So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

神羅万象の記憶~チラシ編~ [神羅万象]

ファイナル神羅万象の発売まであと・・・まだまだあるですなぁ。
ということで、神羅15年の記憶をえっちらほっちら書き綴ってみることに。
忘備録というところでしょうか。

今回はチラシの記憶。
神羅のチラシと言えば、通販利用している人にはおなじみのモノ。
シンラキオク0102.jpg
最近はA4ばかりですが、以前はA3見開きのモノなんかもあってちょいゴージャス。

内容も世界観を語るようなチラシもありましたケド-
単純な商品紹介、カードリスト塗りつぶし等々、寂しいことも多くなりましたが。
まぁ、以前はチラシにも十分な情報的価値があった、と言えたのだったのです。

で、そんな神羅チラシを特に意識したのはゼクスファクターの時代から。
シンラキオク0103.jpg
神羅万象第6章にあたるゼクスファクター。
ワールドホビーフェアで配布されたチラシのサイズはA5見開き。

同じくワールドホビーフェアで配布された9章チラシ共々、少しレアなサイズです。
小さくとも、内容はなかなか充実でホロパターンにまで言及
シンラキオク0101.jpg
今じゃすっかり慣れ切った「神羅ホロ」はこの弾からでしたっけ。

特別カードまでセットであったこのチラシも今じゃ語り草・・・
といったところでしょうか。
シンラキオク0100.jpg
神羅は5章で終わるんじゃないのか・・・なんて噂もありました。

が、気が付けばそこから10年続いたワケで。
ビックリマンと違って、コンスタントに出続けての15年。
偉大な記録です。

改めて思い起こすとなんだかんだで凄い食玩と言える神羅万象。
右往左往ブレまくりなところも含めてですが・・・(オイ)
7月発売までこんな風にチラホラと記憶を思い起こしてみる次第。


nice!(1)  コメント(0) 

ぼくらのビックリマン スーパーゼウス編~GOmI~ [食玩『チョコウェハース』]

体力の限界でクラクラ・・・
しかし、まぁ、「みんな大好き」なビックリマンが到着したので。
IMAGE000.jpg
とりあえず開封しなければ、という義務感。

今回はスーパーゼウスに特化した作品。
といっても、以前出たようなキャラクター外伝ではなくて-
コラボ的イラストやグリーンハウスのお遊びデザインで24種という。

もう、悪い予感しかしません。
見えすぎる地雷、と認識されて当然の品。
それを覚悟の上で購入し、シールを確認します。

パッケージは2種。
IMAGE001.jpg
当然既存イラスト。
そう考えると神羅のパッケージは頑張っていると再認識します。

シール。
IMAGE003.jpg
・・・まぁ、アレです。
ブラックゼウス外伝のシールのようですが、NO1が右のイラスト。

一応NO1~NO11は著名人?が描いたゼウス!だそうで。
なのでNO1のコレも著名人・・・が描いたゼウスになります。
きっとこのテイストのイラストが好きな人もいるのでしょう、この世界には。

IMAGE002.jpg
メジャーどころ?では、スーパーマリオくんの沢田氏とかも。
つるぴかハゲ丸ののむら氏なんかもいますが・・・
懐かしい! or 誰?何?といった感じでしょうが、それ以上は無いです。

そもそも論として、なんでゼウスのコラボ商品を出すの?
どうしてこういう人選なの?
ロッテ潰れるの?等の疑問が頭をよぎります(最後のは!?)。

イラストレーターが描くゼウスもありますが・・・
IMAGE004.jpg
らくg・・・公式同人という風でしょうか?
まぁ、それ以下との揶揄もあるかもしれませんが。

その他女体化ゼウスなんてのもありますが・・・絵師は吉崎観音氏。
「無駄遣い」「違和感」「合わない」
などのキーワードが右から左に流れる気もします。

NO12以降のグリーンハウスイラスト。
IMAGE005.jpg
なんというか、語るべき要素はコレと言ってなく。
最近の流行とかバッチリと入れているよ!的アピールなのかもしれませんが。

特殊シール。
IMAGE007.jpg
半分がスーパーゼウスで半分がブラックゼウスという微妙に分り辛い絵。
で?という風にじわじわとファンに怒りを湧きたてていきます。

