So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
食玩『チョコウェハース』 ブログトップ
前の10件 | -

アズールレーンウエハースに関する一考察~ファンアイテムとしてちょっと何かが足りない惜しい一品?~ [食玩『チョコウェハース』]

少し間が空いてしまいましたが、買ってきました。
アズレン001.jpg
アズールレーンウエハース。

略称アズレンは一応プレイしていたりますが・・・
ログインしてご飯食べさせて終了な感じを繰り返してます(えー)。
こう、いまいち、身が入らない感じです。
一応キャラ知識は保有済み。

アズレンウエハースと言えば、少し前にコンビニ流通してたものがありました。
アズレン000.jpg
ちょっと見慣れないメーカーさんのイッピンですが・・・
出来栄えはもう、アレでソレでした(おい)。

アズレン008.jpg
シールとカードの2種があります。
が、カードに至ってはレアリティ表示あっても無意味。
全て同じ薄いプラカードで裏面無し。
SRでも、色が違うだけ。

絵もバストアップで全体絵は無し。
という記憶があったので、今回は箱買いをスルーしました。
まぁ、別物なのでそこらへん引きずってもしょうがないですが。
アズレン001.jpg
こっちはオーソドックスなウエハースですし、とりあえず開封してみます。

カードの表裏。
アズレン002.jpg
バンダイ系プラカード。
裏面は文字情報ちゃんとある仕様。
表面のキャライラストは流石に全体は入らなかった様子。

でも、まぁ、全面にイラストなので悪くはない感じです。
レアリティはノーマル、レア、シルバーレア、スーパーシルバーレア、SP。
・・・SRやSSRはコレで読み方合ってるのでしょうか。
アズレン003.jpg
なぜ山城がRなのか一時間程説教をs(略

Nは背景地味、Rは背景に模様。
そしてSRは背景がシルバーに。
アズレン004.jpg
SSRは所属の紋章やフレームが箔押しな感じに。
・・・でいいのかな(えー)。

裏面はちと文字が小さすぎるきらいが。
アズレン005.jpg
色も相まって、非常に読みづらい。
シンプルなデザインでイラストは映えますが、裏面としてはちょい微妙かも。
所属も名前もイラスト優先したためか、全体的に小さい印象。

SPは全部で4種。
でも、デザインはキャラでなくてイラスト。アズレン006.jpg
まぁ、モノによっては1キャラだけが描かれているSPもありますが・・・
そこはコレクションカード系なのだから、ホロとかキラでキャラでしょう?

裏面は非常に残念仕様。
アズレン007.jpg
イラストのキャラクターの所属の紋章。
いや、コレは違う。
他に方法はなかったのでしょうか・・・

素材が良くても残念な食玩というのは少なくありません。
今回のもそんな感じのモノなのでしょうか??
ファンにっとってはそんなの関係なく収集できるぜ!
という方もいるかもしれませんが・・・う~ん。

レアリティの明確な差異。
全体的なデザインの統一感。
ちょっと違うけどエンスカイさんの艦これクリアカードに軍配でしょうか。
あっちは裏面が無いのが残念ですが。

一応2の発売も決定しているようで。
デザインの大幅な変更などは期待できるべくないですが・・・
今後も継続して販売されるのであれば山城をSSRにリデザインが欲しいところ。
・・・ついでに山城はドロップしてませんのでユニオン艦隊が主力です(なにそれ?)。


nice!(0)  コメント(1) 

けものフレンズマンに関する一考察~ファンアイテムとして上々で鳥のフレンズ好きは買うべき!?~ [食玩『チョコウェハース』]

というわけで(どういうわけで?)、巷で噂のイッピンを購入。
何かと言えば・・・
フレマン000.jpg
みんな大好き「けものフレンズマン」。
・・・もちっと名前はなんとかできなかったのでしょうか。

ロッテの悪癖であるコラボビックリマンの1つです。
ファミリマート限定?先行?発売らしく。
とりあえず1箱ゲット。
早速開封です。

パッケージは2種。
フレマン001.jpg
と言っても・・・
特別にデザインされたというよりシールの絵をそのまま配置しただけ。
手抜きお手軽です。

シールはこんな感じ。
フレマン004.jpg
やたらとダブったこの2種類。
シールの厚みはそれなりで、鬼太郎グミよりだいぶ安心できるレベル。
シールのイラストは・・・好き好き??

