So-net無料ブログ作成

マジカルギアのプレイ日記~あと18日?~ [ゲーム]

まどか☆マギカのソーシャルゲームであるマギカレコード始まってますが・・・
手持ちのメディアではプレイできず。
リネージュも様子見。
そもそもソシャゲがやりたいワケではないのです(えー)。

そんな大作を横目に必死でプレイしているのがマジカルギア。
magia002.jpg
プレイ猶予も20日を切りました。
なんかここにきて、評判よさげなのに・・・
実に惜しく残念です。

で、何を必死にプレイしているかというとー
magia000.jpg
スクショを一生懸命取っているワケで。
ある意味プレイの記憶で記録という感じでしょうか。

ステータスはもちろん、カットインやゲット時のセリフもろもろ・・・など。
magia001.jpg
実は意外とレアな瞬間の画像だったりしますが(分からんわ!)
とりあえず遊べる残り時間は少ないので、公開の内容しっかりスクショです。

nice!(0)  コメント(0) 

キンケシ01ボックス版に関する一考察~基本はガチャ版と同じ~ [購入記]

ちまちまとガチャガチャで集めていましたがー
セブンイレブンで見かけて「オっ!?」となって買ってみました。
キンケシ004.jpg
キンケシ01。
箱版。

新造形のキンケシのガチャシリーズ。
それのコンビニ流通ボックス版といったところでしょうか。
内容はまったく同じ様子。

キンケシと言えば、アマゾンなんかでプレミアム発売してますが・・・
違う。
たぶん、多くの人がそういうのが欲しいんじゃない気がします。
お手軽にお手頃に集められるからキンケシなんじゃないか、と。

で、そういうセンスからすると、今回のコレはモロヒットなワケで。
早速開封してみます。
キンケシ000.jpg
テハハハ・・・

キン肉マン、モンゴルマン、バッファローマン、ペインマンがラインナップ。
そして、「ワザケシ」なるものとしてネメシスドライバーと阿修羅バスター。
「ワザケシ」は2体入りでお得・・・
なのですがキンケシファンからすると違うそうな。

シンプルな巣立ちこそがキンケシ!
となるそうで。
個人的にはワザケシも好きですが。
キンケシ001.jpg
で、これら全てが3色ずつあるという、コレクター泣かせ仕様。

欲しかったのは、ネメシスドライバーとペインマン。
最近まで連載していたweb漫画のキン肉マン、実はずっと読んでました。
というか、ひそかにハマってました。
今も連載してますが。

web漫画できちんと読んでる(読んだ)のは、キン肉マンとサザンアイズくらいでしょうか。
とりあえず、そのweb漫画で活躍する超人のペインマンとネメシスは揃えたい・・・
と頑張って、ちまちま集めていた次第で。

今回のボックス版とガチャ版の違い。
キンケシ002.jpg
ガチャ版はミニパンフ付き。
ボックス版は無し。
箱がパンフ代といったところなのでしょうか。

テハハさんことペインマン。
キンケシ003.jpg
現在2色までそろいました。
あと赤一色。

その間、バッファローマンの青がやたらダブって困りものですが。
あと1色。
頑張るか、ソロで買うか・・・試案のしどころです。
nice!(0)  コメント(2) 

ガーデスインエデン大海放に関する一考察~デンドロビウムの水着を奪ったのは誰か!?~ [食玩『チョコウェハース』]

お盆の休日。
まったりされているでしょうか。
とりあえずそんな時は食玩です。
大海放007.jpg
ガーデスインエデン大海放、到着いたしました。

ということで、早速開封です。
大海放006.jpg
今回はある意味ガーデスギミックの本領発揮。
「温める」では、大体が肌色成分増加。
大海放005.jpg
ファンはこういうのを待っていた??

ただ、残念なのは再登場キャラ。
いや、再登場するキャラがいるのは良いのですが・・・
大海放004.jpg
1弾からの皆勤賞はヒロイン(?)の2人だけ!?
デンドロさんが未登場なのは非常に残念。
まぁ、背景として登場してはいますが。

1弾からの再登場組としては、やはりコチョウランさんが外せないでしょうか。
大海放002.jpg
圧倒的存在感のバディ。
1弾は落ち着きのある衣装だっただけに、コレが本当の姿か!(えー)。
そしてローズさん。
本人より取り巻きを「温める」とエラいことに。

新キャラではカブトムシやハイビスカスが良い感じで。
大海放003.jpg
特にハイビスカスは「温める」なので、まさに「これぞガーデス」な感じ(どんなだよ?)。

そして「背景」にデンドロさんがいるシャクヤク。
大海放001.jpg
背景に色々なキャラを配置させてといのは、他の作品にはないガーデスの特徴でしょうか。
個人的イチオシはカキツバタ。
そこはかとない「お姉さん」な感じが何か良さげで。

今回のGR2種。
大海放000.jpg
意外なキャラがGRに。
ストーリー展開も、お気楽極楽南国モードではなく何かキナ臭さがある様子。
第4弾は、再び戦闘モードなのかも??

意外と継続しているガーデスインエデン。
テオスマキアなどの例をみると、4弾で終わるのかも・・・
と思っていたりもしましたが、人気しだいでは長期シリーズも可能?
ギミックが受けている節もある様子ですし、シリーズ化に期待したいところです。

にしても、今回はプロモカードは無し・・・?
だとしたら、久しぶりに心穏やかに購入できるのですが、さて。
輸血はちょっと・・・
nice!(0)  コメント(2) 

SGウルトラカプセル01に関する一考察~シンプルイズザベスト??でもギミックはちと寂しいかも~ [食玩『キャラクターモノ』]

台風接近中ですね。
なんともかんとも。
そんな折、気になっていたので買ってきました。
カプセル014.jpg
食玩版ウルトラカプセル。
ウルトラマンショップで売ってました。

ウルトラマンジードのメインアイテム。
そういえば今回、仮面ライダービルドとウルトラマンジードのアイテムコンセプト-
まったく重なるのですな。
ウルトラマンと仮面ライダーでは珍しい気もします。

にしても、仮面ライダー。
新作紹介文章などに目を通すと「ゲーマーでドキモを抜いたライダーが今年も・・・」
などとあります。
奇抜であることが前提にあるようで。

正直、ストレートじゃダメなんでしょうか、と思ったりします。
今回仮面ライダーは戦車とウサギがハイブリットして、だそうで。
最近ずっと毎回こんな感じで・・・素直に普通にカッコよさを求めたらいけないのか?
子どもたちにストレートに伝わる方が玩具売れないでしょうか??

そんな平成後期仮面ライダーへのアンチテーゼに感じるジード。
余計にウルトラカプセルにシンプルな魅力を醸し出しているのかも。
物語も非常に解りやすいメッセージ性を感じましたし。
今のところ「軍配」はジードかなぁ・・・
まだビルドは始まってさえいませんが(オイ)。

さて、そんなジードのメインアイテム、早速開封です。
カプセル015.jpg
食玩ではガムがオマケについてきます(それでいいのか?)。

カプセル008.jpg
ウルトラカプセル。
怪獣は黒色系統。
ウルトラマンは腕を上げるイラスト。
どちらの腕を上げるのかは、昭和や平成、最近の、などで決まっている様子。

カプセル自体に遊べるギミックはほぼ無し。
横部分の押し込みを上げるか下げるかだけ。
仮面ライダーフォーゼのスイッチを彷彿とさせるアイテムでしょうか。
完全に玩具連動をメインとしたコレクションアイテム。
カプセル009.jpg
絵柄の変化も上部分の一部のみですし。

裏面。
カプセル011.jpg
音性チェックなどは、底部にある9つの突起で制御するようで。
9ビットなので512種類の音声は表現できる計算でしょうか。

そういえば、べリアルはウルトラマンカプセル。
カプセル010.jpg
コレって綺麗なべリアルだから??(どんなだ)

ウルトラカプセルのサイズはほぼ獣電池と同じ感じ。
太さがちとカプセルの方が太いですが。
カプセル012.jpg
ギミックについては、絵の変化が多い獣電池の方が上?

カプセル013.jpg
食玩版は全部で8種類。
ガチャ版は全部で11種類あるようで。
どんどん展開していくのでしょうか。

なかなか面白そうな今回のウルトラマン周り。
ある程度追っかけていってみようかと。
ゴモラ系カプセルが充実すると嬉しいですが・・・ううむ。
nice!(0)  コメント(2) 

マジギアプレイ日記~ソシャゲが嫌な人の理由の1番は多分コレ~ [ゲーム]

9月で終了する「マジカルギア」を楽しんでプレイしていたりします。
mazigia (4).jpg
8月になったら最後にガチャイベントとかあるかなー、と期待しておりました。
が、何の動きも無し。
このまま静かに終了していくのでしょうか。
ちと寂しいですな。

期待していたのは水着キャラの再配布。
FEヒーローズでチキ水着が手に入らずションボリ状態。
せめて「マジギア」では未入手だった水着キャラを入手したかったところ。
手持ちの水着といえばミスりさんのみでした。
緑の水着01.jpg
回復係のリス姫ミスりさん。
スイーツは化学です!などと言いそうなキャラクター(似てないだろ)。

水着になると回復機能が消滅してイマイチ使えない娘になります。
緑の水着02.jpg
が、問題はソコでないのです。
水着であること。
それこそが重要でありジャスティスなのです。
緑の水着03.jpg
電気姫と氷姫と闇姫の水着が未入手で残念なところ(多いな)。

にしても、βテストから付き合ってきたマジカルギア。
無くなるのは勿体ないなぁと感じるゲーム。
また、どっかが拾って続きを作ってくれないでしょうか?

ソシャゲをイマイチ本気でプレイできない、好きになれない理由・・・
それがこの「消滅」に他なりません。
10年後に遊べないゲーム。
語れないし体験を共有することもできません。

ソシャゲによる「ゲーム文化の衰退」という表現。
・・・あながち間違いではないのかも。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る