So-net無料ブログ作成

ゼノブレイドクロス アート オブ ミラ に関する一考察~絵の量は合格。しかし、知りたい設定や文字情報となると・・・~ [購入記]

クリスマス!
・・・て食べ物ですか?
的なネタはさて置き。
今日は何の日?
そりゃ当然・・・
ゼノブレイドクロス設定資料集の発売日(えー!?)。
XX012.jpg
ゼノブレイドクロスアートオブミラ。
楽しみにしていたので買ってきました。

1件目の本屋、予約完売。
2件目、ラスト1冊。
みんな好きすぎです・・・

アートオブ・・・とある通り、イラストメインの様子。
しかし、惑星ミラの秘密に迫れる!
とネットでは期待が高まっていたこともあり、興味津々。

なので早速に読み進めます。
XX011.jpg
確かにアートは充実。
見たことあるようなないようなイラスト多数。

キャラクターイラストも田中氏の線画がバッチリ終了。
ファンとしては嬉しい限り。
エルマさんの設定画を見ると・・・
XX010.jpg
幾つかの案では、前作のフィオルンやメイナス様のような見た目。
紆余曲折があったんですな。

私服姿のデザインなども。
XX009.jpg
エルマさんの下着デザイン。
ゲーム中ではカット(えー)。
何となくゼノサーガEP3を彷彿とさせる絵図らです。

ただ、デザインがやたら充実しているのはエルマさんのみ。
我らが突撃隊長リンさんの場合・・・
XX008.jpg
田中氏の原画が見られるのはグッドですが・・・
それ以上のデザイン画は無いのが寂しい感じ。
私服とか初期デザインとかは?

一方でセリカさんは妙に充実。
XX007.jpg
どうしてだ?
クリュー人という種族なんですな、セリカさん。
本編でも語られてたような語られてなかったような・・・

もちろん、ギャルだけでなく渋いオジ様も。
XX006.jpg
グっときますな(何が)。

やたら細かい惑星ミラの原生生物の生態。
食性や縄張り、生殖に関すること等々・・・
いや、まぁ、設定資料集と考えると充実のポイントなのでしょう。

そして、装備関係。
XX004.jpg
武器、防具。
その設定画や没案なども含めたイラストを紹介。
・・・詳細の情報は無し。
あんなにモンスター関係の情報はタップリなのに??

武装に関する情報は・・・なし?
イラスト十分、されど必要とする情報なし。
コレだけではなんとも微妙のような。
お値段が3000円すると考えると、尻込みしてしまう人も?

さて、期待していた文字情報が無いとすると・・・
巻末の小説や何やらお楽しみ情報的なものに期待です。
しかし、小説の方はなんかイマイチな感じでした。
となると、巻末近くのシークレットな情報??

XX003.jpg
巻末近くに掲載されている「主人公」と銘打たれた線画。
その他「サクラバ」という苗字の女性。

更に、主人公たち専用の戦艦のデザイン画?
XX002.jpg

最後はニュートーキョーにアキハバラ・・・らしき所。
XX000.jpg

どうにもこうにも、コレらは続編の情報—
と捉えている人もいるようです。
単なる没設定画?
はたまた次回作のイメージボードやキャラクター原案??

真相はいまだ闇の中ですが。

これらの情報の中には謎のまま放置されている、ニールネールについても。
セリカさんと同じく、クリュー人だとか。
XX001.jpg
そしてまた、設定資料集にも「クリュー」の文字をチラチラ見ます。
次回があれば、クリュー星系なんんかの存在感が増すのか??

とりあえず、イラストや設定画がメインの人は画集として購入すると吉。
ファンであれば、お布施的に購入すると吉?
なにはともあれ、文字情報が少量なのが気になりました。

結局ミラの秘密、古代文明、ルグザールの言う「あの方」・・・
そん他諸々は一切何もわからず。
この辺は正直、期待外れでした。

ただ、巻末近くの20ページ程の未確認情報を見ると-
確かに次回作の情報のようにも見てとれます。

WiiUで出るのか、それとも任天堂の次のハード出るのか。
その辺り、分かりませんが、出るのであれば楽しみなのが本音。
今回のリソースもありますし、改良して発売して欲しいですが・・・
さて、どうでしょう??