サーバル比較。
フレマン002.jpg
何か違う感??
とはいえ、このシールのイラストも吉崎氏が描かれているのだとか。
言われてみれば・・・う~む。

でも、キャラによっては納得なモノも。
フレマン003.jpg
キタキツネはどうディフォルメしてもキタキツネ。
フェネックも??
中にはなんとも言えないフレンズもおりますが。

裏面。
フレマン007.jpg
あっさりさっぱりシンプル。
そして、充実した動物情報。
コレでいい気もしますが、ワンポイントとなる絵が欲しかった気も。

全体的に意外とけものフレンズしてました。
下手にグリーンハウス噛まさないのは良い判断だったかと。
ビックリマンでなくて、コレはけものフレンズ。
・・・じゃあ、別にコラボでなくてもいいのじゃ?

と考えてしまうのは浅はかでしょうか。
色々と大人の事情。
他のコラボと比べると、原作特化で好印象持てるといったところです。
だって、キングダムマンとか救えないですし(えー)。

シールのレアリティは無し。
全部疑似ホロの上に背景ありの透過気味イラスト。
ただ、シークレットとされる2種類のシールがあったりします。
フレマン006.jpg
ヤマタノオロチとスザク。

名前のロゴもビックリマンのヘッドよろしくそれぞれ変更されています。
が、キラの度合いとかは別段変わりません。
にしても、何故スザク・・・
そもそもヤマタノオロチってフレンズかよ!

というのは勉強不足?
原典となる「けものフレンズ」のソーシャルゲームで登場していたフレンズ。
結構強いキャラで頼りになる系だったそうで。
スザクも同様。

・・・でも、やっぱり何故スザク?
他の聖獣を出さずにスザク。
なんか珍しい気もします。
というか、このけものフレンズマン、やたら鳥類推し。

フレマン005.jpg
全20種類中でスザク含めて6種類ほどが鳥類(ペンギン少な目)。
他のフレンズ商品では猫やら狐やらの獣系が大勢を占める中でこの鳥類の割合。
トリ好きには有難い商品です(いるの?)←います

お値段100円。
以前の初音ミクのは何だったんでしょうか180円。
狂気の沙汰としか言えませんが、100円でも高い。
ただ、けものフレンズのファンアイテムとしては上出来?

けものフレンズの劇的ファンではありませんが、作品には好意的。
監督さんのゴタゴタにはあまり関心なく、作品が出るならまぁ、良いか・・・
というのがこのブログのスタンスの模様。
そのため、けものフレンズの商品にはあまり辛辣にならない傾向かも。

でも、やっぱりビックリマンは伝説を出し続けて欲しいのが本音。
要らないことをせず、改悪をせず。
ただ粛々と出してくれればそれでよい・・・のですが。
まぁ、それができないのがロッテさんなのでしょう、たぶん(えー)。
nice!(1)  コメント(2) 

ビックリマン伝説11~被害は軽微?今回の“フラグ”はへし折るに限る??~ [食玩『チョコウェハース』]

神羅に遅れること1日。
ビックリマンも到着したので開封してみました。
フラグ?000.jpg
ビックリマン伝説11。
人気キャラであるヤマト爆神の弾。
・・・普通にヘッドが描かれてれば、もうそれだけで(えー)。

今回の悪魔、お守り、天使、ヘッドの雰囲気。
フラグ?001.jpg
ムガルさん、普通でした。
普通とは、単色エンボスだったり黒字に金色線で描かれていたり・・・
誰が喜ぶのか分からない改悪をしてない、というところです。

現行スタッフのセンスのなさを、過去の作品に盛り込まない。
まず、それがビックリマンの前提という感じでしょうか。
なんせ、することやること旧来のファンを逆なですることばっかり。
ワザとかワザとじゃないのか・・・後者ならばその点ではセンスあるのでしょうか。

で、ここ最近毎回ねじ込んでくるのか特別シール。
今回も4種類。
フラグ?006.jpg
4・・・種・・・るい??
2種類にしか見えませんが、背景違いというかなんというかも別モノカウント?

