So-net無料ブログ作成
検索選択
食玩『キャラクターモノ』 ブログトップ
前の10件 | -

SGウルトラカプセル01に関する一考察~シンプルイズザベスト??でもギミックはちと寂しいかも~ [食玩『キャラクターモノ』]

台風接近中ですね。
なんともかんとも。
そんな折、気になっていたので買ってきました。
カプセル014.jpg
食玩版ウルトラカプセル
ウルトラマンショップで売ってました。

ウルトラマンジードのメインアイテム
そういえば今回、仮面ライダービルドとウルトラマンジードのアイテムコンセプト
まったく重なるのですな。
ウルトラマンと仮面ライダーでは珍しい気もします。

にしても、仮面ライダー。
新作紹介文章などに目を通すと「ゲーマーでドキモを抜いたライダーが今年も・・・」
などとあります。
奇抜であることが前提にあるようで。

正直、ストレートじゃダメなんでしょうか、と思ったりします。
今回仮面ライダーは戦車とウサギがハイブリットして、だそうで。
最近ずっと毎回こんな感じで・・・素直に普通にカッコよさを求めたらいけないのか?
子どもたちにストレートに伝わる方が玩具売れないでしょうか??

そんな平成後期仮面ライダーへのアンチテーゼに感じるジード。
余計にウルトラカプセルにシンプルな魅力を醸し出しているのかも。
物語も非常に解りやすいメッセージ性を感じましたし。
今のところ「軍配」はジードかなぁ・・・
まだビルドは始まってさえいませんが(オイ)。

さて、そんなジードのメインアイテム、早速開封です。
カプセル015.jpg
食玩ではガムがオマケについてきます(それでいいのか?)。

カプセル008.jpg
ウルトラカプセル。
怪獣は黒色系統。
ウルトラマンは腕を上げるイラスト。
どちらの腕を上げるのかは、昭和や平成、最近の、などで決まっている様子。

カプセル自体に遊べるギミックはほぼ無し。
横部分の押し込みを上げるか下げるかだけ。
仮面ライダーフォーゼのスイッチを彷彿とさせるアイテムでしょうか。
完全に玩具連動をメインとしたコレクションアイテム。
カプセル009.jpg
絵柄の変化も上部分の一部のみですし。

裏面。
カプセル011.jpg
音性チェックなどは、底部にある9つの突起で制御するようで。
9ビットなので512種類の音声は表現できる計算でしょうか。

そういえば、べリアルはウルトラマンカプセル。
カプセル010.jpg
コレって綺麗なべリアルだから??(どんなだ)

ウルトラカプセルのサイズはほぼ獣電池と同じ感じ。
太さがちとカプセルの方が太いですが。
カプセル012.jpg
ギミックについては、絵の変化が多い獣電池の方が上?

カプセル013.jpg
食玩版は全部で8種類。
ガチャ版は全部で11種類あるようで。
どんどん展開していくのでしょうか。

なかなか面白そうな今回のウルトラマン周り。
ある程度追っかけていってみようかと。
ゴモラ系カプセルが充実すると嬉しいですが・・・ううむ。
nice!(0)  コメント(2) 

ソフビヒーロー ウルトラマン対決セット ウルトラマンジード登場編に関する一考察~ゴモラ祭り?~ [食玩『キャラクターモノ』]

余裕ができると思っていたら、そんなことありませんでした。
トホホ・・・
ドラクエなんて完全スルーです。

悔しいので食玩を購入(えー)。
ゴモラ005.jpg
新しいウルトラマンが始まったということで、発売のソフビヒーロー。
ブレまくって爆死を繰り返すライダー系ソフビ食玩・・・
それと違ってコンスタントに出るのがウルトラ系ソフビ食玩。

ウルトラマンジードも2話だったかを見てみました。
なかなかツボを押さえた良いデキで素直に面白いと感じました。
今の仮面ライダーが忘れてきた何かをしっかりとこなしていた気がします。

インパクトがあるもののシンプルな伝達力のある設定と世界観。
見た目通りの役者さんの演技と声。
マンネリだけれども安心の王道展開。
売るためだけの愛アップでなく玩具が世界観に反映、などなど。

それはさておき、ソフビヒーロー対決セット
今回のメインは・・・ゴモラ。
カラーバリエーション含めて、今シリーズでたくさん出ているゴモラ殿下。
ゴモラ004.jpg
左が今回のゴモラで右が以前のゴモラ。
今回は初のクリア成形で見た目がなんとなく優しい感じです。

にしても、ほんとゴモラ、多いです。
ゴモラ003.jpg
まったく同じ成形色とかあるし・・・
金型も同じ。
見た目がウルトラマンのゴモラなので、ギャラクシー版正義ゴモラも欲しいところ。

