So-net無料ブログ作成
視聴日記『大怪獣バトル』 ブログトップ

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」に見られる変化に関する一考察 [視聴日記『大怪獣バトル』]

12月に期待する映画といえば・・・

コレですか。
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説。

今まで描かれてきたウルトラの星といえば、
こう、なんというか・・・ちゃちぃモノばかりでした。
仕方ないのです。
技術的に。

CG全盛になってからのウルトラマンは、
ウルトラの星との関連性が低いモノでした。
やっとウルトラの星関係者としてメビウスが出てきましたが、
故郷のことは話で出ても、描かれることはありませんでした。

それが今、CGの圧倒的技術で描かれます。
・・・描かれるのは良いのですが・・・

着ぐるみに固執していた円谷プロも、
今やガンガンCGです。
時代の流れとして、そりゃそうでしょう・・・と思いつつも、
チト寂しいものも感じたりします。

気がつけば、どことなくスターウォーズを感じさせる印象であったり、
ハリウッド映画に見られるような動きであったり・・・

とはいえ、本編をみれば印象も変わろうというものです。
時代の流れ・・・
CG主体・・・
アクションの変化・・・
これらがどのような形で昇華され、新しいウルトラマンを形作るのか。
いちファンとして、映画を楽しみにしております。

ネットをふら~と見ると、
仮面ライダーより期待大!との意見をよく見かけますが・・・
ライダーの映画は大丈夫でしょうか??
一抹の不安がよぎります。

決戦~ゴモラvs2大最強怪獣~ [視聴日記『大怪獣バトル』]

so-net blog が新しくなるってことで、
3日間ほどメンテナンス。
新しくなったので、イメチェンしよう!と思ったけれど、
やはり今までのデザインが一番しっくりする気がしたので、
横とかのマイナーチェンジに留める・・

そうこうしているうちに終わってしまっていた「大怪獣バトル」。
最終話は超アツイ展開!・・・か?

復習。
コピー ~ 1203760932729.jpg
ウルトラマンの谷で対峙する主人公とライバルさん。
実は姉と弟であることが示され、
ヒートアップする姉弟喧嘩!
ついに最終バトルの幕が気って落とされる。
てとこが今週の初め。

ペンドラゴンでは帰ってこないレイを、
コピー ~ 1203761096815.jpg
俺が連れて帰る!
戻ってこなくても出発しろ!
・・・コニたん、ほんまに理想の上司。

行け!ゼットン!
行け!ゴモラ!
・・・勝負になりませんがな。
コピー ~ 1203761027707.jpg
って、ええ!?
ゴモラ強ェエ!!
益々レベルUPしているようです。
と思っていたのもつかの間。

コピー ~ 1203761136758.jpg
ゼットンシャッター。
全ての攻撃が効きません。
その上・・・
コピー ~ 1203761188645.jpg
ビビビ。
流石のゴモラもノックダウン。

コピー ~ 1203761175181.jpg
グハァ!!
なに??どうしたの??
ゴモラと一緒に吹っ飛ぶ主人公。

コピー ~ 1203761248477.jpg
ドーン!!
いや、それはいい。
なんでも姉さんの言うことには、
「怪獣使いは、怪獣の痛みと連動している。」
「敗北=死を意味する!」
とのこと。
それがレイブラット星人の後継者を決めるバトルのルールッ!!
・・・あのーそれ何てガンダムファイトですか、姉さん?
既にレイはノックアウト。

そこへ脈絡なくキングジョー襲来!
コピー ~ 1203761383732.jpg
「くそっ!ペダン星人の狂った破壊兵器が!」
え・・・キングジョーって暴走中なのですか??
いきなり始まるキングジョーvsゼットン。
一進一退の熱い攻防。

コピー ~ 1203761552033.jpg
カっ!
レイモン急に覚醒!
・・・いきなりですな、オイ。
コピー ~ 1203761611014.jpg
姉さん大喜びの図。