なんでフラグ?
何かフラグをへし折るんですか??
と思いきやどうも違う様子。
フラグメントデザインなるところとのコラボだそうです。
フジワラなんとかさん率いる・・・誰?

面倒ですが少しググってみるとー
原宿のカリスマどうのこうので読むのを辞めました。
ビックリマンとの関連性を読み解くことができませんでしたので。

なんでもスタバだのナイキだのとコラボしてきたとのこと。
コラボすることが目的かなんかでしょうか。
今回もその一環としてロッテに売り込んだ??

とりあえず言えることは「イラン」の一言で全てが片付く気がしたー
ということです(えー)。
とはいえ、「被害」はコレだけ。
なので放置、無視すればまだマシな分ヨカッタとするべきでしょうか。

ヘッドは皆、まともに描かれています。
フラグ?004.jpg
ヤマト爆神は2種ともこんな感じ。
この弾はヘッドが6種類あるだけに、まともでホッと一安心。

いらないことさえしなければ良い・・・
お菓子売り場を長く占拠する漫画・アニメコラボビックリマン乱発-
それを繰り返す今の制作チームの最良の行動は「何もしない」に尽きます。
粛々とエンボス印刷をしてくれれば、それでいいのです。
・・・色はちゃんと付けて。

今回の弾には人気の幻神たちもいますが・・・
フラグ?005.jpg
背景が銀色なのにちょっと違和感。
金色にする気はないでしょうから、天使はこのままずっと銀なのでしょうなぁ。

このまま、と言ってもどこまで出す気があるのやら。
33弾、それ以降までエンボスで出してくれれば、初めて現スタッフが認められる・・・
そんな気もします。
ジオ界のその後、どーなったのでしょう??
nice!(1)  コメント(4) 

神羅万象 魔怒暴威都市第1弾に関する一考察~長すぎる期間を充填する内容かは微妙!?~ [食玩『チョコウェハース』]

大丈夫です(いきなり?)。

あまりにブログが更新できず、このままフェードアウト・・・
も考えましたが、西日本の被害の現状考えるにー
通常業務することが大切と至りました。
まだ頑張れます??

で、この間物語を書き進めたり放置したり(どっち?)。
そして、神羅万象が久しぶりに来たの受け取ったりしました。
MAD000.jpg
そう、神羅万象 魔怒暴威都市第1弾。
半年ぶりです。

年間で2弾しか発売しないという、何考えてるの?レベルとなったシリーズ。
もうやめ・・・という言葉も浮かびますが、それでも続くことに価値がある?
そんなやる気あるのかどうなのか不明瞭な神羅最新弾を開封してみます。
MAD001.jpg
パッケはまだ2種類あるようで。
これさえしなくなったら、もう終わりかな(えー)。

開封結果は・・・
箔押しが1枚。
アナザーが3枚。
4箱でコンプせずというなんともかんともの結果に。

カードを見てみます。
まずは主人公。
MAD009.jpg
貴重な枠を3つ潰します。
神羅ではよくある話。

でも、アレです。
シルバー、ホロ、ホロというレアリティ。
いっそノーマル、シルバー、ホロとレベルアップするようにすれば面白いのに。
そういうセンスはあまり神羅にない気もしますが。

当たり前ですが、箔押しは主人公の仕事。
MAD003.jpg

続いてはアナザーカード。
もう1種の箔押しが当たらなかったので。
まずはジルバ嬢。
MAD002.jpg
仮面を取ったらび・・・みょう?
美人というかなんというか、取らずに肌色成分UPでもよかった(酷い)。

