So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

まほうのルミティア キラキラドールに関する一考察~台座なくても自立しますけど・・・~ [食玩『キャラクターモノ』]

ゼノ2をちまちまとプレイ中。
マップ系のインターフェースが最低に使いにくく、よく迷います。
そこらへんは結構ストレス。

ガチャ関係はコモン40個ほど、レア4個ほど割りました。
結果はレア3人。
とはいえ、レア石から出たレアは1人だけ。
後の2人はコモン石から出てきたという・・・

それはまた今度。
今回は売っていたので早速買ってきました。
ルミティア004.jpg
ルミティアの星の子フィギュア。
まほうのルミティア キラキラドール。
ある意味、ルミティアの本命という感じでしょうか。

予想よりサイズがデカい感じでした。
ルミティア002.jpg
ステッキと比べてもこのサイズ。
以前のお城のオマケと比べると雲泥の差。

種類は全部で5種。
ルミティア003.jpg
といっても、コレでルミティア登場人物全員ですが。
そろそろ新しい星の子が(えー)。

食玩たる「食」はガム。
ルミティア001.jpg
どこにあるのだろう・・・
と思っていたら、台紙の間に挟まってました。

出来栄えは主人公以外良いかと思います(え!?)。
ルミティア000.jpg
特にシュナティアとノアティアが良い感じ。
プロロティアも安定。
メインの主人公格であるペテルティアは微妙に似てない気が。
馬と兎は割愛。

しかし、残念なことも。
ルミティア005.jpg
スカートは埋まってます、じゃなくて、頭のポールチェーン。
この金具と穴が非常に嫌い。
この重さでは、このような稚拙なポールチェーンだとすぐ切れそう。
台座型フィギュアが良かっただけに、そこはマイナスポイントでしょうか。

台紙の裏のニュースなどを見ると、今後も展開するらしいルミティア。
プラスチックカードのウエハースにでもならないかと、期待は膨らみます。
・・・そのためには登場人物が少なすぎるかも!?
nice!(0)  コメント(0)