そしたらゴモラも覚醒!
コピー ~ 1203761602904.jpg
・・・三体合体とかないのですか?
期待していたのに・・・ちぇ。

EXゴモラ登場ににわかにタッグ結成の最強怪獣2匹。
コピー ~ 1203761621724.jpg
ところが・・・
ゴモラ強すぎ!!
突進中は攻撃にひるまない、とかそんなレベルじゃねぇ。
何されても蚊ほどにも効いてねぇ。
その上、尻尾!!
コピー ~ 1203761686116.jpg
く、串刺しだー。
超振動波も、なに、コレ?波動砲??
コピー ~ 1203761689575.jpg
全身ビーム。
コピー ~ 1203761723938.jpg
ゼットン爆散。

コピー ~ 1203761745440.jpg
変身後の主人公。
覚醒して、最初にしたことは・・・
コピー ~ 1203761765982.jpg
ウルトラマンの救出。
人助け。
いい宇宙人です。

バトルは終わりました。
そこへ満身創痍の姉さんが・・・
コピー ~ 1203761986731.jpg
レイブラット星人は自分の後継者を最後まで勝ち残った者に定める。
「必ず最後まで勝ち残るのよ、私の弟・・・」
姉さん、最初からかませ犬になる為に・・・・なんて弟想いの人。

コピー ~ 1203762065069.jpg
オレは行けない、オレは人間ではない。
「オマエは自分ひとりで戦っていると思っていたのか!」
「ボス・・・」
コニたん、ほんと理想の(略)

惑星をついに脱出です。
コピー ~ 1203762172121.jpg
オレもつれてケー!
まだ生きてたのか、キングジョー。
もう一回ゴモラで・・・
コピー ~ 1203762193158.jpg
て、ウルトラマン!!
キングジョーの腕を切断するのに、八つ裂き光輪チョップ!!
脱出は成功。
そして、惑星は光に包まれました。

コピー ~ 1203762268517.jpg
よし!地球にかえるぞっ!
オー!!
ということで、終了。
来週からは1話から再放送だそうです。

視聴を終えて思うこと、それは・・・
素直に地上波で流せ。
本当に良く出来てる。
正直言って燃えた。
これを早くにやっていたら円谷も潰れなかったはずだ(過剰?)。
どう考えても2期をするしかない。
とりあえず、再放送後に2期が放送されることを楽しみに待つしか!!
nice!(0)  コメント(0) 

レイモンvs姉さま-大怪獣バトル- [視聴日記『大怪獣バトル』]

いよいよラストも眼前に迫り盛り上がりまくりの大怪獣バトル。
前回はゼットンとの対戦を前に続いていたので、
テンションも高まります。


ふふん。どう?私の今度のペットは?
・・・って、ゼットンがペットかよ!?
最強すぎます、ライバルさん。

そのゼットン。
キングジョーも裸足で逃げ出す強すぎ設定。

やたら蹴りが鋭くて吹いた。
その上むっちゃ機敏。
なんだ、この宇宙恐竜は!?
リトラなんて片手ではたき飛ばされます。

・・・・哀れ(涙)。

背後からの攻撃もゼットンシャッター(マックス風な名称)で遮断。
防御も攻撃も死角なし。

そんなゼットンに対してエレキングが・・・

飛び道具!
エレキング!正面向いているゼットンに飛び道具撃っちゃダメー!!

当然、例の「ウルトラマンを葬った技」が来ます。
その上、最後は火球のおまけ付き。
エレキングリタイア。

残ったゴモラとリドラで猛攻!
体力の限界ま出し切るものの・・・

ゼェット~ン(ゼットンの声)。
怪獣博士は「相打ちか・・・」とか言いますが、
全然相打ちでもなんでもなく、敗北。
これで2度目。

しかしライバルさんは、

パチパチパチ。
今の一撃はナカナカだったぞ。
・・・余裕だな。
そのままレイは気絶してしまいます。

夢の中。

ウホっ!
とかでなくて、ここで遂にレイの正体が明かされます。
怪獣と戦い怪獣を倒して強くなるレイブラッド星人が正体だそうです。

・・・そのハーフになるのか?レイは。
良くわからんですが、
レイブラッド星人の強さは、ヤプールもヒッポリトもビビる程だとか。
それってエンペラー星人と同等ってことですか?
全知全能とか言ってるし・・・
とはいえ、まだレイは覚醒していないのだそうで。

そんなレイが気を失っている間に、ボスのもとへ救助隊から通信が。
ついに惑星脱出の道が開けた!
・・・と思ったのもつかの間。

スィ~と彼がやって来て・・・

ドガーン。
うあー、いらんことするなー!!
・・・一気に覚めるクルー達。
そこへ新しい通信が。
「今の救助隊全滅のことか?」
「違います、人口太陽が爆発するんです!」

いきなりです。
次から次へと問題が噴出。
明後日までに脱出しないと、惑星は炎に包まれてしまいます!
えらいこっちゃ!!

現時点での問題
・宇宙船が飛ばない
・救助部隊は全滅
・明後日までに脱出しないと火ダルマ
・ウルトラマンの結界ももうもたない
かなりヤバイ状況みたいです。


クルー達が不眠不休で宇宙船を復旧する作業を続ける中、

ふたりっきりでデート(ウソ)。
レイは遂にライバルさん・・・ケイトとの決着をつける覚悟を決めます。
人間達のため。


ウルトラマンの谷で対峙する2人。
良く来たな、我が弟よ!
・・・お姉さんですか!?
怪獣を使った姉弟ゲンカが今始まる・・・!

しかしレイの本当の名前、レイモンってポケモンみたいなノリかな?
と思っていたけど、イントネーションが違うのね。
普通に名前みたいに発音するんだ・・・ウ~ム。


nice!(1)  コメント(1) 

いきなりゼットン [視聴日記『大怪獣バトル』]

全13話だという事実を知って悲しんでいたりする、
大怪獣バトルの11話。

兄ちゃんと遭遇し、生き残り50名ほどをゲット。
また、その島では主人公の記憶のキーパーソンとなる少女との出会い。

でも、あんまり役立ちませんでした。
上手な子役なのに・・・

さて、お話の方は、
今まで不思議と怪獣がこなかった島へ遂に怪獣が来てしまい急転直下。
上陸してきたのが・・・

怪獣です!
違う、アレは超獣です!!
・・・芸が細かいな。
そう、超獣が乗り込んできました。
ベロクロン。
ということで、行けっ!ゴモラ!!


ガツン。
ゴモラも最近慣れてきたのか、出始めに必ず一撃を入れるように。
レベル上がってるんねぇ。
しかしベロクロン、デカイ。

そんなベロクロンとの戦いも優勢となりつつあった時・・・

横からドカン。


馬鹿な!怪獣が2匹も!
超獣です!
一気に形勢が逆転。
すかさず、行け!エレキング!!

これで2対2の乱戦開始。

ベロクロンにトドメを刺すゴモラ。
超振動波。
ドラゴリーのトドメを刺すエレキング。

超電撃?
結構、技豊富にもってるなエレキング。
さすが水中の王者。
戦闘終わって、2匹で喜びのポーズ。

ステキなタッグの誕生。

戦闘後、主人公レイを呼ぶなぞの巨人の下へ。


そこで衝撃的な事実が!

・この島に怪獣が来なかった理由
⇒ウルトラマンが命削って結界をはっていた
・ウルトラマンが主人公を呼ぶ理由
⇒俺の命もたないから、早く50人つれてこの星脱出しろ、マジで。
・なぜレイなのか
⇒疲れたからもう喋らない
・・・肝心なところが秘密です。
しっかしウルトラマン、いい人すぎ。

そんな時に登場するライバルさん。

おもむろに出してきた怪獣が・・・

いきなりかいっ!