続いてソレイユ。
MAD005.jpg
こっちは素直に良い感じ。
ちょうどバットが実は女の子みたいでした的な(どんなだ?)。
昔、アリオンというアニメ映画がありましてですな、そこで-(略)

続いてノーマル。
MAD004.jpg
やたら出るノーマル姉妹。
とくにパールは1列2枚とか結構平気にやってきます。
が、不思議と腹はそこまでたたない気も・・・?
褐色少女だからか、マネケン的殺意は皆無。
毎回こーでもよいのですよ?(えー)

最後はライバル系。
MAD006.jpg
ギル様とその妾的な人との息子。
残りの箔押しはこの人のようで。
・・・ルビーでよかったのに(どーしろと)。

残念ながら、ルビーと三蔵法師様が当たらず。
なので、まだまだ戦いは続くわけですが、今回はいまいちモチベが微妙。
カードの色がないこと。
そして、魅力的と感じるキャラが少ないこと。

まぁ、毎回の神羅と言われればそこまでですが・・・
半年に一度の神羅となったのだから、1回に傾注して欲しいところでした。
それができないのも神羅らしいのかもしれませんが。

台紙によると、次回は2019年の1月だそうで。
気長に待つしか・・・

nice!(1)  コメント(4) 

ガーデスインエデン~プリザーブドエデン~に関する一考察~丁寧で好感は持てるけれども・・・~ [食玩『チョコウェハース』]

日曜日くらいしか時間的余裕がなくなりました。
ううむ・・・

そういうワケでやっと開封です。
ガーデス完0007.jpg
ガーデスインエデン最終章。
ガーデス完0006.jpg
ガーデスインエデン~プリザーブドエデン~。

一瞬ブリザード?
と思ったら、プリザーブ。
砂糖煮つけですね、プリザーブ。

第4弾はなく、この画集が最後。
なので、新規イラストが多数・・・
と思いきや、そういうモノではない様子。

どちらかというと、これまでの「まとめ」と「補完」-
をメインとしたものな感じ。

web掲載の4コマの纏め。
ガーデス完0005.jpg

ノベル。
ガーデス完0004.jpg

もちろんカードの絵柄も。
ガーデス完0001.jpg
温感状態との比較もできて、丁寧な作りといった感じでしょうか。

レアカードの合体イラスト状態(原案?)なんかもあったりで・・・
ガーデス完0002.jpg
まさにファンアイテム。
ただ・・・

なんというか、「最後」を飾るアイテムとしてはどうなのだろう。
新規イラストや物語を深める要素、その後の展開・・・
そんなのが欲しいというのは「欲張りな意見」?
ガーデス完0003.jpg
新規イラストらしきものは少しあるちゃあるけれど・・・

ただ、ガーデスが「オタク同人的絵柄がチョコウエハースカードとして商品化」-
されたことに価値を見出していたので・・・
普通に画集的に出されても「オタク同人的絵柄が2次出版物に戻った」感しかなく。

そこに絶対的な価値を見出すことができませんでした。
ファンアイテムとして、丁寧な作りなのは好感持てますが。
・・・まぁ、コストもステキなお値段ですし(えー)。

テオスマキアより短い第3弾で終了という短命に終わったガーデス。
そう考えると、やはり神羅はガンバっているなぁ、と再確認。
ただ、次章のサブタイトルはアレでソレですが・・・

ガーデスの世界観、終わらすには勿体ないような気もします。
が、続けたり、世界観を広げるには難しい素材とも感じます。
戦闘や恋愛要素を取り入れるには、ちょっと・・・??

