So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

リンカーネイト魔法学校物語~ウィネの場合~ [リンカーネイト魔法学校物語]

魔法を使えることが疎まれる時代-
魔女であることが憎まれる世界-

北の最果ての昼でも暗い森の奥
その深奥に静かにたたずむ魔女達の学舎
いつからかリンカーネイト魔法学校と呼ばれています

そんなリンカーネイトの魔女達の物語・・・

それが・・・
メインロゴ2.jpg

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

電波系記事裏妄想綴り。
描かないと忘れるです。
なので多少無理ヤリにでも。
いつか始まる本編のために・・・

今回もサブキャラ万歳(は?)
☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

ウィネトカ・ウォッシュバーン

ウィネ.jpg

愛称はウィネ。
片方に付けている青いリボンがトレードマーク。

光のクラスに所属。
クラスの筆頭魔女(リーダー)であるイエナの腰巾着。
・・・のように見える魔女。

高貴な家の出というワケではなく、
長らく魔女を排出している家系の出身。
光のクラスなので魔法の属性は当然光。
魔力係数は185。

派手なイエナといるため地味な印象。
イエナの発言に対して「うん、そうね。」「そだね!」
と肯定的な言葉を繰り返す。

しかしよくよく聞いていると、
否定的な意見も含まれていたり、
単なる腰巾着ではない様子。

実際はイエナのブレーキ役であり、導く役所である。

当のイエナとは幼なじみ。
ウィネの方が年上で、
ツンデレなイエナが可愛くてしょうがないというのが実情。
イエナの腰巾着のように見えて、
実はリードしているのはウィネの方。
ただ、本人は目立つのは嫌いで、地味に徹している。

光のクラスの魔女に漏れなく、
闇のクラスの魔女とは仲が良くない。
ただ、ウィネ自身はそれほど闇のクラスを嫌っていない。
イエナが闇の魔女に余りにキツイ事を言う時は窘めている。

行動や言動は幼いイメージだが、
実際の性格はかなりの大人で落ち着いている。

そのような性格のため、あまり人から褒められた事がない。
目立たないので、クラス以外に友達はいない。
しかし、ケルシュにだけは才能を認められている。
それ故に、イエナ同様ケルシュに心酔。
「お姉様」と呼んで慕っている。
実際はケルシュより年上?

魔力は極めて高いというワケではないが、
ケルシュが認めるほど魔法の才能に恵まれている。
回復魔法以外は一通り使えるため、
実は光のクラスでは一番器用な魔女。

オリジナルスペルはインビジブル。
光の屈折で姿を見えなくするもの。
自分だけでなく他者にも使用可能。
光の屈折を利用しているので、
全天から見えなくなるものではない。
そのため、本人はあまり気に入っていない様子。

実はリンカーネイトでも5本指に入る大食漢だったり・・・
それはイエナにもヒミツ。

地味なのに「実は」が実に多い魔女。


※ウィネトカ・プラン・・・
※イエナに続いてプラン繋がり。
※光の魔女はみんなプラン・・・
※短時間で描いたため頭でっかち??

○光属性の魔法
使える魔女が少ないのが特徴
また、光の属性と他の属性を同時に使える魔女はほぼ皆無
使える魔女は天才と言える(例:ケルシュ・ムルロア(未登場))
光属性には回復の魔法が存在しない
その代償に攻撃と防御の両方が強力
目くらましや夜道を歩くときにも便利

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

ケルシュ繋がりのサブキャラクター。
本編登場は僅かなはず(予定)。
そんなものの設定を細かく考えては喜ぶ愚か者。
・・・時間の使い方を間違っているような(えー)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0