一兆度の火球という、
吐いたら、核融合とかプラズマ化とか、
いろんなことを心配してしまう最強怪獣のゼットン。

迎え撃つ主人公も、流石に最初から本気を出す必要を感じたのか、
3対1のバトルで。

ヤル気満々の3匹。
対して、冷静にたたずむゼットン。
その構図が、妙に期待を高めてくれます。
どうなるのか?
3匹が合体してEXゴモラ?
レイモンって?
黒金城は?
謎がつきません。
ほんと、地上波でしないのが勿体なさすぎる良作!

・・・再放送は是非地上波で~。


nice!(0)  コメント(0) 

みんな待ってた熱い展開!!~大怪獣バトル~ [視聴日記『大怪獣バトル』]

合成万歳。

大怪獣バトル第10話。
やっと着ましたウルトラ島(そんな名前ではありません)。

そこで遂にヒロインの兄と再会。

ツンデレヒロイン、デレ期到来と共に、
別人のように可愛くなって・・・
主人公ドキドキです。

お兄さん、絶対悪の手先だとか、
宇宙人の変装だとか、
そんな風に思っていた時期が私にもありました。

でも・・・
タダの普通の生存者みたいです。今のところ。
そのお兄さんの提案で、宇宙船を修理する為の資材を入手するため、
破棄された基地へ。

しかし、そこは怪獣どもの巣でした。

いきなり謎の攻撃に襲われるペンドラゴン。

攻撃の正体はノーバ。

まさに宇宙てるてる坊主。
・・・出身地はブラックスターなのね、やっぱり。ビビンと同じ(ボソリ)

ノーバだけでなく、一気に3体登場。

全部メビウス怪獣とかのリサイクルと言うのは秘密。
よし、3対3の怪獣決戦の始まりやね!燃えるッ!!
「行け、ゴモラ!」
・・・え?

ノーバの攻撃
しかしゴモラは身をかわした

というか、ゴモラ強すぎ。
ノーバの攻撃なんぞカスリもせず、超振動波で瞬殺。
その上2対1でも相手を圧倒。

強すぎだぜ・・・

ところがまたも登場、黒金城。

ルナチクスたち2匹を一瞬で葬り去ると空中で合体。
そして、侵略ロボットへ変形。

ちょ!いくらなんでも硬すぎる。
でも、遅すぎるけど。

実際、あれほど強かったゴモラの攻撃はまったく効きません。
歯が立ちません。
ゴモラがボコボコに・・・

右手のカノンが火を噴きます。
あまりの強さに、ライバルさんも呆れ気味・・・

あまりの強さに、3対1の勝負を挑みます。

エレキングの電気は流石にロボットだけに効果あり。
しかし、それも一瞬。
すぐさま反撃され、ゴモラ、リドラ、エレキングの同時攻撃さえも、
大したダメージにならず、蜂の巣にされてしまう始末。

ゆっくり崩れ落ちるゴモラ、エレキング、
撃墜されるリドラ・・・
強すぎのブラックキングジョー。
「レイを援護するっ!」
とのペンドラゴンからの全兵装攻撃!!


それさえも耐え切るキングジョー。
やばいくらいの強さ、そして主人公の初の敗北。
燃えます、この展開!!

なんとかキングジョーの戦闘領域から脱した一行。
主人公は次こそは!と心に誓うのでした・・・
て、この展開です、この展開。
王道です。
敗北後の勝利。
昔はバカみたいに溢れていたこの展開が、
今ではほとんど見なくなりました。
でも、みんなこんな展開をまっていたの!(・・・たぶん)

え、次はゼットン!?

なんか益々展開が読めません。
・・・すごく面白いんですが、コレ。
毎度の事ながら(汗)


nice!(0)  コメント(0) 

王者の風格~大怪獣バトル~ [視聴日記『大怪獣バトル』]

前回見たのに書けずじまいだった大怪獣バトル。
とりあえず前回は・・・

ゴモラVSエレキングの燃える展開。
とりあえず王者ステキです。エレキング。
ゴモラに負けて仲間になりました。

そして今回。
いつも通り冒頭は怪獣プロレス。
とソコへ・・・

怪しいけど、どうみてもキングジョー。
プロレスしていた怪獣の片割れを瞬殺。

うお!何しやがるテメー!

と言った感じの残りもう一方もキャノンの一撃。
強い・・・
それ以前に、
プロレスしていた2匹がどの作品の怪獣かワカリマセンでした(涙)。

そんなボス設定のキングジョーブラックの様子をみるライバルさん。

・・・なぜ、ケツからの煽りで出てくるのか(汗)。
大きなお兄さん、お父さんは大喜びです。
「ペダン星人め・・・」
と意味深なお言葉を残すだけで、今回は暴れません。
それよりも、他の宇宙人もこの惑星に来ているみたいです。
・・・戦力の充実?試作兵器の実験?

と、そこへ主人公達の飛行機が。
当然の如く襲われます。
問答無用で攻撃を喰い海の中へ。

ダメージのおかげで、浮上する為の出力が確保できません。
そして、酸素供給システムもダウン。
周りを良く見てみると、アリゲラが大量に・・・

って、エイだ。エイ。
アリゲラは好きでした。
メビウス登場で新しい上にCGばっかりの怪獣ですが、
音速で飛ぶ感じがとても上手に表現されていて。

アリゲラは目が見えないということで、
超音波で追い払います。
システムもエンジニアの人が「魔法使い」と称される程の
メカニック技術で刻々と回復させてしまいます。

「頼りになる部下ばかりで泣けてくるぜ!」
なかなかカッコいいセリフ・・・こにタン(愛称?)。

この作品。
主人公レイを覗くと、
ボス。こにタン。
操縦士で副長でツンデレのお姉さん。生き別れの兄あり。
メカニック。魔法使い。感じのよいアニキ。
怪獣マニア。生物学博士号取得。
とたった5人。
しかし、やたら濃い上にキャラクターが立っている。
無駄がまったく無い。
人的配置はほんとに良く出来ていると思います。

ピンチに続いてまたピンチ。
「なにあれ・・・」

今度は、向こうからゾアムルチがスキップ(に見えた)してくる!
アリゲラの時は止められたが、今度はレイが出撃するしか。
・・・っていっても、出るのは怪獣だけど。
「レイ、ゴモラじゃ水中戦は・・・」
「だれがゴモラって言った!?」

いきなり王者です。
王者は海も平気みたい。


痺れるほどに抱擁とか。
ゾアムルチもなかなか強いですが、
ヒーローとなったエレキングはもっと強かった。
ゴモラのトドメ技は超振動波。
エレキングは・・・

尻尾で敵を縛った上での超電流。
背中を敵に見せ寡黙に爆殺させるそのオトコっぷりに惚れた・・・

ピンチは脱したものの、システムは回復してない。
それどころか、さっきの戦闘の余波で余計にダメージが。
「エレキングをもう一回だしてくれ!」
「解かった!」

出てきたら小さかった・・・

一家に一匹いたら、災害時にとても重宝しそうなのだが・・・


「小さなエレキングを出して、必要な電力だけを得るか・・・やるな!」
「え・・・いや・・・うん」
・・・どうやら狙ってやったわけではない様子です、主人公。
ダイレクトに主人公の気持ちとかが伝わるのかな?
怪獣がいるあの機械は・・・

で、次は黒金城が合体して暴れるみたいです。
他にも沢山怪獣が出るみたいですが・・・

しっかし、ほんとコレはBSでやるの勿体無い・・・
地上波で流せば、確実にもっと人気でます。
良く出来てます。
カードも良く売れるでしょうに・・・・う~ん。


nice!(0)  コメント(0) 
視聴日記『大怪獣バトル』 ブログトップ
メッセージを送る