で、今回の目玉?はこのゴモラ。
ゴモラ002.jpg
スカルゴモラ。
ウルトラマンジードに登場のオリジナル怪獣。
なんでも、レッドキングとゴモラの遺伝的融合体なのだとか。

ゴモラ001.jpg
ゴモラと比較して・・・あんまりゴモラらしくないです。
完全悪者としてのデザイン故かもしれませんが。
足部分の稼働がないのは、ソフビとして寂しい限り。

ゴモラズそろい踏み。
ゴモラ000.jpg
メカゴモラ、ゴモラ、EXゴモラ。
さて、問題です。
まだソフビヒーロー対決セットで出てないゴモラは誰でしょう(誰だよ)。

サイバーゴモラですね。
なんでウルトラマンXの時に出さなかったのか・・・
あとはマイナーですがゴモラ2.
ウルトラマン80に登場するゴモラ。

できればココらへんのゴモラもソフビヒーローで出して欲しいところです。
・・・いつになるか解らないですが、期待してます(えー)。

神羅万象物語其の6更新に関する一考察~母、ズボン残念?~ [食玩『キャラクターモノ』]

神羅万象の公式サイトが更新。
第2弾の物語冒頭がアップされています。
http://shinrabansho.com/rso_story02.html
にしても、ここに来てお母さんとは。

コレでは☆ねぇの活躍が・・・
そこら辺は大丈夫なのでしょうか。
しかし、母登場で第2弾の女性キャラの枚数は結構多めになるかも?
ここらで本腰入れてテコ入れということなのでしょうか。

今回はこのペースだと、やはり4弾構成ということでしょうか。
個人的には嬉しいことなのですが・・・
これが人気に直結するかは未知数。
また、神羅が盛り上がって欲しいものです。

神羅が出るまであと2週間。
イース8は停滞気味。
ソシャゲも・・・FEヒーローズはストレスしか貯まらない。
結局マジカルギアをチマチマプレイするだけに・・・とほほ。

FW SDガンダムネオ第2弾に関する一考察~盾は3枚入れてくれてもヨカッタのでは?~ [食玩『キャラクターモノ』]

コンバージと比べて、妙に人気が無いシリーズを摘まんできました。

FW SDガンダムネオ第2弾。

コンバージでも「畑」を形成する不人気モノはありますが・・・
商品全体が「畑」と化している感があるこのシリーズ。
似ているコンセプトでコンバージが先行しているからでしょうか。
SDシリーズは食玩よりガチャの方が相性がヨカッタ??

それはさておき、ネオの第2弾の目玉と言えばヘイズル。
白と黒が1色ずつアソートされています。
が、問題なのはシールドブースターの数。
シールドブースター003.jpg
連邦カラーが盾1枚。
ティターンズカラーが盾2枚。
全部で盾3枚。

あんまり詳しくありませんが、ヘイズルは盾が3枚揃ってナンボのガンダム。
なんとも中途半端なことをしてくれたものです。
そもそもこの2体は完全なカラーバリエーション。
略してカラバリ。
シールドブースター002.jpg
色以外は全部同じ。
当然、バックパックも同じ。
3枚目はバックパックに装備するというのに・・・

個人的にはティターンズカラーが好みですが、盾を装備させると-
カラーリングからイマイチ合いません。
仕方なしに連邦カラーに盾3枚を装備させることに。
シールドブースター001.jpg
腕の部分の穴に盾装備用のパーツを黒から転用。
そうすることで、盾3枚装備ヘイズル完成。

シールドブースター000.jpg
好みはともかく、盾とのカラーリングは此方の方がしっくりくる様子。

全体的に作りも悪くないですが、ディフォルメ具合の程良さがコンバージの人気の秘密?
第3弾も予定されているSDガンダムネオ。
人気は下火傾向とはいえ、まだまだ元気な印象のコンバージ。
どこまで食い下がっていけるのか見もの!?

コンバージにはないカラーでプッシュして欲しいところではあります。

乱発のビックリマンもどきと十字架天使もどきに関する一考察~コレなら十字架天使外伝の方が~ [食玩『キャラクターモノ』]

ビックリマンですが・・・
十字架001.jpg
聖闘士星矢キン肉マン、弱虫ペダルにポケモンに・・・
今更ですが、どんだけコラボを乱発するのか。

そもそもコラボというより、フォーマットだけを安売りしているだけなのですが。
流石に、ね・・・と言う感じです。
でも、キン肉マンは調子が良いのか、公式では特別バージョンの販売が即売り切れ?

で、今回の興味はそんな乱発される粗悪ビックリマンで登場する十字架天使。
のもどき。
十字架000.jpg

十字架サクヤあたりから始まったセルフオマージュ。
呆れるところはありますが、密かな楽しみでもあったりで?

