、高品質。

動き、表情、どれをとってもハイクオリティで、キャライラストを見事に再現。
ゲームすると良く見るコンテンツだけに、この出来栄えはお見事としか。

その2 テキスト
ルミナスアーク012.jpg
敢えてセリフでなくてテキスト。
たまに小説ももどきを書く身として読んで見ても、テキスト回しは秀逸。
キャラクターのらしさを実にうまく表現できている、気がします。
説明調にならず、絡め手で各キャラクターをイキイキと描ける文章力。
お見事。

その3 戦闘が超イージー
コレは戦闘難易度選べるからですが。
もちろん、逆に戦闘が簡単すぎる!という評価にもあります。
が、前述の通り難易度はいつでも選択可能。
キャラゲーである以上、ストレスなく遊べるのが一番。

サモン3なんかのように・・・
敵が遠距離から魔法ぶっぱ→こちらの攻撃届かない範囲に逃げる
を繰り返されて、時間ばかりかかる消耗戦などはストレスマッハでMAX。
それを考えると、イージーの難易度は英断であるかと思います。
歯ごたえあるSRPGがしたい場合は・・・
ベルウィックサーガでしょうか(アレはマゾ)。

ただ、メイン敵の少なさはデメリット。
ルミナスアーク008.jpg
存在感はそれなりでも、もちっと敵陣容も充実の余地ありでしょうか。


では、悪いところ、3つ。

その1 キャラ性能の個性
性格でなくて性質。
特に、ユニットとしてキャラを見た場合、全員移動距離3というのは・・・
シンプル!と評する人もいましょうが、やっぱり区別化は必要な気も。
また、スキルも結構キャラが重なるのも見方によれば、個性埋没化かも。

見た目や性格などで明確にキャラの区別を確立しているだけに勿体ない。
ルミナスアーク010.jpg

その2 声
セリフ全てに声がついていません。
なので、最初の良い点に挙げたテキストという表現になったワケで。
幾つかのセリフには声がちゃんと当てられているのですが・・・
必ずしも重要な会話でないセリフに当てられてたり。
ルミナスアーク006.jpg
そうかと思うと、シリアスな所がテキストのみだったり。
・・・ココは次回作でなんとかするポイントでしょうか。
コスト的な問題で今回辛かったのであれば、次回作は改善できそう(えー)。

その3 処理
ルミナスアーク001.jpg
処理です。
必殺技のポイントなどを貯めるコーリング(キャラに歌を歌わせるコマンド)・・・
その演出はなかなか凄いエフェクト処理をつかっているのですが—
その分、重いです。
また、多くのキャラ行動のアニメなんかをスキップできるのに、コーリングは不可。
エフェクトを見せたいためか、その処理の重さから飛ばせないのか。
どちらにせよ、ココは大勢が不満にあげているポイントの1つな気もします。
また、会話シーンでの画面の切り替わり処理。
ルミナスアーク000.jpg
コレまた、妙に重くて話の腰を折られるように感じるシーンもありました。
このあたりの「処理」のところは、次回作がれば是非改善を。

未だクリアに至ってませんが、なかなか楽しめているルミナスアークインフィニティ。
それなりに売れたとも聞きます。
是非、次回作にも期待したいところですが・・・さて。

十三機兵防衛圏の情報公開に関する一考察~あらゆるジャンルを網羅する??~ [ゲーム]

うひぃ、という感じで時間を束縛されていました。
なかなか厳しい現状が打破できません・・・

そんな折、清涼剤のような情報が。
「十三機兵防衛圏」公式サイト
http://atlus-vanillaware.jp/13/

前々からヴァニラウェア関係でチラチラ公開されていたイラスト
てっきり神谷氏が趣味で描かれた絵だと思っておりましたが・・・
ゲームの原案だったとは。

王道ファンタジー、和風と来て、遂にロボット現代劇に到達とは。
恐れ入ります。
そして楽しみです。
オーディンスフィアしながら楽しみ待ちたいかと。
メッセージを送る