So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
食玩『キャラクターモノ』 ブログトップ
前の10件 | -

ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲコレクションねこ娘に関する一考察~スカートの中身は当然ですが出来栄えはそこはかとなく~ [食玩『キャラクターモノ』]

連日の猛暑。
猛暑というより酷暑というより極暑?
そんな暑さを忘れるにはチープトイです(なんで?)。
というわけでゲットしましたねこ姐さん。
猫姉000.jpg

ゲゲゲの鬼太郎第6期の玩具でソフビ人形。
お値段754円。
ソフビのお値段としては昔からの値段設定。
なのですが、ひとつ問題が。

ソフビヒーローと比較。
猫姉001.jpg
・・・だいたい同じ大きさに見えます。
そう、100円で売られていた(今は違いますが)商品と同じサイズの700円トイ。

昔のウルトラマンなどの700円サイズをイメージしていると、度肝を抜かれます。
違う意味で。
即ち、とても小さいイメージ。
まぁ、それはそれで管理しやすいとも言えますが・・・

サイズは問題ですが、その他はどうでしょう。
可動部分は一般的なソフビモノと同じ印象。
猫姉002.jpg
両腕と腰が稼働するものの、首の稼働は無し。
首稼働すると妖怪っぽくなりますものね、というか妖怪ですが。

塗装は若干雑なところも。
大まかには許容範囲という感じでしょうか。
服のところを細かく見ればちと残念な塗りがあったり無かったり。
猫姉003.jpg
・・・胸ありますなぁ(えー)。

そして紳士な方が気になる中身!?とは言うと・・・
ゴゴゴゴ-
猫姉004.jpg
・・・
ん、ま、そうでしょう(達観)。

今までのネコ娘たちのソフビを考えると、かなり良くできている感があります。
今回のねこ姐さん。
猫姉005.jpg
しかし、サイズともども大きな問題なのが妙なプレミア価格。
アマゾンとか見るとなんか1000円越えしてる・・・

定価で欲しい。
多少チープなトイに惹かれる。
ねこ姐さん万歳!
・・・な方々はトイザらスをネットサーフィンしてみると良いかも??

今回の鬼太郎はトイでの展開も頑張っていく様子。
スライムの鬼太郎ハウスなんてのもありますし・・・
姐さんいないからスルーですが(おい)
その調子で食玩関係も充実してくれると嬉しい限りです。
nice!(1)  コメント(0) 

SGルーブクリスタルに関する一考察~今後もこの商品展開は継続していくの??~ [食玩『キャラクターモノ』]

気になっていた商品で買っていたものの開封できず・・・
やっとこさ開封できる時間がとれました。
何かと言うとー
Uクリスタル000.jpg
SGルーブクリスタル。

ウルトラマンの変身コレクションアイテム。
なんだか、ウルトラマンまで仮面ライダーよろしく年度毎にアイテム出してます。
あんまり好ましくない気もするようなそんなこともないような(どっちだよ)。
前弾?のSGウルトラカプセルと外箱を比較するとこんな感じ。
Uクリスタル001.jpg

箱だけなら横にひらべったくなった感じでしょうか、今回。
とりあえず開封してみます。
Uクリスタル002.jpg
!?
ツメ??

前情報が全然なかったので、形状にびっくり。
なるほど、このツメのようなものがキーで音声が出る感じですか。
カプセルと比較するとこんな感じ。
Uクリスタル003.jpg
カプセルはともかくクリスタルという感じはしないかも・・・

ツメはちゃんと後ろにカチっと収めることができます。
Uクリスタル004.jpg
そうすると感じ、メダル的なイメージに。
オーメダルや妖怪メダルよりもぷっくりとした厚みがありますが。
ちょっとファイリングとかはできそうにありません。

ライダーのように毎年変身コレクションアイテムを出し続けるのは・・・
ウルトラマンとしてのイメージ的にもある意味諸刃の剣な面があります。
程ほどにして、年度を超えても継続しても同じアイテムで良い気もしますが。
おもちゃ屋さん的にそうはいかないのでしょうか、バンダイ。

ジードは面白そう・・・
と感じて視聴したものの、新作ウルトラマンはまったく見れず。
ベリアルの息子というようなインパクトに欠けるから?
チャンスがあれば、一度視聴してみたいところです。
nice!(0)  コメント(0) 

ゲゲゲの鬼太郎人魂グミに関する一考察~優れたデザインセンスとネコ姐さん優遇のグミシール!?~ [食玩『キャラクターモノ』]

気になっていたものが到着いたしました。
何かと言うとー
鬼太郎グミ000.jpg
鬼太郎グミ。

鬼太郎グミと言えば、前回?はグミカというブランド?で発売。
グミカという名の通り、グミとカードというある意味一般的なモノでした。
今回は、そこらを一新してシールで登場。
鬼太郎グミ001.jpg
なのでパッケージも随分違う形。

シールはパッケージの後ろにミニパッケージで付属するタイプ。
お菓子で汚れない反面、開けるのに失敗すると・・・というもの。
まぁ、そこらへん気を付けながら開封です。

シールはモノクロ調。
鬼太郎グミ002.jpg
背景にも凝っていて、なかなかな感じ。
ただ、ビックリマンなどと比べるとペラペラ感があるのは少し残念。

しかし、それを補って余りあるセンス。
鬼太郎グミ004.jpg
レアシールはカラーイラスト+箔のデザイン。
箔の使い方がかなりマッチしている感じで好感持てます。

われらがネコ姐さん。
鬼太郎グミ003.jpg
ノーマルシールとレアシールにチョイスされてます。
そこらへん分かってる。

1箱にレアシールは3、4枚。
全部で3種なのでレアシールだけは1箱買えば揃う感じでしょうか。
ただ、逆にノーマルシールは揃いません。

目玉のおやじなどがやたらダブる印象。
特にノーマルなネコ姐さんが出ない。
ノーマルだけどレアな印象(どっちだよ)。

シールの裏面。
鬼太郎グミ005.jpg
シンプルにまとまってます。
文字情報もしっかりした内容。
電波でもなく、しょうもない内容でもなく、安定した感じでしょうか。

とりあえず1箱でコンプできないとはいえ、全部で12種。
かなり揃えやすい一品。
コレクターには有難い仕様です。

シールは薄いものの、サイズはビックリマン2000と同様の50㎜。
鬼太郎グミ006.jpg
なので、ビックリマン伝説などより大きめ。
薄さよりデカさをチョイスしたのでしょうか。

絵を見せるためのシール、と考えた場合、よい選択。
全体的にかなりまとまった出来でファンなら揃えたくなる品・・・
と言っても過言ではない??

これならば第2弾、第3弾にも期待したいところ。
鬼太郎食玩はあまりシリーズ化しないので・・・
でも、ちょっとシールが分厚くなると安心(えー)。
nice!(0)  コメント(4) 

仮面ライダーコンバージ第8弾に関する一考察~今回のレアはチカラが入ってる!?~ [食玩『キャラクターモノ』]

ゼノブレイド2の残り2人のレアブレイドが出ずに苦しんでおります。
ホタルとコスモスですが・・・
今後はクリスタルを割った数を数えてみよう(えー)。

それはさておき、コンバージ系の発売がラッシュです。
というわけで、買ってきました。
アマゾン003.jpg
仮面ライダーコンバージ。
次回で50体を超しますなぁ。

今回のシークレットは触ればすぐ分かるといった感じの・・・
アマゾン002.jpg
フォーゼさん。
箱の触り心地と重さが違います。

単なる色変えやら目の色変えただけなどの手抜きを続けていたコンバジさん・・・
今回は珍しく1弾の時のように気合いが入っています。
色もロケットの造形もノーマルとは違う仕様。
なんだ、やればできるんじゃん(えー)。

今回の平成ライダーはブレイドとフォーゼ。
コレで残りはカブトとウィザードの2体のみ。
それらが発売されれば、平成ライダーはビルドまでコンプリートです。

その後はサブライダーや昭和ライダーまで出していくのでしょうか?
望むところですが・・・
平成のサブライダーやフォーム違いを抑えて欲しい気はします。

まぁ、今回アマゾンなんかがラインナップされてるので・・・
そっち(どっち?)の方向へ行くのかもしれませんが。
そういえば、同じ日にドラゴンボールの似たような商品も発売。

ただ・・・
アマゾン000.jpg
値段が若干違うとはいえ、ドラゴンボールのアドバンテージの質の悪さときたら・・・
まずもって小さすぎるのが致命的。

あと、昔の鳥山氏のテイストのようにぽっちゃり系なら見栄えもヨカッタでしょうが。
ダメダメすぎる感じです。
ピッコロ(マジュニア)さんくらいが救いでしょうか。

ドラゴンボール系の食玩は人気に胡坐をかきすぎなのかもしれません(えー)。
ウルトラマンコンバージも発売が控え、充実のコンバージ。
後は・・・ゴジラコンバージでも出ないかな(無理?)
nice!(0)  コメント(2) 

まほうのルミティア キラキラドールに関する一考察~台座なくても自立しますけど・・・~ [食玩『キャラクターモノ』]

ゼノ2をちまちまとプレイ中。
マップ系のインターフェースが最低に使いにくく、よく迷います。
そこらへんは結構ストレス。

ガチャ関係はコモン40個ほど、レア4個ほど割りました。
結果はレア3人。
とはいえ、レア石から出たレアは1人だけ。
後の2人はコモン石から出てきたという・・・

それはまた今度。
今回は売っていたので早速買ってきました。
ルミティア004.jpg
ルミティアの星の子フィギュア。
まほうのルミティア キラキラドール。
ある意味、ルミティアの本命という感じでしょうか。

予想よりサイズがデカい感じでした。
ルミティア002.jpg
ステッキと比べてもこのサイズ。
以前のお城のオマケと比べると雲泥の差。

種類は全部で5種。
ルミティア003.jpg
といっても、コレでルミティア登場人物全員ですが。
そろそろ新しい星の子が(えー)。

食玩たる「食」はガム。
ルミティア001.jpg
どこにあるのだろう・・・
と思っていたら、台紙の間に挟まってました。

出来栄えは主人公以外良いかと思います(え!?)。
ルミティア000.jpg
特にシュナティアとノアティアが良い感じ。
プロロティアも安定。
メインの主人公格であるペテルティアは微妙に似てない気が。
馬と兎は割愛。

しかし、残念なことも。
ルミティア005.jpg
スカートは埋まってます、じゃなくて、頭のポールチェーン。
この金具と穴が非常に嫌い。
この重さでは、このような稚拙なポールチェーンだとすぐ切れそう。
台座型フィギュアが良かっただけに、そこはマイナスポイントでしょうか。

台紙の裏のニュースなどを見ると、今後も展開するらしいルミティア。
プラスチックカードのウエハースにでもならないかと、期待は膨らみます。
・・・そのためには登場人物が少なすぎるかも!?
nice!(0)  コメント(0) 

ゴジラ真撃大全に関する一考察~まさに真ゴジラ。食玩ミニソフビのシン骨頂~ [食玩『キャラクターモノ』]

ゴジラ真撃大全を買ってきました。
ゴジラ007.jpg
アニメゴジラ上映中。
そして、先日はテレビにシンゴジラが初登場。
ある意味、食玩発売時期としてはベストなのかも・・・
という一品。
まぁ、蒲田くんとかはシンゴジ上映期に欲しかったですが(えー)。

今までのお値段から大分上がってすでに500円。
300円だった頃が懐かしい状態のシリーズです。
ゴジラ000.jpg
とはいえ、今回、だいぶゴジラの出来栄えが良い感じで。

まずはメインであろうシンゴジラ。
ゴジラ006.jpg
バンダイキャンディトイ事業部、どうしたの!?
と言いたくなるほどの出来です。
いつもの手抜きは?(おい)

程よいサイズでハイクオリティ。
ミニマムソフビのお手本のような品。
その分、”狩り”にあっているようですが・・・

そして、蒲田くん。
この方だけ尻尾が別状態で入ってます。
ゴジラ005.jpg

で、出来栄えというと非常にナイスに気持ち悪いです。
ゴジラ004.jpg
こちらもかなり良い出来。
ところが、1BOXに3体入っているために狩り対象からは外れている様子。
嬉しいやら何やら、複雑です。

もっと複雑なのがアニメゴジラ。
ゴジラ003.jpg
それこそ、これが今回のメイン張るものでしょうが・・・
出来栄え微妙。
そして、1BOXに3箱ということで墓場形成の主力。
アニゴジ上映の援護射撃になってないじゃんー

全5体中、残りの2体はゴジラとは別人さん。
今回も登場のメカゴジラ。
ゴジラ002.jpg
ゴモラよろしく、どれだけ使い回しされるのか・・・
尻尾の裏の刻印見ると「2002」とあります。
金型は15年前ですか・・

あとは、意外なチョイスでヘドラ。
ゴジラ001.jpg
それもファイナルウォーズ版。
弱い方のヘドラです(ちょ)。
金型はミニバトルGからなので、久々の登場ということでしょうか。

今回のメインは間違いなくシンゴジラ。
手が動かないのは残念な気もしますが、バランス良好なので問題なし?
ファンであれば、手に取って欲しい一品です。

nice!(0)  コメント(0) 

コンバージ仮面ライダー7に関する一考察~残念シークレットの極み~ [食玩『キャラクターモノ』]

少しずつ溜まっていた食玩を開封していってます。
パソコン環境も変化して、色々大変・・・
まったり度合いがさらにUPした感じです。
とほほ。

今回開封したのは仮面ライダーコンバージ。
残念シークレット001.jpg
今回はシークレットが1種類。
全部で7種類と少し多め。

ただ、絶賛放映中のビルドをプッシュするためかー
1BOX10個のウチ、3個がビルド。
当然ビルド畑がいっぱいできるワケで。
・・・バンダイさん、いつも通りの思考回路。

で、今回のシークレットは・・・
残念シークレット002.jpg
クウガアルティメットのブラックアイ。
・・・ライジングアルティメットでなくて、です。
ただ眼を黒くしただけという最低シークレット。
手抜き低コスト感はオルタナティブとゼロと同じくらい。
ただ、何故か印象はこちらの方が悪い気もします。

それはさておき、今回で平成ライダーもだいぶと揃ってきました。
残念シークレット000.jpg
前期平成ライダーはブレイドとカブト。
後期平成ライダーはフォーゼとウィザード。

考えてみたら平成後期ライダーも9作目。
9年前・・・
「次のディケイドもやりたいです!」などと製作者らは宣ってましたがー
本当にやるんでしょうか??
ううむ。
nice!(0)  コメント(2) 

ルミティア限定ショップの情報に関する一考察~夢想はすれど・・・~ [食玩『キャラクターモノ』]

かろうじて元気です(えー)。

さて、ブログいじれない日々が続いています。
そして食玩も未開封で積まれてばかり・・・
そんな中、逆襲を狙ってちまちまドット絵を打っていたりします(いつに!?)。

それはさておき、ルミティアの小瓶が発売されました。
そして、ルミティアがやたら攻めている様子。
ルミティア公式

限定ショップなるものもあるそうで・・・
むむむ。
コレは一度行ってみたい気もしますが、はてさて。
nice!(0)  コメント(0) 

SDガンダムNEO第3弾バウンドドックに関する一考察~変形後こそがチャームポイント [食玩『キャラクターモノ』]

食玩さえ買っても開封できない日々が続いておりました。
世の中の流れについていけてない・・・
なのでまったり進んでいくしか。

で、とりあえず開けてみたのが・・・
ウサギ犬000.jpg
SDガンダムNEOのバウンドドック。
イマイチ売り上げが芳しくなさそうなNEO。

その中にあっても、ハイクオリティで輝ける一品。
それがバウンドドック!
・・・だと思います(えー)。
シリーズ存続のためにも買ってあげなくては。

パーツは多くなく、組み立てはスグ。
ウサギ犬001.jpg
ズングリムックリなほどよいディフォルメ具合が良い感じです。
どっちかというと、以前のコンバージに近い感じかも。

特徴的な左右非対称装備もバッチリ。
ウサギ犬002.jpg
もう少しモノアイが目立つと写真映えするのですが。

個人的に「おっ」と思ったのが背面。
ウサギ犬003.jpg
ノズル周りに何か熱いモノを感じます。

そして、この商品のポイントは何といっても変形後の再現。
ウサギ犬004.jpg
アニメの実機と違って小さくなってしまいますが・・・愛らしいフォルムに。
腕パーツを残して、上半身を除いて合体させると出来上がり。
アイデアの勝利な感じも。
コレで「腕」まであったら完璧だったのですが。
流石にそれは無理でしょうか。

なかなか頑張っている今回のNEO。
とはいえ、他のはちょっと微妙なのかもしれませんが・・・
コンバージともども長期シリーズとして頑張って欲しい限りです。
nice!(0)  コメント(2) 

SGウルトラカプセル01に関する一考察~シンプルイズザベスト??でもギミックはちと寂しいかも~ [食玩『キャラクターモノ』]

台風接近中ですね。
なんともかんとも。
そんな折、気になっていたので買ってきました。
カプセル014.jpg
食玩版ウルトラカプセル。
ウルトラマンショップで売ってました。

ウルトラマンジードのメインアイテム。
そういえば今回、仮面ライダービルドとウルトラマンジードのアイテムコンセプト-
まったく重なるのですな。
ウルトラマンと仮面ライダーでは珍しい気もします。

にしても、仮面ライダー。
新作紹介文章などに目を通すと「ゲーマーでドキモを抜いたライダーが今年も・・・」
などとあります。
奇抜であることが前提にあるようで。

正直、ストレートじゃダメなんでしょうか、と思ったりします。
今回仮面ライダーは戦車とウサギがハイブリットして、だそうで。
最近ずっと毎回こんな感じで・・・素直に普通にカッコよさを求めたらいけないのか?
子どもたちにストレートに伝わる方が玩具売れないでしょうか??

そんな平成後期仮面ライダーへのアンチテーゼに感じるジード。
余計にウルトラカプセルにシンプルな魅力を醸し出しているのかも。
物語も非常に解りやすいメッセージ性を感じましたし。
今のところ「軍配」はジードかなぁ・・・
まだビルドは始まってさえいませんが(オイ)。

さて、そんなジードのメインアイテム、早速開封です。
カプセル015.jpg
食玩ではガムがオマケについてきます(それでいいのか?)。

カプセル008.jpg
ウルトラカプセル。
怪獣は黒色系統。
ウルトラマンは腕を上げるイラスト。
どちらの腕を上げるのかは、昭和や平成、最近の、などで決まっている様子。

カプセル自体に遊べるギミックはほぼ無し。
横部分の押し込みを上げるか下げるかだけ。
仮面ライダーフォーゼのスイッチを彷彿とさせるアイテムでしょうか。
完全に玩具連動をメインとしたコレクションアイテム。
カプセル009.jpg
絵柄の変化も上部分の一部のみですし。

裏面。
カプセル011.jpg
音性チェックなどは、底部にある9つの突起で制御するようで。
9ビットなので512種類の音声は表現できる計算でしょうか。

そういえば、べリアルはウルトラマンカプセル。
カプセル010.jpg
コレって綺麗なべリアルだから??(どんなだ)

ウルトラカプセルのサイズはほぼ獣電池と同じ感じ。
太さがちとカプセルの方が太いですが。
カプセル012.jpg
ギミックについては、絵の変化が多い獣電池の方が上?

カプセル013.jpg
食玩版は全部で8種類。
ガチャ版は全部で11種類あるようで。
どんどん展開していくのでしょうか。

なかなか面白そうな今回のウルトラマン周り。
ある程度追っかけていってみようかと。
ゴモラ系カプセルが充実すると嬉しいですが・・・ううむ。
nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - 食玩『キャラクターモノ』 ブログトップ