ドラゴンボールディスクロスに関する一考察~コレクション性は妖怪メダルに軍配?~ [購入記]

とても綺麗な満月。
匆々白兎も永久別離に茫然朧、唯々往代想いて涙溢れる。
ありがとう。

さて、いつも通りふと食玩棚を覗くと珍しいものが。
DBメダル008.jpg
ドラゴンボールディスクロスガム。
なんか一時期大人気だった・・・ような気がするモノの食玩版。
ちょっと出すタイミングを逃したのかも(えー)。

第2の妖怪メダルを目指して投入された感のあるディスクロス。
それなりに人気があるようなないような・・・

とりあえず開封して確認です。
DBメダル007.jpg

内容物。
DBメダル006.jpg
ガムとディスクロス。
妖怪メダル食玩と違って厚紙で緩衝もバッチリ。
って、そんなに傷つく商品でもない気もしますが。

ディスクロスはこんな感じ。
DBメダル005.jpg
2個ほどかったらカカロットとビルスさん。
って、映画も何も見てないのでこの猫魔人が何者かイマイチ解らんです(おい)。

サイズ的にも重さ的にも裏面的にも妖怪メダルと同じ。
DBメダル004.jpg
ただ、単なる円形でなく特徴的な形をしているところが相違点でしょうか。

妖怪メダルと違って、圧倒的なキャラクター数によるコレクション性・・・
というものは無い感じのするディスクロス。
となると、ゲームや連動アイテムが重要なワケで。
今後も色々と充実していくようです。

ただ・・・
この食玩の売れ行きはイマイチな感じが。
やはりもうディスクロスは人気ない?
知名度もイマイチな気もしますし・・・第2弾の発売はない・・・か??
はてさて。

妖怪メダルバスターズラムネに関する一考察~イメチェン~ [購入記]

夏の暑さ全開でもナカナカ時間が取れない現状。
もう慣れましたが・・・Web触れないのは辛い。

そんな辛さを癒すべくスーパーのお菓子売り場へ。
そこで見かけたので何となく購入。
何かと言うと-
br003.jpg
妖怪メダルバスターズラムネ。
今までのメダルとはちょっと違う感じなのでしょうか。

最近絵に着手できず、ひたすら食玩ブログと化しています。
そろそろ何とかしたいところ・・・

さて、それはそうと妖怪ウオッチも新展開となっているようで・・・
ゲームの方は絶賛でバスターズを推している感じ。
まぁ、あんまりそこら辺は詳しくないですが(えー)。

メダル人気も一段落ということで、テコ入れの必要もあるのでしょう。
早速開封してみると・・・
br002.jpg
今回のメダルはちと雰囲気が違う様子。


前弾?の妖怪メダルラムネと比べてみると・・・
br001.jpg
メダルデザインは当然として、袋のカタチと大きさが違うことに気が付きます。
コンパクトに、そして、無駄なく。
今までの大きくて邪魔過ぎた感も。
なので、この点における今回の変更は良い感じでしょうか。

また、メダルのデザインも見やすくなった印象も。
br000.jpg
名前がなんとなくダイナミックに表示。
バスターズのメダルということでの差別化?
それとも妖怪ウォッチU専用だから?
黒ベースのラメ素材が、コレまでのメダルとの差異を際立たせている気も。

ナカナカに頑張る妖怪メダルの商品展開。
果たしてどこまで粘れるか。
最近の子供たちはドラゴンボールに取られている感もありますが・・・
ううむ。


ジョジョの奇妙なミニフィギュア2に関する一考察~スタンド感がタマらないッ!!~ [購入記]

今、妙に厚いジョジョ食玩を買ってきました。
正確には買っていてやっと開けました、というところ。
jojo2000.jpg
第2弾。
第3部のエジプト編を中心にキャラがラインナップされている一品。

鬼太郎ケシ、キンケシ、そしてコレと妙にケシづいている気がします。
前回はアナザーカラーしか出ませんでしたが、今回はどうか?
とりあえず開封。
jojo2009.jpg
む、ノーマルカラーな感じ!?

でも、もう1箱開けてみると・・・
jojo2007.jpg
やっぱりアナザーかい!
アナザーの方が出やすいのだろうか(そんなことはない)。

で、今回ゲットできたのは承太郎セットとディオセット。
まずはアナザーカラーなディオセットから。

jojo2006.jpg
ダービーさん。
顔の模様まで見事に再現してたりで、なかなかのクオリティ。

あとは椅子でしょうか。
jojo2005.jpg
別パーツの椅子がなかなか秀逸。
靴、しっかり磨いてくれよな的な(えー)。

そしてディオとザワールド。
jojo2004.jpg
ワールドのスタンド感がかなり良い感じ。
アバウトに置いても自立する秀逸さ。
フン、同じタイプのスタンドかっ!