一応、ポーズと3文字の名前でなんとか体裁を保っていました。
が、それもサキで崩壊。
今回のアテナに至ってはポーズなんて無視。

なんで十字架に・・・
と悩みたいところですが、理由は明白。
少しでも話題性のため、でなのでしょう。

旧来からの1ファンとしては、もう伝説だけちゃんと出してくれたら・・・
と願いたいところですが、エルサMなどの出来栄えみると、それもまた夢。
トホホ。

ガンダムコンバージEX14ナイチンゲールに関する一考察~ドッシリズッシリなずんぐりむっくり~ [食玩『キャラクターモノ』]

食玩開封さえままならない状況が継続中です。
そんな中、とりあえず注目していたので買ってきました。
クリミア007.jpg
ナイチンゲール
もう既に値段が食玩でありませんが・・・

シャア最後の愛機?
ネオジオングは空っぽの器さんのですから違うでしょうし。
パーツ数はそれほど多くはない感じです。
クリミア006.jpg

当然真っ赤。
クリミア005.jpg
ファンネル装備がやたらデカイのが特徴。
それ以外は・・・そんなに大きくない感じでしょうか?

塗りは当然ながら丁寧。
クリミア004.jpg
じゃないと、値段相応とは言えませんし。

組立途中。
クリミア003.jpg
てっきり「肩のパーツ」だと思っていたら、違うのですね。
ファンネルポッド。
肩とは違うところから生えてます。

完成系。
クリミア002.jpg
大きく重く、スペースないと普通に飾れないのが難儀です。
ボリューム感はたっぷりですが。

サザビーとの比較
クリミア001.jpg
やはり大きですな、ナイチンゲール。
「半ば人型を逸している」と評されるだけに、ズッシリ感。

色合いは・・・
クリミア000.jpg
比較すると、やっぱり違います。
シャア専用機並べてみても、色々「赤」が違うのも面白いです。
しかし、コンバージの値段高騰化傾向はなんとかならないものか・・・
お菓子売り場で売るにはオカシな値段になってますがな。

さらにボトムズコンバージに至っては、お値段800円でぶらいんどボックスという・・・
最低なコンバージになりそうで。
ううん。
とりあえず1つは購入してみるしか!?

FW SDがダムNEO第1弾に関する一考察~まとまっていてしっくりくる感じ~ [食玩『キャラクターモノ』]

食玩開封をチマチマしておりますが・・・
そこに新シリーズが登場したので、まず購入してみようかと。
なにかというとFW SDがダムNEO。
シンシリーズ006.jpg

SD系ガンダム食玩の新シリーズ。
コンバージがあるのに・・・
とは思いますが、コンセプトが違うので発売しても致し方なし?
シンシリーズ005.jpg
第1弾からして、なかなかニッチを攻めてきます。
サイズ感でコンバージと区別を図っているかんじでしょうか。

箱サイズ。
シンシリーズ004.jpg
現ガンダムコンバージよりだいぶスリム
現ライダーコンバージよりまだスリム。
小ぶり感があります。

さっそく開封。
シンシリーズ003.jpg
例えばガンダムだと、ライフル、シールド、ランドセルアンテナ
オーソドックスなタイプのパーツ構成。
質感は結構固めな印象。

サイズ。
シンシリーズ002.jpg
コンバージと比べるとだいぶ低め。
ユニコーンはもう少し大きめですが。
ずんぐりむっくりな体系はまさにSDガンダム。

ガチャで長く展開してきたアレと同じ。
SDなガンダムを食玩で展開するのが目的のようです。
でも、まぁ、組み立て消しゴムで同じようなコンセプトの商品ありましたが・・・
比較
シンシリーズ001.jpg
小さいです。

シリーズ食玩は、やはり続いてこそ正当性を得る、と考えます。
継続は力なり。
コンバージはその点でよくやっていると思います。
高評価。

ガンダム系食玩は、チマチマ出して、すぐ終わって・・・
を繰り返している印象があります。
コンバージのように長期政権を樹立して欲しいところ。
でなければ、評価さえ出来ない(酷評)。

全体的に小さくまとまっていて良い風ですし。
シンシリーズ000.jpg
武装と比べてガンダムTR6はえらく小さいですが・・・
これもある意味リアルなサイズ感なのかも。

どこまで頑張れるでしょうか、このシリーズ。
ホビー雑誌には結構な弾数の話が記載されてますが・・・
その内、コンバージEXのような商品もでるのでしょう。
誰しもがついていけるように、お手柔らかに(えー)。

ガンダムコンバージ♯5に関する一考察~ジムはデキが良いから1アソート??~ [食玩『キャラクターモノ』]