しかし、せっかく続いたオリジナル食玩が終わるのは悲しいもの。
あたらしい展開ー
そして、いつかの復活を信じて。

nice!(0)  コメント(2) 

けものフレンズ ウエハースに関する一考察~ホロが無いのは残念だが安定した統一感は秀逸~ [食玩『チョコウェハース』]

なんだか1週間に一度の更新・・・な感じになっています。
ゼノブレイド2はやっとクリア。
しかし、未だにブレイドは揃いません。
コスモス、いつ出るんだろう。

そんな意気消沈している中、ふと送られてきたダンボール。
なんだろう?と開けてみると・・・
の006.jpg
すっかり忘れていました。
けものフレンズウエハース。

ちょうどソシャゲも配信になった様子ですし。
タイミング的にはベスト・・・
なのかもしれません。
まぁ、作品自体は色々とゴタゴタしているようですが。

さっそくBOXを開封。
の005.jpg
パッケージは2種類。
いつものバンダイさんが発売するチョコウエハース。
サイズも変わらず。

今度は袋を開封。
の004.jpg
台紙は白、ウエハースもバニラクリームウエハース。
カードは外袋あり。
カードの分厚さは、神羅よりもガーデスよりも薄い感じでしょうか。

それでも、アニメの一場面を印刷した透明カード系とは比べるまでもなく。
それら手抜きウエハースカードよりは頑丈。
そしてイラストは既存のものとはいえ、統一感はバッチリ。
安定したコレクション性は感じます。

カードのレアリティは、レアかノーマルか。
そのどちらかのみ!
弱肉強食を常とする野生を描くけものフレンズには相応しいレアリティ!
・・・違ったかもしれませんが、たぶん(えー)。

レアはホロ・・・ではなく、メタリック。
の003.jpg
そして、レアカードはこの3種類のみ。
メインキャラですな。
メタリックでなく、プリズムとかだと嬉しかったのですが・・・残念。

レア3種は1箱から出ることも珍しくなく。
大体1箱2種のレアは入っている様子。
そして、人気があろうがサブレギュラーだろうが、その他は全部ノーマル。
の002.jpg
ううむ・・・弱肉強食です(そうか?)。

カードは全部で24種類。
レアもメタリックのみ。
正直、寂しい、物足りない・・・というのは感じたりもします。
ただ、集めやすくストレスを感じないというのも事実。

絵柄は吉崎氏の既存イラストなので安定したクオリティ。
シンプルで地味かもしれませんが、安心感はあります。
そして、裏面。
の001.jpg
こちらも非常にシンプル。

カードナンバーを右上に配置。
それ以外は実際の動物の写真なんかも利用していたり面白い。
学名や酒類と3行での動物説明。
実に、「あにまる」なカードで間違いない感じ。

微妙かも・・・と感ずる人はいるかもしれません。
ただ、ファイリングしたときの統一感は素晴らしい感じ。
の000.jpg
最近のカード類、ソシャゲもそうですが、烏合の描き手を集め・・・
そして数ばかり稼ぐモノは揃えた時の統一感がなくカオス。

そんなものが多いだけに・・・
揃った感が高いあにまるフレンズは個人的に評価できる一品かと。
まぁ、ホロやレアリティをもう少し分けて欲しいのも本音ですが。
それは2弾以降に期待?・・・勿論、2弾があれば、ですが。
nice!(0)  コメント(0) 

神羅万象 流星の皇子第4弾に関する一考察~ラヴィーナさんが子供向け食玩であることを否定する~ [食玩『チョコウェハース』]

発売日を完全に失念していて、何が来たのだろう?
とはてなマークだったのが・・・
終始イルミナ008.jpg
神羅万象 流星の皇子第4弾。
流星の皇子って、意味ないなぁ(えー)。

神羅の第13章の最後の弾。
今回、食玩王国さんが同封してくれたチラシを見てみると・・・
終始イルミナ007.jpg
特定カードの黒塗り、辞めた様子。
英断、というか、当たり前な気も。

ただ、まぁ、アナザーカードは秘密なので、それはそれで良し。
開封してみると、パッケージ。
前々からわかってましたが・・・
ラヴィーナさんの存在が、すでに子供向け食玩を辞めたオーラを漂わせてる。
終始イルミナ005.jpg