というわけで、承太郎セット。
jojo2003.jpg
見様によってはスタープラチナが承太郎の頭にオラオラな感じですが(おい)。
なんとも変わったポーズの主人公。
座っているのでしょうか・・・

なら、椅子が合うんじゃないか?
と思って座らせてみると・・・
jojo2002.jpg
グッドっ!
靴磨きを頼む的な(またか)。

承太郎セットの残りはアンと女帝のスタンド。
jojo2001.jpg
って、なんでこんなセットに・・・?
ミドラーで良かったのにと思ったら、ミドラーは原作とアニメには姿が未登場。
ゲームでのみでしたな。

アニメも終わり、シリーズはコレで終了?
出てないスタンドも多いので、なんとか頑張って欲しいとも思いますが・・・
ちと難しいか。ムムム。

サークルKサンクス限定キンケシに関する一考察~悪魔超人そろい踏み・・・じゃない~ [購入記]

実は最近までこんなものが売っていたんですね。
サークルKサンクスで。
キンケシ000.jpg
懐かしのキンケシ。

最近の月曜日の楽しみと言えば・・・そう、キン肉マンです(意味不明)。
実はWebコミックとしてキン肉マンが連載していたりします。
キン肉マンって・・・2世ってやつ?
いいえ、そのまんまのキン肉マン。

王位争奪戦のその後をゆでたまご先生自身が再度連載しているのが現在。
完璧超人が再び世を乱すべく襲ってきて・・・
そして戦いが始まってしまった、という物語展開。
迎え撃つはキン肉マン率いる正義超人・・・でなく、悪魔超人!?

そう、現在連載中のキン肉マンは悪魔超人が主役(えー)。
実際、キン肉マンがちっとも登場しない、なんて回もちらほら。
悪魔超人と敵である完璧超人の戦いが普通に描かれてたりします。

その中でも、中心となるのは悪魔将軍。
実は悪魔将軍ことゴールドマンは完璧超人だった・・・
という後付設定を中心に物語は進展中。

完璧超人でも、もっとも神に近い選ばれた10人の完璧始祖と呼ばれる存在。
太古の時代、神をやめた最初の超人に見初められた存在。
悪魔将軍もその一人で・・・

というようなお話が絶賛連載中。
そんなこんなで、そうなると集めたくなります。
キンケシ。
悪魔超人だけ(オイ)。

なので今回悪魔超人だけをチョイスしてみました。
早速開封していきます。

キンケシ006.jpg
悪魔将軍とアシュラマンセット。
今回のサークルKサンクスのキンケシは2個セットが基本。
そのチョイスは・・・なんか微妙なコンビもあったりします。

アシュラマンと言えばサンシャインでしょうに。
でも、そうなると悪魔将軍のパートナーがいなくなる?
にしても、悪魔将軍なんか貧弱な感じが・・・
キンケシは詳しくないですが、昔からこんな感じだったんかしらん??

他のセット。
キンケシ003.jpg
サンシャインとニンジャ。
この二人もそれなりに縁はあるようで。
ただ、悪魔六騎士と呼ばれる人たちはコレで打ち止め。
・・・スニゲーターが本命なのにっ!(えー)

バッファローマンとミート。
キンケシ004.jpg
コレは納得のセットでしょうか。
今じゃバッファローマン主人公みたいになってますし。
神に近い力を持つ完璧始祖を倒す金星あげたりしてます、漫画で。

もう1つ納得のセット。
キンケシ005.jpg
ブラックホールとペンタゴン。
いとこ同士という設定だとか。
現在連載中の漫画では、ブラックホールが恐ろしい程カッコ良く描かれてます。
2戦2勝の負けなしですし(実話)。
大活躍。
しかし、七人の悪魔超人もこの2人で終了。
う~む・・・

なので、悪魔超人全員集合!
キンケシ001.jpg
と言ってもこんな感じ。
ちと寂しいですな。

キンケシ002.jpg
ミニパンフ見ても、もう少し種類が欲しかった感じかもしれません。
キンケシが付く飲料水はこれからも出るのでしょうか?
もし出るなら・・・是非10人の完璧始祖を出してほしいなぁ(無茶言うな)。

イオン限定 ラブライブ!ランチョンマットに関する一考察~1弾2弾で全8種類!?~ [購入記]

ふらっとイオンに立ち寄ってみると・・・
お菓子コーナーで何やらイベントを開催しているようで。

なんだろう?
と思って覗いてみると、ラブライブ?
なんでもキリンの飲料、明治やブルボンのお菓子を買うとナニかを貰える!
というものだそうで。

で、とりあえず貰ってみようとゲットしてきました。
ラブライバー006.jpg
イオン限定 ラブライブ!ランチョンマット。
・・・ランチョンマット。
食事の時に下に敷くアレですな。

21日から始まったのは第1弾なのだとか。
キリンの飲料で貰える3種類。
明治のお菓子で貰える1種類。
ブルボンのお菓子で貰える1種類。
さらに第2弾も・・・って恐るべきイベントですな。

とりあえず、飲み物とお菓子を買って・・・
はて?
何個買えばよいのか?
・・・解らないのでアバウトに貰ってきました(オイ!)。
正式には飲み物もお菓子も4つずつだそうで。

まずはキリンの3種を見てみます。
ラブライバー005.jpg
ラブライバー004.jpg
ラブライバー003.jpg
遠くからこの3種が見えたのが買うきっかけでありますが。
・・・コレ、全部で9種類とかだと恐ろしいことになってたでしょうなぁ。

で、明治の1種。
ラブライバー001.jpg
全員集合版?

ブルボンの1種。
ラブライバー002.jpg
同じく全員集合版。

どこからかの使い回しでしょうか。
ラブライブといえば、映画のパンフレットも4種類確認してますが・・・
人数が人数なので、この手の沢山の種類を出す手法はお手の物ですな。

裏面をみると・・・
ラブライバー000.jpg
全てに同じイオン限定である証が。
6月の映画のタイアップ商品であることも分かります。

サイズがサイズだけに、敷物として使わないと扱いに困ったりしますが・・・
それでも、第2弾も揃えることに挑戦してみるべき・・・!?

ガンダムコンバージ18に関する一考察~ディジェパラダイス~ [購入記]

非常に寒い1日となりましたが・・・
頑張って買ってきました。
ガンダムコンバージ18。
コンバジ18001.jpg
今回のメインはこの2機でしょうか。

気が付けば18弾。
これまた息の長いシリーズとなりました。
さて、そんな長寿食玩に毎度設定されるシークレット。
今回は・・・
コンバジ18000.jpg
ジムとボール。
ジムがビームサーベル装備。
ボールはオレンジ色。
・・・誰得な感じです(えー)。
ビームサーベルひん曲がっててしょんぼりですし。

さて、そんな残念シークレットよりディジェです、ディジェ。
アムロ大尉の愛機・・・だったのかどうかはアレですが、乗機であることは確か。
早速に組み上げるべく開封してみると・・・
コンバジ18002.jpg
パーツが細けぇ・・・
失くしてしまいそうでドキドキです。

でも、意外とすんなり組めてしまうあたりコンバージの良心仕様。
コンバジ18007.jpg
ライフルと手が一体成型なのが残念。
細かい造形にコストがかかったせいでしょうか。

にしても、どう改造したらリックディアスがこうなるのでしょう。
とは、多くの人が抱く疑念。
そして、背中の放熱フィン。
放熱?はいいのですが、他の機体ではそういう設定ない様子ですが・・・う~ん。
というのは、Zガンダム放映時から皆思っていたことかも。

そして、さらに首を捻るのがディジエSE-R。
パーツからして、ディジェとは全然見た目ベツモノ。
コンバジ18003.jpg
なぜコレを発展機として設定したのでしょう。
摩訶不思議。
まぁ、この時期のネモとかメタスとか、みんなベツモノ発展機あるので・・・
そういう時代だったのでしょう(えー)。

組み上げてみると・・・
コンバジ18008.jpg
・・・百式な印象を受けましたが、違う感じも。
少なくとも、2機はあんまり似てないです。

ディジェの説明を読むと、ジオン技術者がリックディアスを改修。
そのため、見た目がゲルググになったのだとか。
・・・アムロさん、乗るの嫌じゃなかったのでしょうか(えー)。
その辺りの心情を描いた作品ってあったけな・・・

今回のガンダムはプロトタイプの黒とXガンダムの現地改修機の-
コンバジ18009.jpg
Xガンダムディバイダー。
基本は以前出たXガンダムと同じ様子。
ただ、今回の1箱1アソートモノなので、ちと取り合いになりそうな気も??