食玩ブログ再始動です(えー)。
とりあえず色々買ってはみているモノの処理が追いつかず。
今回は・・・
#5000.jpg
ガンダムコンバージを開封。
早いモノで♯も第5弾に。

今回の目玉はハイニュ・・・より、やはりジムでしょうか、ジム。
#5001.jpg
まさかジムⅡが2種モデルような事態になるとは。

所詮ジムでしょう・・・という概念を打ち破る!
#5002.jpg
・・・ことはないかもしれませんが(どっちだ)、まとまったプロポーションな印象。
着脱できるビームライフル、シールド。
これぞガンダムコンバージの基本形。

そして、ジムⅡが出たことで-
#5003.jpg
ジム1,2、3がそろい踏み。
ジムⅢにシールドが無いのが残念極まりないですが。

そして、やはり外せないハイニューガンダム
#5004.jpg
パーツは予想より少な目。
まぁ、こんなところでしょうか。

しかし、今回は特にパーツの噛み合わせ悪い。
というか、キツイ。
なかなか入らない感じで・・・その方がしっかり止まるのでしょうけれど。
とくにバックパックは厳しい感じもします。
#5005.jpg

にしてもνガンダム。
#5006.jpg
こんなキツイ顔してたんでしたっけ・・・
セット版のνガンダムは開封さえしてないので、なんともかんともですが。

順調に弾を重ねるガンダムコンバージ。
ガンダム食玩系は新たなシリーズが色々投入されるようですが・・・
初志貫徹でコンバージシリーズは展開して欲しいところです。

今回はバイアラン。
どんどんZガンダム系モビルスーツが充実していってます。
コンプリートなるのか!?

君の名はビジュアルコレクションに関する一考察~もちっとなんとかして欲しかった・・~ [食玩『キャラクターモノ』]

大人気を超えて、社会現象?
的な状態になっている「君の名は」の食玩が発売されたので早速買ってみました。
きみのなは000.jpg
君の名はビジュアルコレクション

てっきりウエハースかと思っていたのですが・・・
最近チラチラと見る大判?サイズのものだったようで。
う~む。
・・・一抹の不安を感じつつ、早速開封です。
きみのなは001.jpg
中身はガムとカー・・・ドじゃなくて、なんだろう?
ポストカード?

絵柄はこんな風。
きみのなは002.jpg
映画の一場面をチョイスしてデザインしているタイプ。
ほのかにメタリックな感じ。
メディア露出している場面が多いせいか、目新しさは無し。

文字情報は極小。
なんか微妙な感じでしょうか。
裏面はさらに微妙。
きみのなは003.jpg
場面カットが数点、小さく配置されているだけ。
文字情報は皆無。
セリフとうもなし。
説明もなし。

いや、ファン向けアイテムとはいえ・・・コレはちょっと。
誰向けになるのか、このポストカードは。
とおもいきや、サイズはハガキサイズと思っていたら、そんなこともなく。
きみのなは004.jpg
年賀はがきより若干大きい様子。
神羅と比べるとかなり大き目。

下手すると、ハガキファイルからはみ出るサイズなのでは・・・
と不安でしたが、100均のハガキファイルにはジャストでした。
コレクター的にはほっと一安心。

にしても、この食玩シリーズ。
ちょっと微妙かなぁ、と。
先行してガンダムも発売されてましたが・・・

折角の超人気「君の名は」。
カード食玩にして、文字情報を充実させた方がファン受けはよかったかも・・・
シン・ゴジラにしても、君の名はにしても、食玩ではバンダイなんか後手後手。
アコギに徹し過ぎて読み違えたのでしょうか?(言い過ぎ)

キラキラ☆プリキュアアラモードのキューティーフィギュア発売の報に関する一考察~出るのは良い事~ [食玩『キャラクターモノ』]

プリキュアネタが続きます。
ふとネットを見ているとバンダイさんがこんな情報を-
食玩フィギュア「キラキラ☆プリキュアアラモード キューティーフィギュア」が登場!

をを。
今期というか来期?はちゃんとプリキュアの食玩フィギュア、出るんですね。
魔法使い~は、最初出ないという情報がネットで出回り・・・
そして、実際にディフォルメ版のフィギュアが発売されたりで、意気消沈でしたが。

まぁ、実際はちゃんと3人は発売されましたが。
・・・モフルン(えー)。
アラモードはそんな心配ないようで。

今回は気合いの入れ方が違うということでしょうか。
3体だけということは、残りは第2弾でということか。
何にせよ、発売されるのは良いことです。

なんといってもおジャ魔女から続く歴史のある食玩フィギュア。
ナージャの時でさえ発売されていたもの・・・
それが途絶えるのは悲しいものなのでナニヨリです。
前の10件 | - 食玩『キャラクターモノ』 ブログトップ
メッセージを送る