さて、開封結果はアナザー1種、箔押し2種をゲット。
久々にファーストインプレッションでの安心できる成果。
いつも箔押しでなくてヤキモキしてましたし。
いくつかのカードを見てみます。

今回の主人公さん。
終始イルミナ004.jpg
箔押し枠、ちゃんと貰えた様子。
にしても、透過箔?
イマイチ見難いです・・・まぁ、ゴージャス感はありますが。

もう一方の箔は、アルザードでなくて・・・
終始イルミナ002.jpg
驚きの小イルミナの方。
こちらはフュージョンホロで、なかなかの見栄え。
箔押し鳥居と狐ということで、獣魂皇帝サイを彷彿とさせます。

今回、ユノのアナザーは出ず。
一方のラヴィーナさんはバッチリゲット。
終始イルミナ001.jpg
パッケからして別次元の扱いを受ける青肌大将軍。
メギド好きすぎて居なくなったらから鍛えて黄金のオーラを纏った・・・
というなんだか分からない設定のメインキャラ。

ヒロイン候補であるタウとの差は歴然。
なんでこうなった・・・
そういえば、破格待遇と言えばイルミナ。
そして青肌はもう一人。
終始イルミナ003.jpg
ここら辺からして、すでに子供向けの皮は破った様子。

ホロは基本6種、アナザー2種、箔押し2種の全10種?
章のまとめの4弾としてはバッチリかと。
ただ、ホロ2種がどう考えても微妙な人選だったり・・・
終始イルミナ000.jpg
眼鏡外した眼鏡さんやロボ神さんっぽいキャラとか・・・
まぁ、ここら辺で子供向けの風を装っているという感じでしょうか。

また、台紙には第14章のアナウンスがありました。
でも、14章第1弾の発売は7月だとか・・・!?
ということは、1月や4月にはなんか違う動きがある??
そこらへん、今度のワールドホビーフェアでアナウンスがあるのでしょう。

第20章まで続けてば、新世界キャラVS旧世界キャラ8大神羅神・・・
なんてのもあり得るでしょうし。
頑張って欲しい所です。
とりあえずは14章に期待しつつ、まだ見ぬユノアナザーを求めて・・・
nice!(0)  コメント(2) 

神羅万象公式サイトの新情報に関する一考察~イルミナさん子ども化するとか~ [食玩『チョコウェハース』]

お正月も終わり、いよいよ通常モードがスタートしている世の中。
あまり休めなかったですが、久々に休みを満喫。
ゼノブレイド2もそれなりに進みました。

ただ、ブログ頻繁更新!
という目標が速攻終了している感がありますが・・・
そこらへんは反省。

そして1月と言えば、そう・・・
久々の4弾構成に戻った神羅万象の発売時期。
公式サイトでも次々とカードが公開中。
http://shinrabansho.com/rso_chara/rso_charalist04.html

にしても、今回の章のダブル主人公はどうだったのでしょう。
イマイチ微妙感が否めませんが・・・
次の章はワールドホビーフェアで公開でしょうか。

正直、シグマを活躍させるならもう1章使って主人公させてあげないと。
タウも浮かばれません。
それよりミホシ様のシングル絵柄でのカードが欲しかった(そこかい)。

果たして、次の章はどんな感じとなるものか。
神羅万象も14章に突入すれば48弾。
旧ビックリマン32弾、スーパービックリマン10弾、2000が12弾。

オリジナルのシリーズ食玩としては最長ではないでしょうか。
いろいろ言われることがある神羅万象ですが、愛されているのも事実。
これからも、文句言いつつ応援していきたいところです。

nice!(0)  コメント(4) 

コロコロアニキ付録のビックリマンシールに関する一考察~単なるバージョン違いは違うシール??~ [食玩『チョコウェハース』]

年末休みが近く・・・
じっくりゲームやら何やらを進めたい所です。

PC環境を変更したところ、ネット関係が異常に使いにくくなりもう半年。
さらに絵を描く環境の再構築にも手間取り・・・
その結果、ブログの更新が滞ることに。
悪循環。