違いは・・・装備と塗りの粗さでしょうか。
手元にあるモノは額の塗りの惨さが涙出るレベルでした・・・あとディバイダーも。

比較。
コンバジ18006.jpg
武装の違い。
塗りの違い。
あとボディの細かな「彫」具合がちと異なるようです。
Xガンダムファンとしては喜ばしい感じでしょうか。
・・・まともに見たことないので、なんとも言えませんが(おい)。

19弾、20弾もアナウンスされているコンバージ。
スターウォーズがイマイチ盛り上がれなかったので・・・
やはりガンダム中心に今後も展開のでしょう。
何弾まで行くのか、末が楽しみだったりします。

ジョジョの奇妙なミニフィギュアに関する一考察~キミが出るまで開けるのをやめないッ!!~ [購入記]

ひな祭り。
ということで、気になっていた品を買ってみました。
jojo000.jpg
ジョジョの奇妙なミニフィギュアッ!!
・・・これっぽっちもひな祭り関係ありませんが(ドッギャーンッ!)

この人形モノはそこはかとなく、昭和テイストを感じて好きだったり。
コレは“ジョジョ消し”などと称しているサイトもあるくらいで・・・
キン消しな感じを売りにしている商品の様子。
そりゃ、購入しなきゃ(えー)。

で、早速開封です。
jojo002.jpg
およ・・・思ったより、1個が大きい?
それこそキン消しよりも一回り程デカいような印象を受けます。

1箱350円+税で、人形が4つ入っているのがデフォルト。
jojo003.jpg
基本は本体フィギュアとスタンドフィギュアが2個ずつな感じ。

色は各2色。
全部で人形は24種類。
なので・・・24×2で全48種類。
多いですわ・・・(汗)。

そんな戦慄を覚えさせる人形がコレだッッ!!!
jojo006.jpg
花京院セットのレアカラー。
レアカラーと言っても、1BOXに対しての封入率は同じとのことらしく。
普通に色違いってことでしょう。

それはさておき、人形の出来栄えは・・・
jojo004.jpg
ゴゴゴゴゴゴ・・・・
いいじゃないかっ!(何が?)

フィギュアのクオリティは小さいながら、雰囲気を非常に醸している感じです。
ジョジョのディフォルメフィギュアは結構出てますが・・・
個人的にはどれもグっとくるものがありませんでした。

なんか、こう・・・愛くるしすぎる?
劇画系の漫画キャラクターは下手にディフォルメすると雰囲気を失う―
というのが、当方が至った哲学。
ただ、頭身下げて可愛くしても「違うよなぁ・・・」となるだけなのです。

なのに、どことなくチープさをも感じさせるこの「人形」は不思議とツボったりします。
キャラクターの再現度の高さもありますが、妙に「硬い」ポーズも含めて・・・
ジョジョらしさを感じさせてくれるからでしょうか。
ポーズなどもバッチリとマッチ??

スタンドフィギュアのクオリティはモノによりますが、なかなか。
jojo001.jpg
小さくてツッコミどころ満載なのに、とてもハイエロファントグリーンぽい。

『花京院! これがてめーの『スタンド』か!』
『スジがあってまるで光ったメロンだな・・・コレで緑ならな(えー)。』
紫じゃメロンにゃ見えんです・・・

サイズ。
jojo005.jpg
以前にゲットしたガンダムの消しゴム人形を比べても、それなりのサイズ。
モノによってはさらに大きいものもあったりします。
ボリュームはなかなかのもの?

キン消しといい、コレといい、やはりどこかにチープな感じがある方が良い?
ある意味、少年誌らしいのかもしれません。
スタンドの透明感がなかなかなので、もう少し買い足してみようかと。
ジョセフは欲しい感じです(ジジイ好き??)。

コンプティーク2015年3月号に関する一考察~フィギュアはともかく漫画で謎の光はするな、と~ [購入記]

最近色々減衰中で・・・
なんとか這う這うの体で頑張っている状況です。
うぐぐ。

食玩も春の新作が結構出てきてます。
チマチマ買い進めてい感じ。
赤城001.jpg
姫プリキュアの食玩もグミやガムがお目見え。

しかし、ガムのカード、
なんとなくパワーダウンが目立つ気も。
今回のSPカードも箔押しですが・・・
赤城002.jpg
周りのエフェクトだけ箔押し。
あとは通常カードと変わらない感じで。
前もこんなだったかなぁ。

ライダー系食玩も最近は塗装が残念なものばかり。
でも、ソフビヒーローズのチョイスには毎回驚かされます。
今回も・・・
赤城000.jpg
まさかのヨモツヘグリさん投入。
コレにはドギモを抜かれました(えー)。

そして、今更ながらコンプティークを買ってきました。
赤城007.jpg
目的?
目的は当然、赤城さん。
光ってますし(なんだそりゃ)。

外箱。
赤城008.jpg
コレで4回目。

早速開封です。
赤城009.jpg
このシリーズ、パーツはシンプル。

ただ、今回の赤城姉さんは弓の存在がデカいカンジします。
赤城010.jpg
サイズだけでなく、色々。

見栄えもなかなか?
赤城011.jpg
アニメではそれなりに派手なスタンスと見た目ですが、ゲーム版はちょい地味子?
いえ、あんまり詳しく知りませんが・・・
カレー大好きな子じゃないの?(えー)

コンプティーク誌面も艦これまみれ。
赤城003.jpg
なかなかの情報量。

コレからゲームを始める新米提督さん向けのものもあったり。
赤城004.jpg
かなりの充実っぷり?
艦これって何?という基本的なところから抑えてあるのはグッドかも。

アニメ、グッズ、ゲーム・・・
と、艦これ情報満載。
赤城005.jpg
胸像フィギュアについてもしっかりフォロー。
雑誌付録版はコレで打ち止め。
残る1種はガチャ版からゲットしなきゃダメなワケで。
・・・ソロで買うしか?(えー)

今尚、らきすたにページが割かれていたり、マニアックさは今回もバッチリ。
忍者漫画最高峰のニンジャスレイヤーさんも読めますし。
ただ・・
ストライクウィッチーズの漫画読んでいてふとイラっとしてみたり。
赤城006.jpg
なんてことないことなのですが。
漫画で胸を隠すのに、アニメでよく見られる「謎の光」の手法を取り入れた・・・
という、ただそれだけな漫画だったのですが。

なにやってのよ!?
と妙に立腹。
漫画で隠す隠さないは興味関心事でないものの・・・
この手法を漫画に取り入れる愚かな判断には妙に怒りを覚えたり。
こんなことしてたら、漫画、売れなくなるのよ!?(涙目)。

とりあえず、コレで艦これ胸像の雑誌付録は終了。
とはいえ、5つ並べるまで戦いは続きそうで。

コンプエース2015年1月26日発売号付録「金剛」フィギュアに関する一考察~括目すべきは腋ですか~ [購入記]

なかなかアニメ見る時間もなく・・・
買ったものも開けられない日々です。
そんな中、やっとこさ開封。
コンプエース。
で~す007.jpg
目的は当然、胸像。

ということで、早速オープンです。
・・・むぅ。
で~す006.jpg
えらくスッカスカな感じですな。
もしかして、この付録シリーズの箱の大きさてば統一されてない??

金剛さんのパーツは4つ。
で~す005.jpg
折れる心配のありそうなパーツもなくすぐ組み終わります。

金剛デース。
で~す003.jpg
実際、あんまり詳しく知りませんが(オイ)。

出来栄えはナカナカ良い感じ。
今回の金剛さんで注目すべきは・・・手?
いやはや、砲身?
否。
それは・・・
で~す002.jpg
腋なのではないでしょうか(えー)。

服と腕の付け根部分にはきちんと空洞が確保されています。
中破バージョン用に色々考慮されているのかもしれませんが・・・
おかげで、そこはかとない色気があったりなかったり?
で~す001.jpg

とこりあえずコレで「出撃バージョン」と銘打たれている胸像フィギュアも3体目。
で~す004.jpg
次はコンプティーク。
忘れず購入しようかと。

さて、フィギュアはともかく誌面はどうなのか。
個人的にはまったく興味惹かれる作品はありませんでした(オイオイ)。
ただ・・・
で~す000.jpg
コンプティークに掲載されていたモノとまったく同じ作品・・・
即ち、忍者スレイヤーの漫画が乗っていたのには驚愕。

なんででしょうか?
ファンへのサービス?
人気だから?
あるいは手抜きとか掲載作品が少ないからとかいろいろですか(ええ!?)。
まぁ、とりあえず目的のモノはゲットできたのでヨシです。
メッセージを送る