1箱からのダブリも半端なく、全24種30個入りで1箱コンプできませんでした。
更に「特シール」は1箱に1枚。
素晴らしく強気で確実に距離を取りたくなる感じです。

そして、裏面。
IMAGE006.jpg
著名人イラストは黒帯で作者の肩書が示され、12以降はそれさえ消滅。
イラストもなく、3行のテキストのセンスは微妙。

下部にある丸角四角で示されるテキストは全部同じ。
完全に大方の予想通り、想定通りの品。
出さないでいてくれた方が良かったのに・・・というのが偽らざる本音。

ロッテの食玩事業部が持つリソースはビックリマン伝説に割いて欲しい・・・
そう願っても、出てくるのは言葉を失うモノばかり。
今回はその極みでしょうか。

新商品がお目見えするたびに、記録も抜かれていく気もしますが。
最近ロッテリアがやたらと閉店しているという噂がありますが・・・
ちょっと心配になるレベルです。

それとは関係なく、ぼくらの考えた~は千差万別ありましょうがー
個人的印象としてはごみにまぎれるくおりてぃかと。
所感が少しでもお役に立てば幸いですが・・・
nice!(0)  コメント(6) 

神羅万象「回顧録」の情報解禁に関する一考察~枚数がちょっと寂しい気も・・・~ [食玩『チョコウェハース』]

勢いに任せてラブアール買ってみましたが・・・
いつすれば良いのだろう(おい)。
それはさておき、神羅万象の公式サイトに新情報。
http://shinrabansho.com/15item.html

最終弾の情報がついに解禁です。
ラストの弾は「回顧録」。
まさに15年のトリを飾るにうってつけな名前?
・・・そのままですが。

イラストも少し公開。
モノクロイラストで公開されたサイガとリュウガと椅子に座る少女。
そしてメビウス。
とミホ姉・・・じゃない、コレはフヨウ様?

キャラクターの区別はしっかり認識ないと・・・
フガクとのセットイラストでしょうか?
それからやたらとアピールな座り方をしているアスタロット母。
あとはシレっと登場しているアルマ。

ざっくりした数え方で7点ほどでしょうか。
さて、問題は最終弾が何枚くらいなのか・・・ということですが。
よくよくサイト読んでみると26種類+アナザーな様子。
・・・え、最後なのにそんな枚数!?

ハラミツ氏の士気の問題でしょうか。
はたまたやる気が既に消え失せて・・・あるいは多忙すぎて?
何にせよ、ラストを飾るにはちと寂しい枚数な気も。
できれば、アナザーがたくさんあってーとなって欲しいところです。

また、纏めということで書籍もでる様子。
プレミアムバンダイ限定でこちらも『回顧録』だそうで。
今回も限定カード付くのでしょうか・・・そこらへん気になります。
どちらにせよ、忘れず予約しないと。

今年の7月発売に向けて動き始めた神羅万象。
とりあえずは応援していきます。
神羅の思い出話?にでも花を咲かせながら・・・
でも、枚数は増えて欲しいなぁ、チラっ、という感じで。

nice!(1)  コメント(0) 

ガンダムマイクロウォーズに関する一考察~思ったよりプラモデルだった・・・~ [食玩『キャラクターモノ』]

3月も中旬。
食玩やらゲームやらも色々とラッシュです。
まぁ、追いつけませんが(おい)。

で、今回買ってみたのが・・・
マゼラザク06.jpg
ガンダム食玩のマイクロウォーズなる一品。
また新しいガンダムのシリーズです・・・なんともまぁ。

乱発のガンダム食玩。
2弾程出して沈黙したりして見捨てられたり、その都度なかったことに。
コンバージに傾注するのではいけないのでしょうか・・・

シリーズも重ねすぎると新規の客様が買いにくい、といのも分かります。
が、乱発してすぐに見捨てるのも戦略としては稚拙にも見えますが、さて。
なにはともあれ開封です。

IMAGE0009.jpg
思ったよりプラモデルですな・・・
もっと組み立て済みかと思ってましたが。
パーツ自体は多くないので、すぐ組みあがります。

マゼラザク01.jpg
稼働箇所は少なく、当然後ろから見ると空洞バッチリ。
ザクの動力パイプは途中で切れていて、稼働の邪魔になりませんが寂しい感じ。
全体的材質はプラ100%なので、パーツの組み上げにはチカラが必要。

とはいえ、モノアイが稼働したりマゼラトップ方が少し旋回したり・・・
マゼラザク00.jpg
頑張っている感は出ていて、意外と好印象を受けました。
サイズはコンバージより一回り大きく、フォルムはまぁまぁと言った所。

今回のシリーズのメインはコックピットの存在!?
マゼラザク04.jpg
胸部が開閉してパイロットを乗せることが可能。
パイロットはジオン連邦それぞれ戦車に3体付属。