ここらでその因果を断ち切りたいところです。
それはさておき、買っていたのですが怒りで更新できませんでした。
・・・いえ、本当は時間なくですが。

何かというと・・・
bm004.jpg
コロコロアニキ。
今回も付録が目的。

今回はカードとポケモンの箱と・・・
bm005.jpg
ビックリマンシール。
秘蔵外伝のシールが付くというのです。
それも2種。

・・・本は1冊。
シールは2種。
最低です。

この手の商法は色々な雑誌が取り組みー
そして指導や注意を受けてきた歴史があったと記憶してますが。
コロコロアニキも厳罰注意が欲しいのでしょうか!?(えー)

で、付録を開けてみると・・・
bm000.jpg
件のシールはこちら。
ロココVSアリババのシール。

見た目はそれなりに良い気もします。
が、そもそも48㎜四方のシールに2キャラはキツイ。
というのは、多くのファンが語っているところ。

即ち、普通に1枚のシール絵柄は1キャラにしろ、と。
やたらと今のグリーンハウスは2キャラの絡みを描きたい様子。
正直、不評なのでは・・・
その声は届かないのか、あるいは好評であるのか、もうわかりません。

にしても、2種といっても、絵柄は一緒。
そして背景だけが違うという単なるバージョン違い。
bm001.jpg
・・・で、あればヨカッタのですが。
裏面を見てみるとー
bm002.jpg
No41とNo42のナンバリングが。
・・・えっと、絵は同じですよ?
でも、違うナンバリング。

そして、裏書の文字情報は同じ。
絵は7神帝を3人と4人に分けて描いているだけという。
壮絶な手抜き。

まぁ、ブラックゼウス外伝の手抜きを見た後では、神経麻痺してるので・・・
ビックリマンの手抜きは何を見ても何も感じなくなってますが。
明確なのは、ファンは舐められているのだなあ、というところでしょうか。

そもそも秘蔵外伝は全部でシールが40種類。
なので、ナンバリング41と42は・・・
bm003.jpg
いえーシールの後ろに来るという始末。
並べてみると、最悪な程に統一感ありません。
背景、黒だけで良かったんじゃないの?とさえ思えてしまいます。

そんなこんなですが、2種のシール当てるために本を3冊買う羽目に。
怒りを通り越して呆れの域・・・も等に昔。
哀れみさえ超越して、無関心へ。

このような展開のビックリマンである限り・・・
ストーリーや商品展開がボロクソに叩かれても神羅万象は偉い、と感じます。
常に前進、新しいものを生み出しているその姿勢は評価できます。
・・・進んでいる方向が斜め向いていたりするのはご愛敬、でしょうか。

神羅は創造を続けている点で、今のビックリマンより好感持てます。
ビックリマンは創作はしてますが、創造はしていません。
あるものを掛け合わせたり(コラボ)、以前のものを出したり(復刻)・・・
そんな創作はすれど、新しい創造を怠っています。

創作は産業廃棄物を生みやすい構造があるように思います。
・・・イオンに大量に余っている山を見ると、そう感じます(えー)。
ビックリマンも新しいものを生み出す方向性を再び得て欲しいところですが・・・
今の環境とスタッフでは無理なのだろう、と諦めてます。
nice!(0)  コメント(2) 

ビックリマン秘蔵外伝に関する一考察~エルサMのおかげで60点、原画シールは産業廃棄物~ [食玩『チョコウェハース』]

やってきました、ビックリマン秘蔵外伝。
アイス?008.jpg
不安というか諦めしかありあませんが、開封開始です。

パッケージは今回も2種。
アイス?007.jpg
そして、そのうち1種がモノトーン調という不安要素を激増させる仕様。

シールは今回40種類。
レアリティ的なものを見てみると・・・
アイス?006.jpg
4種類という感じでしょうか。
アイス版シール。
新規イラストシール。
ドリーム?シール。
原画シール。
もちろん外れは原画。
ドリームシールも大概でしょうか。

アイス版シール。
アイス?005.jpg
今回の主役、というか、コレがメインでしょうに。
なのに、全部で10種類。
中途半端にアイス版のシールをチョイスして復刻とか・・・
最低以外なにものでもなく。

中途半端というのは、例えばアイス版シール12種の内1種だけとかー
連続性があって初めて意味を成すものも、1枚だけとか最早言葉無く。
現在のビックリマンに関わるスタッフの感覚は十分認識しているので・・・
まぁ、こんなものなのでしょう。

とはいえ、シール版イラストがエンボスシールで復刻というのは素直に新鮮。
そこらあたりに価値を見出さないとシンドイ気がします。
なんせ裏面は毎度おなじみのクソ使用ですし(おい)。

新規イラストシール。
アイス?004.jpg
今回のメイン。
投票の結果、上位のキャラクターを新規イラストで復刻!
というか、アイス版シールだけで出すか、新規イラストだけで出すか・・・
その2択で十分だったのに、それができないのが今の無能失礼。

イラスト事態は悪くない感じでしょうか。
まぁ、ブラックゼウス外伝とかの後だとすべてマシに見えるので感覚麻痺してます。
ただ、ロココとマリアばっかりなのがウンザリの原因に。
でも、エルサMが当たりやすいのだけは評価します。
大いに!(えー)。

ドリームシール?
正確にはコロコロ&ビックリマン40周年記念シール、だそうで。
アイス?003.jpg
コロロアニキで選ばれた・・・とか、なんとか言ってる感じのシール。
いつものゴリ押しシールで、だれも望んでない感じのモノ。
この手の産業廃棄物を混ぜ込まないと気が済まないみたいです(言い過ぎ)。

それでも、十字架天使とヤマトの結婚式イラストのシールは良い感じ?
それ以外は誰もいらないシール。
こんなものにリソース割くなら、アイスイラストシールを増やすべき。
そんな感じのシール。

原画シール。
アイス?002.jpg
ゴミ。
背景が黒く、セリフ系文字情報がないため、当たるとシーン・・・
という雰囲気になるシール。
公式であれなんであれ、こんなシールは誰もいらない。
自己満足の領域のシール。

そもそも「アイス版シールの復刻」を謳いつつ、違うシールを混ぜる手法。
いつもゴリ押し、出来レース、予定調和なクオリティ。
ゼウス&ブラックゼウスのシールの事ですが、毎度呆れます。

今回、評価できる点があるとするなら間違いなく・・・
アイス?001.jpg
エルサMの新規イラストを投入した件でしょうか。
コレだけで60点の評価です、個人的偏見で(えー!?)。

ビックリマンアイスシール伝説1・・・
とでも銘打って、シリーズ化して売って行けば人気も得られたでしょうに。
それができn(略

今回のシール裏面。
アイス?000.jpg
人気投票の順位と絡めた説明が中心。
違う、そうじゃない。
普通にキャラクターの掘り下げやストーリーの説明が欲しいんですが・・・
それか、当時のままでよいです。
今のセンスもない文字情報及び文章はちょっと・・・なだけで。
裏面イラストもなく、いつも残念仕様といったところでしょうか。

ビックリマンはキャラクターと織りなす物語が魅力のコンテンツ。
そこをメインとせず、うちわネタ的扱いを全面に出されて・・・
喜ぶのは一体だれなのか。

まるで、昨今のテレビ業界の凋落した姿の様相。
ひな壇、うちわ盛り上がり、視聴者との感覚の乖離。
過去の栄光さえまともに利用できない哀れで情けない限り。

と、ボロのクソに言いつつ、エルサMで少しホクホクだったり(最低だ)。
でもまぁ、エルサMとて4種類のアイス版シールが全て揃わないので・・・
やはり全てにおいて中途半端な存在といった感じしょうか、今回のBMも。

いつの日か、まともなビックリマンに会える日を信じて・・・
nice!(0)  コメント(4) 
前の10件 | - 食玩『チョコウェハース』 ブログトップ