マゼラザク02.jpg
そして、なんというか、このパイロットは妙に稼働箇所多かったり。
“乗る”というポージング上必要だったのでしょうけれども。
なんだろう・・・ミクロマンとかダイアクロン好きな人には刺さるかも。

そして、どうしても試したかったこと-
マゼラザク03.jpg
マゼラトップ&ザクの再現・・・実はちょっと無理くり持たせてます。
意外とできましたが、手のパーツにきっちりハマらないのはご愛敬でしょうか。

既に第2弾もアナウンスされてますが、売れ行き次第で長期シリーズ化・・・
なのでしょう、今回も。
そうなるかどうかは未知数です。

ただ、毎回ストレスなのがアソート。
今回、ザク以外は全部2個ずつで買いやすい印象ですが、シャアザク1で量産ザク3。
いい加減、こういうのを辞めて欲しいですバンダイ・・・アンチ増えますよ?
nice!(0)  コメント(0) 

ゲゲゲの鬼太郎チョコウエハースに関する一考察~スタイリッシュでクールな鬼太郎食玩は健在!?~ [食玩『チョコウェハース』]

近頃活力減退もあり、なかなかブログに向かえてませんでしたが・・・
久々にビビビっとくるモノが。
何かと言うと・・・
鬼太郎ウエハース000.jpg
ゲゲゲの鬼太郎カードウエハース。

ネットで売り切れていたので、箱で購入できなかった品。
仕方ないので発売日にイオンでバラを購入です。
パッケージは1種類の様子。
早速開封。
鬼太郎ウエハース001.jpg

台紙は真っ白。
ウエハースは・・・白くないタイプ。
最近はやたらホワイトクリームのウエハースが多かったですが。
逆に目新しい?

メインはやはりカード。
カードのレアリティは大きく2種類。
妖怪大百科カードとSPカード・・・ということになってます。
が、妖怪大百科カードはノーマルとシルバーの2種があり、全体では3種?

カードのキャラチョイスはなかなかツボを付いてます。
鬼太郎ウエハース002.jpg
花子さんにアニエス。
2弾があれば、雪女さん達でしょうか。
線も細く白抜きもないものの、セル調の塗りでキャラは見やすい印象。

背景がシンプルなのも良い感じでしょうか。
鬼太郎ウエハース004.jpg
大百科カードは全体的にスタイリッシュにまとまってます。
裏面は黒を基調としたもので、こちらもなかなかにクール。
鬼太郎ウエハース003.jpg
テキストも充実で納得の出来映え!?

大百科カードの上位ランク?のシルバーカード。
鬼太郎ウエハース005.jpg
シルバーであっても、絵は見やすく今後の可能性を感じる!?
ノーマル、シルバー共に「妖力」の所は温感変化ギミック。
鬼太郎ウエハース006.jpg
グミの蓄光共々、今期の鬼太郎食玩は遊び心に富みます。

そして、特筆すべきはレアカードであるSPカード。
鬼太郎ウエハース007.jpg
ベースは輝度を抑えたマット系シルバーに箔押しとウエハーホロの組み合わせ。
異なるホロでカードを構成するのは神羅でも見られましたっけ。
かなりゴージャス感があります。

鬼太郎ウエハース008.jpg
そのうえ、SPカード6種全てが異なるホロ意匠のようで・・・
気合入ってます。
体内電気のカードは一見の価値ありかもしれません。
ただ、大百科カードと異なり1妖怪をメインとしたカードでないのは残念。

また、裏面もちと残念でしょうか。
鬼太郎ウエハース009.jpg
SPカードはアニメの話数をピックアップしたカードなので致し方ないですが・・・
この裏面だけは「量産型アニメ作品ウエハース」の裏面のようで勿体ない気もします。
表がスタイリッシュなだけに余計。

グミシールに続いて、ウエハースでも他を圧倒しそう?なクオリティの鬼太郎。
噂では2年目続投も決まったとか決まってないとかですが、期待はできそうで。
グミ1弾は売り切れ続出でしたし、鬼太郎食玩なかなか好調の様子。
商機を逃さないためにも、このクオリティでどんどん商品展開してほしいところです。

ソシャゲも・・・
ゆる~いとか、そんなのやってる場合じゃない!(えー)
是非、ねこ姐さんが活用できるような媒体のゲームを是非に(熱望)。
2年目続投であればウエハース2弾やグミ3弾にも期待したい感じです。




nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -